仕事のお悩み解決所

【後悔しても手遅れ】遅刻が多いと仕事はクビになる?挽回するためにやるべきこと

2017.5.15

寝坊したから今日は休んじゃえばいいや、なんてことがまかり通るほど社会は甘くありません。学校と違い会社に行くのは義務でもなんでもありませんから、迷惑をかける人は来なくていいと突き放されてしまいます。

仕事ができないからクビ!ということはなかなかありませんが、あまりに遅刻が多すぎると解雇理由に十分なりうることをご存知ですか?

遅刻が多いと仕事がクビになる?会社のボーダーライン

高校や大学では、出席日数や遅刻の回数によって進級できなかったり、補習といったペナルティが存在します。それはきちんと入学当初の説明で具体的な数字が挙げられていたはずです。

しかし会社ではその“具体的な数字”が設定されていないことが多いようです。それは遅刻をしないことが大前提だから。「あと○回遅刻したらクビだよ」なんて優しく教えてくれることはないでしょう。

ではどういった場合に遅刻がクビの理由となるのか、それは会社が我慢の限界だと感じたらです。どんな理由があれ、一方的にクビにするようなことはほとんどありません。

おそらく遅刻が増えてきた段階で一度注意はされているはずですが、それ以降も改善が見られない場合は「働く意思がない」とみなされて解雇を通告されることがあります。派遣社員や契約社員であれば、契約の更新をしないと通告されるのです。

遅刻がクビになる理由、仕事をしていく上で大切なこと

会社がなぜ遅刻に厳しいかというと、それは信用問題に繋がるからです。仕事をする上で時間を守るなんてことは基本中の基本。

今は自分の会社に遅刻していて自分の業務が溜まっているだけかもしれませんが、これが大切な商談の日の朝だったらどうなっていたでしょうか。

あなたが遅刻したことによって、先方の怒りの矛先はあなたの会社に向けられます。それによって得られたあろう収益を、あなたが補填することなんてできませんよね。

締め切りが迫っている仕事がある中で遅刻をすれば、仕上がるのを待っている人の作業まで遅れることになりますが、その人たちの残業代を支払うこともできません。

誰があなたの尻拭いをしているのか、それは紛れもなく会社です。それだけのリスクがある人に給料を払ってきてもらうなんて、会社として馬鹿馬鹿しいにもほどがあります。

クビになりそうなほど遅刻が多いのはなぜ?仕事に対する意識

遅刻をするたびに悪いと思っているのに繰り返してしまう、なぜ一向に改善されないのでしょうか。

単に寝るのが好きだから、朝の支度に手間取ってしまうからということだけでなく、仕事の優先順位があなたの中で低いからではないでしょうか。間に合わなければ遅刻していけばいい、クビになったら次を探せばいい、そんな意識を持っていては何社クビになっても根本的な解決にはなりません。

そこまで行く価値が見出せない、優先できないという仕事なのであれば、いっそやりがいを求めて違う会社を探してみてはいかがでしょか。

仕事に意欲的になれれば、自然と仕事をできるような生活リズムに切り替わっていきます。楽しみにしていたイベントや旅行の日は、早起きしてささっと荷物をもって出かけることができますよね。

今の状態は、会社のためにもあなたのためにも良くないのかもしれません。

遅刻をしてしまった時の態度に問題がある場合も

環境を変えるとはいっても次の仕事が見つかるまで、もしくは今抱えている仕事に区切りがつくまではしばらく通い続けなければいけませんよね。

これ以上信頼を失わないためにも気をつけて過ごさなけばいけないので、自分の言動には細心の注意をしてください。思ったことをよく考えずに言ってしまうタイプの人は、無意識のうちに敵を作ってしまいます。

遅刻をした時に謝罪よりもまず言い訳をしてしまう、遅刻しても開き直ってしまう、自分では思っていなくても相手にはそのように伝わっている可能性があります。遅刻自体は少し多めに見てくれる会社であっても、遅刻した時の態度が悪いためにクビになるということも考えられます。

このまま仕事を続けていくにしても辞めるにしても、今一度自分の身の振り方を見つめ直してみる良いきっかけになるのではないでしょうか。

クビになりたくなければ、遅刻対策を片っ端から試してみる

もう後がないというほどに切羽詰まった状態、散々怒りを買ってしまったとしても仕事を続けたい。それならば努力して改善していくしかありません。

朝起きることができない

毎日同じ時間に起きていれば自然と体内時計ができる人もいれば、目覚ましが鳴らない限り何時間でも眠り続けてしまうような人もいます。

同居している家族がいるなら理由を話して起こしてもらう、一人暮らしなら目覚ましを複数セットする、手の届かない所に置いておくなど、思いつく限りの工夫をしてください。

時間に余裕を持って行動できない

まだ時間がある、と思ってゆっくり過ごしていたらなぜかいつも時間ぎりぎり・・・。そんなタイプの人は前日の夜うちに着る服や持ち物を全て揃えておきましょう。

そして30分前行動を基本とすることです。9:30に会社に着いていないといけないなら、9:00に着くように家を出ましょう。30分の余裕があれば、電車が遅延したり多少乗り過ごしてしまっても遅刻は免れるはずです。

遅刻程度で大袈裟だと思うことがあるかもしれませんが、時間を守れるようにならないと困るのは自分です。指摘してくれる人がいることに感謝して、改善していけるように努力をしましょう。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み