仕事のお悩み解決所

会社で事務員が自分一人の場合の対処方法

2017.6.15

会社内で事務員と呼べる人材は自分一人だけといった会社は、実は少なくはないのです。

自分だけで全ての作業を行わなければならないため、とても大きな負担になってしまうでしょう。

しかし、他の社員はこうした事務員の労働環境の厳しさなどは理解してくれない傾向にあります。

むしろ、営業よりも事務員の方が楽だと思われている傾向さえあるのです。

会社の事務員が自分一人の場合まず行うこととは

会社内で、事務員が自分一人だけの場合、その負担が大きくなってしまいさまざまな影響が起こってしまうでしょう。

とくに懸念されることが、書類作成が間に合わなくなってしまいオーバーワークになり、お客様に迷惑をかけてしまうことです。

こうしたトラブルは、結局会社内でマイナス評価になってしまうことは間違いありません。

営業や工務の事務処理を全て引き受けてしまうことになりますので、早かれ遅かれこうしたトラブルは多くなっていくはずです。

こうした状況を防ぐため、まず行うべきことはできない仕事を引き受けないということです。

これは会社内ではとても冷たい態度のように感じるかもしれませんが、お客様に迷惑になることを考えた場合は、無理に引き受けるのではなく無理なことはしっかりと断るように心がけることが重要なポイントになってくるでしょう。

会社で事務員が一人の場合は事務員が主導権を握るようにする

会社内で事務員が一人の場合は、無理に仕事を引き受けるのではなく、無理な仕事は断ることが重要ですが、それだけではなく自分自身が主導権を握るようにすることも重要です。

つまり、仕事の全般を動かしているのは、事務員だということを同じ職場の人にアピールすることです。

書類作成から電話の応対、そして来社されるお客様の対応まで幅広く仕事を行っている事務員は、会社の仕事状況が実は一番理解できている立場でもあるのです。

そのため、どのような行動を営業や工務が行うべきか指示できるように知識を習得していくこが重要になってきます。

このような知識を習得することができれば、営業や工務の行動を動かすこともできるようになるのです。

主導権を事務員が握ることは、多くの会社で行われていることです。

こうすることで、仕事自体もスムーズに動いていくのです。

会社で事務員が一人の場合は無理をせず人材を入れてもらうことも大切

会社で事務員が一人の場合の状況で危険となるのは、オーバーワークになってしまうタイミングだけではありません。

代わりの人材がいないために、その事務員が休みを取ってしまった場合は業務自体がストップしてしまう可能性もあるのです。

また、その事務員が仕事を退職してしまうことで引き継ぎを行う者もいなくなり、業務がスムーズに進んでいかなくなってしまうでしょう。

こうした状況を防ぐためには、やはり人材を増やしてもらうことを検討することが一番です。

これは、後世に仕事を伝えていくという意味ではとても重要なことです。

いつ、どのような状況になっても会社の業務が今までのように進んでいくことを望むのであれば、少なくとも二人の体制で業務は行うべきでしょう。

会社はこれからも長く存続していくものなのです。

こういった人材確保については、早目に検討するべきでしょう。

会社内で事務員が少ない場合は会社自体の質が低下してしまう

さまざまな会社がありますが、事務員を必要としない会社はないでしょう。

事務員の存在はとても大きな物であり、事務員がいるからこそ会社の業務がスムーズに回っていると言っても過言ではありません。

もし、事務員が会社に一人しかいないような会社の場合は、間違いなく会社自体の質は低下してしまいます。

会社の質の低下は、同時に信用の低下にも繋がってしまうことがあることをしっかり理解しておきましょう。

人件費というのは経営者であれば、できるだけ削減したいと考えてしまうはずです。

しかし、人件費の削減は同時に売り上げの減少にみ繋がっていくことは理解をしておくべきです。

そういった事態を防ぐためには、やはり事務員の人材確保は早急に考えるべきポイントになるのです。

会社の質の低下は、広く長く影響してしまうことを知っておきましょう。

会社で事務員が一人の場合に考えるべきこととは

会社で事務員が一人の場合、業務にどのような影響があるのでしょうか。

もし、その事務員がオーバーワークになってしまった場合は、お客様にとても大きな影響を与えてしまうだけではなく、会社の質の低下にまで繋がってくるのです。

こうした問題に発展してしまうことは、経営者は理解をしておくべきでしょう。

そのため、できるだけ早急に事務員を追加するなどして対応するべきです。

一人の事務員にしわ寄せが起こってしまえば、他の業務を行っている人にもしわ寄せが起こってしまうことを理解しておくべきです。

また、もし事務員が一人で対応をしなければならない状況になった場合は、事務員の主導で業務を回した方がスムーズに進む場合があります。

広く業務内容を理解している事務員は、とても重要な存在であるため、会社を今後も継続して発展させていくには事務員の存在は決して無視はできません。

 - 業務に関するお悩み