仕事のお悩み解決所

試用期間で仕事を辞めたい!社会保険に加入している場合の問題点

2017.12.1

試用期間のある会社に入社したが、厳しい環境を目の当たりにし辞めたいと考えている時。
試用期間ではあるが社会保険には加入している状態が多いと思います。

社会保険で試用期間に退職したことが、転職先にばれてしまうのかと不安に思ってしまいますよね。
そこで、試用期間中の上手な退職の仕方があればと思いまとめてみました。


社会保険に加入しているが、試用期間に会社を辞めたい時

まずは試用期間中に転職が決まった場合です。

雇用保険の被保険者証や源泉徴収など、転職先に預ける資料で社会保険の加入年月や収入、試用期間であったことなどはバレてしまい可能性は十分にあります。

そのため、辞める会社があまり有名な会社でなければ、派遣社員などでも社会保険に入ることは可能ですので、派遣の仕事をしながら自分に合った就職先を探していたことにしたり、短期社員などの言い訳をするのも良いでしょう。

なんらかの経験を積むために、この職種を選んで少し経験をしました。
などとうまい言い訳を考えておくと、モチベーションが高いように感じてもらえるかもしれません。

試用期間に辞めたという本音か、短期派遣社員というかは上手く転職先の企業によって使い分けると良いでしょう。

試用期間という名ばかりで、安月給で使い回されるような会社もあります。
しっかり安定している転職先であれば、本音を話してみても良いかもしれません。

試用期間中だが会社を辞めたい。社会保険の手続きとは

雇用保険への加入は給与が一定の金額を超えていると、加入しなくてはいけない決まりがありますが、社会保険への加入は会社によって様々な決まりがあることが多いです。

社会保険に加入していない場合は、経歴に傷がつかないということになります。
試用期間中は社会保険に加入出来ないと言われて不満に思っていた人もいるかもれませんが、退職を決意した瞬間に有利になりラッキーだと感じることでしょう。

実は社会保険に加入させない会社の方が、新人に気持ちの余裕を与えてしまい退職率を上げてしまうのではないかとも言われています。

現在では転職率はどんどん上がっていて、大手の企業よりも少人数のベンチャー企業を志望し、地代の流れに合わせた新しい企画の提案などを夢見るクリエイティブな考えの人が多いようです。

そんな新しい事を行っている会社への転職ならば、社会保険での経歴などは特に重要視されないのではないでしょうか。

試用期間に辞めたいと考えている時、社会保険に加入してない場合

いくら試用期間とはいえ、必要とされ入社した会社の試用期間を経ずに辞めるのは少し自分でも気が引ける人は多いのではないでしょうか。

しかしいざ会社の門をくぐってみると、時間外手当の出ない残業は当たり前、無理なノルマを試用期間中に課せられてしまったり、頑張って出世するぞと意気込んでいたのが遠い昔のように、やる気も目標も消えてしまうことは少なくはありません。

実際に一般企業の時間外労働であったり、実働時間は労働基準法をはるかに超えていることが多く、暗黙の了解のように黙認されているのが現状です。

社会保険には加入していないという場合は、試用期間中に辞めることが後々の手続きなどは簡単になり、会社としても無駄な保険手続きをしなくて済むというものです。

試用期間に辞めるなんて、もっと頑張らなくてはいけないだろうと非難されてしまうこともあるかもしれません。
しかし早めに見切りをつけるのも、自分にとっても会社にとっても良い選択だと言えるのです。

試用期間の定義とは。トラブル防止の為に

そもそも試用期間とは会社が設定した各期間に、自社の社員としての適正判断をされる期間となります。

試用期間中の待遇には会社によって様々な決まりが作られる為に、入社前に確認を怠らないことが必須と言えます。

早く人材を確保したい会社が、あまり条件を提示せずに幅広い求人を行うことで多くの応募を獲得することが出来ます。
適正テストのような感覚で一定期間働いてもらうことで、採用の時にはっきりと決めることが出来ない担当部署やその人にあった仕事を振っていくことが出来るというシステムになります。

会社にとっては適正部署に送る為の時間として、とても重宝される制度となります。

しかし社員にとっては一定期間安月給であったり、福利厚生などが募集広告に記載されていたものよりも少し悪かったりと不満の声が生まれてしまうこともあるのです。

気を付けたい試用期間中のトラブルとは

試用期間中に退職を願い出たときであったり、試用期間が終了した後にトラブルになってしまうことも少なくはありません。

例えば試用期間中は一生懸命働いていたのにも関わらず、会社の経営状況や人材状況で、本採用を断られてしまったり試用期間を伸ばされてしまったり、あるいは関係のない部署へ異動することになってしまったりと、試用期間という制度を悪用する会社もあります。

そして社会保険だけではなく、雇用保険にも加入させてくれない場合があったりと、いつ辞めてもいいような対策を取られていたりすることもあるのです。

離職の際の損害を少なくしたいという思いは少なからずあるとしても、働いている側からするととても会社にこれからも貢献していきたいと思うことはできませんよね。

トラブルを避ける為には、入社の際に必ず試用期間中、終了後の話をじっくりと説明してもらい、規定通りにする約束してもらうようにしましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み