仕事のお悩み解決所

上司の突然の冷たい態度!辞めると言ったのが原因?

2017.5.10

今まで良好な関係を築いていた上司が突然冷たい態度を取ってきたらショックですよね。

それが会社を辞めると言い出した途端だとすると、人間不信になってしまう人もいるかもしれません。ネットの掲示板にはたくさんの悩みが相談されています。

どうすれば、上司との元の関係に戻れるのか?もしくはどう対処すればいいのか?

悩んでいる方には参考にしていただければ幸いです。

「辞める」と言った途端、上司が冷たい態度を取る理由とは?

ネット掲示板での悩みでみな知りたいと思うのは、上司がどうしてこういう態度をとったかという理由です。本人に問いただせればいいのですが、実際は無理な話です。

あくまでも推測ですが、「裏切られた」という思いが上司にあるのかもしれません。あなたから見ると「裏切られた」という意味が判らないかもしれません。しかし、ずっと一緒に仕事をしていくのだと思った部下が突然「辞める」と言われてショックなのです。

また、上司の人柄にもよりますが、会社を辞める人に対して愛想よくする必要がないと割り切ってしまう事もあります。

後は単純に余裕がないという事もあります。人が辞めるという事は、その仕事を誰かに引き継がなくてはいけません。その人員も考えなくてはいけないし、それまでやる事がたくさんあるからです。上司は意図的ではなくても、今まで通り接する時間がなくなったのかもしれません。

辞めるといった途端冷たい態度の上司への対応

一番オススメするのは、そのまま粛々と仕事をして、上司から距離を置く事です。辞めるのですから、期限がある程度決まっているはずです。その期間だけ我慢すればいいのです。ただあまりにも態度がひどいようならば人事部に相談してみてもいいと思います。上司に注意ぐらいしてくれるかもしれません。

もちろん、どうしても辛いというのであれば、退職日までそのまま「具合が悪い」という事で会社を欠勤するという方法もあります。引継ぎはできなくなりますが仕方ないと割り切るしかありません。ただそれだど同僚にも迷惑がかかる事になるので、「立つ鳥跡を濁さず」という訳にはいかなくなります。

ここは踏ん張り所かもしれません。こういう子供っぽい性格のある上司は必ず一定数いるのです。こちらが同じレベルにならず、大人の対応を見せるというのがいいでしょう。

辞めると言ってから上司が冷たい態度なのかを考えてみよう

人間の心理というのは不思議です。

人の行動というのは、解釈次第でどうにでも判断できるのです。

時として上司が突然冷たくなったのをは全く別なのかもしれませんし、またあなたの思い込みという事もありえます。

一度周りの同僚に相談してみてはどうでしょうか?

もしかしたら、あなた以外にも冷たくされている同僚がいればそれは「辞める」といった事が原因で可能性があります。その原因は他にあるのかもしれませんし、その態度の変化はもしかしたらあなたの預かり知らない事が理由という事もあります。それをあなたが勝手に「辞める」と言い出してからと感じてしまったのかもしれません。

またあなたしか、あなたに対して上司が冷たいと感じていなければ、もしかしたらあなたが会社を辞める事の罪悪感を上司に反映されているのかもしれません。

つまり気のせいという事です。

どの人間も辞めるといったらそういう態度を取る訳ではない

ネット掲示板での悩みでは「今までいい関係を築いた上司に冷たくされて、人間不信になりそう」という内容をよく見かけます。

確かに信頼していた人に冷たい態度を取られれば、ショックです。そして、辞めるという部下に冷たい態度を取る上司は残念ながら一定数いるのです。

しかしすべての上司がそういう態度を取る訳でもなく、全ての人がそういう態度をするわけではありません。世の中には良い人間と悪い人間がいる訳ではありません。人間には良い面と悪い面があるだけです。あなたは上司の両方の面をたまたま見る機会があったというだけです。

そして多くの人は、良い面を人に見せようと努力しています。たまにどうしても制御できずに悪い面が出てしまったとしても、今度は出さないようにしようと考えるかもしれません。

またそういう人を反面教師にして、「自分は人にはしない」と考える人が増えれば、こういう哀しい事はなくなるかもしれません。

今まで事よりもこれからの事を考えよう

会社は一日で大半の時間を費やす所です。そのため、ここでどのような人間関係を築けるかによって職場の雰囲気は大きく変わります。

辞めるといった途端、上司から冷たい態度を取られると、やはり今までの関係が全て否定されたようでとてもショックを受けたり、哀しい気持ちになるのは当然です。ただ、大切なのは過去ではなく未来です。

考えてみれば、もうその会社ともその上司とも一生会わなくても済むわけです。人間は終わりのない辛い事に対しては、耐性がないのですが、終わりのある辛い事にはある程度耐性があります。

気持ちを分かち合える同僚がいれば、同僚に相談と愚痴をいいつつ退職日まで粛々と働きましょう。また同僚に相談する事で、もしかしたら、自分が勘違いしていると気づくことがあるかもしれません。1人で抱え込まずに誰かに相談する事も必要です。

退職の日まで是非頑張ってください。

 - 退職・休職に関するお悩み