仕事のお悩み解決所

仕事の電話を取るのが怖い!ストレスが溜まっている時の対処法

2017.8.13

職場に掛かってくる電話を取るのが怖いと思ってしまうと、仕事に集中できないので不安な気持ちがより大きくなっていきます。

仕事の電話は何を言われるか分からないですし、後で怒られるきっかけになるかもしれないと思って、常に不安に思ってしまいます。

そこで仕事の電話を怖いと思うようになった時にできる対処法を紹介します。


仕事の電話を取るのが怖い理由についてじっくり考えてみる

職場ではいろいろな電話が掛かってくることが多いですが、電話に出るのが怖いと思う理由について自分で考えてみましょう。

電話に出ることは社会人の常識となっているので、電話での受け答えやマナーはしっかりしておかなければなりません。

特に新人時代には電話に出ることから教育させるなど、電話でのマナーはしっかりと叩き込まれることが多いです。

自分が電話に出ることが怖い理由を考えることによって、苦手意識があることを確認できます。

誰でも完璧なビジネスマナーが使える訳ではないですし、電話の出方に苦手意識を持つ人も多いでしょう。

しかし電話に出るのは仕事のひとつでもあるので、苦手意識があるのであれば克服しなければなりません。

上司からの電話だけでなく、他社からの電話は会社を代表して受けることになるので、自分が怖いと思う理由を考えて克服するように頑張りましょう。

電話を取るのが怖いのは仕事に自信が持てないから

会社の電話に出るのが怖いと思う理由のひとつに、自分に自信がないから電話に出られなと思っているのかもしれません。

仕事の電話に出ることによって、何かしらやらなければいけないことが増えてしまいます。

自分の仕事に自信がないので仕事が増えると不安になりますし、自分ができないような仕事や面倒な仕事を頼まれてしまう恐れもあります。

一度でも自分が大変な思いをしたことがあれば、電話に出るのが怖いと思ってしまうでしょう。

自分に自信があればどんな仕事の連絡や要求でも対応できるので、電話を率先して出ることができます。

自分の仕事に自信が持てるようになれば新しいことにも挑戦したいと思うので、できないようなことを頼まれても前向きに頑張ることができます

電話は誰からの連絡か分からないですし、内容を聞いてから電話に出たことを後悔してしまうこともあるでしょう。

どの電話も仕事だからしっかり対応しなければいけませんが、自分に自信がない時ほど電話に出るのが怖いと思ってしまいます。

相手がわからないから仕事の電話でも怖いと感じる

電話に出るまではどんな内容か相手かも分からないので、不安を感じながら電話に出ることが多いでしょう。

自分のケータイならば着信の時点で誰からの連絡があるか分かりますが、会社の電話は相手が分からないので不安に思ってしまいます。

相手が誰だか分かれば安心して電話に出て対応できますが、知らない相手だと戸惑ってしまいますし、もしかしたら自分でも分からないような内容のことを聞かれることもあるかもしれません。

電話に出るまでが不安に思ってしまうからこそ怖いと思いますが、仕事だと割り切って電話に出るように意識しましょう。

仕事だと思えば淡々と対応することができますし、分からないことがあっても先輩に聞けばすぐに対応してくれます。

自分で対応できないことは先輩に任せればいいと思っていれば、案外怖い気持ちもなく電話に出ることができるようになります。

分からないことを経験するからこそスキルアップできると考える

仕事では自分がどんどんスキルアップすることが大切ですが、分からないことを経験するからこそレベルアップすることができるのです。

電話に出るのが怖いと感じるのは、自分が対応できないことを聞かれたらどうしようという気持ちがあるからかもしれません。

自分が分からないことを聞かれた時に対応することができるようになれば、スキルアップすることができます。

自分でも分からないことを経験しなければ何を覚えればいいか分からないので、電話に出ることを怖いと思わずに率先して出るようにしましょう。

分からないことに気づくからこそスキルアップできると思えば、電話に出て対応できなくても怖くはなくなりますし、徐々に自信を持って対応できるようになります。

怖い気持ちは自分の不安な気持ちから来るものなので、怖いと思わずに成長できると思って対応しましょう。

完璧に仕事をしようとするのではなくできることを精一杯やる

仕事で完璧を目指すために努力することは素晴らしいことですが、完璧を求めすぎると自分を苦しめることになります。

電話対応もそのひとつで、自分が分からないことを聞かれないか不安に思ってしまうこともあります。

どんなに仕事ができる人でも電話は出てみなければ内容は分からないですし、臨機応変に対応することが大切です。

完璧を求めすぎると電話に出て対応できないかもしれないと思ってしまうので、だんだんと電話に出ること自体が怖いと思ってしまいます。

分からないことははっきり分からないと伝えるか、分かる先輩に聞けば住むので、怖がることなく堂々と電話に出るようにしましょう。

外部からの電話だけでなく上司からの電話は悪いことばかりだと思ってしまうので、電話に出るのが怖いと思ってしまいます。

あくまでも仕事なので堂々と電話に出て臨機応変に対応しましょう。

仕事の電話を怖いと思わないようにするには、自分に自信を持つことが大切なので、仕事に集中してスキルアップを目指しましょう。

 - 業務に関するお悩み