仕事のお悩み解決所

ネットを会社で利用すると履歴がバレる理由と対処法

2017.8.3

会社でネットを利用していろいろなサイトを見ることはありますが、業務に関係のないサイトを見ていると、バレる恐れがあるので注意しなければなりません。

閲覧履歴は管理者がしっかりとチェックしているのが常識となりつつあるので、後で仕事中に遊んでいたことがばれると大変なことになります。

そこでネットを会社で利用する時に履歴がバレる理由や対処法のついて紹介します。


ネットを会社で利用すれば閲覧履歴は管理者ははチェックできる

会社ではネットを利用して調べることも多いですし、ネットが無ければ業務が進まないという仕事もあります。

ネットは当たり前のように利用していますが、会社では個人がどんなサイトを見ているか分からないと思っているかもしれません。

しかし実際には管理者はネットを利用すれば、履歴からどんなサイトを見ているかもチェックできます。

会社によって管理体制は変わってきますが、管理者がサイトをチェックするのは当たり前になりつつあります。

内部情報を外部に漏らしていたり、業務中にアダルトサイトを閲覧しているなど、あきらかなに業務に関係のないことをやっている可能性もあるからです。

履歴がバレるのは普段使わないようなサイトを利用すればチェックできるなど、対策も進化してきています。

時間を掛ければどのパソコンでどんなサイトを見ていたかもある程度チェックできるので、会社では業務に関係のないサイトは見ない方がいいでしょう。

会社ではメール履歴も見られるのでネットはすべて監視されている

会社では管理者はネットを利用したものであれば、サイトだけでなくメールもチェックすることができます。

メールの履歴は中身も見ることができるので、いつ誰にどのような内容のメールを送ったかもチェックされています。

そのため私的なメールを会社のパソコンから送ってしまうと、後日バレてしまうので利用は控えた方がいいでしょう。

会社ではどんな重要な内容のメールが送られるか分からないので、メールサーバーに全て記録してあるのが普通です。

一般的には数カ月間はしっかりと保存されているので、いつでも管理者は閲覧することができるのです。

会社ではネットを利用していれば必ず履歴が残るので、しっかりと記録として残しておくのが主流となっています。

管理者はあくまでも仕事のために閲覧できる権限がありますが、仕事中に業務に関係のないサイトやメールを送っていれば、監督者として注意しなければなりません。

会社でのネットの履歴は数カ月間は保存される

会社ではいつ何が起きるか分からないので、業務に関してのことは数カ月間はバックアップを取っておくことが一般的です。

そのためネットを利用した履歴に関しても、閲覧履歴やメールの送受信の記録まで、しっかりと残されていることは知っておきましょう。

会社の規模が大きくなるほどセキュリティをしっかりとしなければならないので、ネット利用に関しても厳しく制限することもあります。

仕事中にアダルトサイトを閲覧したことによって、ウイルスが会社のパソコン内に侵入してしまい、ネットを介して広まってしまう恐れもあるからです。

管理者は普段使用していないサイトなどを利用する時にチェックすることができたり、どのパソコンでどんなサイトを見ているかもチェックできます。

数カ月前に関係のないサイトを見たことによって、処分されてしまうケースも考えられるので、会社のパソコンを私的に利用するのは止めましょう。

仕事中に業務に関係のないネット利用はしないことが当たり前

ネットを利用して仕事をするのが当たり前になっていますが、会社では履歴をチェックするのは当然だと思って間違いありません。

理由のひとつとして会社の評判を業務中に外部に発信したり、内部情報を漏らしてしまう恐れがあるからです。

またウイルスによる感染による被害を防ぐためにも、履歴を残しておくことは後々会社にとって有効な手段となります。

誰も管理していなければ業務中に会社のパソコンを私的に利用することもできるので、結果的にウイルス感染によって情報が抜き取られてしまうことも考えられます。

個人的にパソコンを家で使っているのとは違い、企業の情報は喉から手が出るほど欲しいと思ってい人は多いので、あらゆる手段を使って情報を得ようとします。

社員がセキュリティ意識がないままに自分のパソコンのように利用すれば、たちまち外部に情報が洩れてしまうことになります。

業務中に関係のないサイトを利用しないのは、監視をされているからではなくセキュリティ問題でもあるので、仕事に関係のないサイトは見ないことを当たり前にするしか対策方法はありません。

業務中のネット不正利用は解雇対象になるので注意

会社のパソコンを使ってネットを私的に利用していれば、後で履歴から仕事中に遊んでいたことばバレてしまう恐れもあります。

これは業務中に関係のないサイトを見ていれば、解雇対象にもなるので注意が必要です。

利用している時はバレていないと思っていても、あまりにも仕事に関係のないサイトを見ていれば、管理者はいつでもチェックすることができます。

たかがネットを少し見ていたからといって解雇されないだろうと思ているかもしれませんが、十分解雇対象になります。

業務中に遊んでいたこと、セキュリティ意識のなさ、外部に情報を洩らしてしまったなど、ネットを利用しているという意識を持つことが大切です。

外部に情報を洩らしてしまったり、ウイルス感染を引き起こす恐れもあるので、管理者はチェックする必要がありますし、社員もセキュリティ意識を持つことが大切です。

自分が思っているよりも会社のパソコンには重要な情報が詰まっていることを理解し、業務に関係のないことはネットを利用しないようにしましょう。

 - 業務に関するお悩み