仕事のお悩み解決所

総務の仕事はかなり大変!だけど楽だと思われがちな理由とは

2017.8.24

会社の総務課の仕事は雑用ばかりやっているイメージがあるので、楽な仕事だと思われることも多いです。

実際に定年間際の人や使えないと言われるような社員が部署移動されるなど、仕事ができない人が行くイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし実際んは総務課の仕事は大切な作業も多いですが、楽な仕事だと思われる理由について紹介します。


総務の仕事が楽だと思われる理由は結果が数字に表れないから

総務課の仕事が楽だと思われる理由のひとつに、明確な数字によって仕事の成果が表れないことが要因となります。

営業職ならば自分の営業成績が明確な数字となって現れるので、自分がどれだけ仕事をしたのか、成果が出なかったのかが分かってしまいます。

しかし総務の仕事は明かkな数字として仕事の結果が出ないですし、誰でもできるような仕事だと思われていることも多いです。

実際には総務の仕事は専門性を必要としませんし、会社の中のいろいろな雑務や業務をこなさなければいけないので、豊富な知識や経験があると役立ちます。

そのため総務にはベテラン社員を配属することも多いので、動けなくなった人がやるイメージがついてしまったのです。

業務内容は広く浅い仕事が多いので、仕事量は毎日かなりの量になります。

しかしどんなに仕事をしても数字で表すことができないので、楽な仕事だと思われることも多いです。

総務の仕事は売り上げや利益に関係関係ないので楽だと思われる

総務の仕事は会社の中の受付や雑務などの仕事をするので、直接的には会社の売り上げには関係ない仕事と言えます。

会社の中には業者がいろいろ出入りしますが、窓口となるのが総務課の仕事です。

また会社の備品の管理や交換から雑務までも行うので、会社にとっては縁の下の力持ち的な存在と言えます。

総務課がいるからこそ他の部署の人が自分の仕事に集中できるのですが、総務の仕事を理解する人は少ないでしょう。

普段は総務課の人がどんな仕事をしているのかも見えないので、どんなに頑張って仕事をしていても評価をされることは少ないでしょう。

総務の仕事は決して楽な仕事ではないですし、むしろ忙しい時には休む暇もないほど忙しくなる時もあります。

それでもどんなに働いても会社の売り上げや利益とは関係のない仕事なので、精神的にも楽な仕事だと思われてしまいます。

スキルがなくても総務の仕事ができるので楽だと思われやすい

総務課の仕事が楽だと思われる理由としては、スキルがなくてもできる仕事だからです。

総務課の仕事としては、大きく分けると事務、企画、庶務に分けられることが多いです。

企画と言っても会社によっては独立した企画課があるので、事務や庶務が中心の仕事となることが多いです。

事務職は毎日数字を追いかけて計算するので、ある程度慣れればできる仕事でもあります。

もちろん簿記の知識や経験があれば仕事もしやすくなりますが、仕事を覚えてから簿記をとる人もいるでしょう。

庶務の仕事はスキルがなくてもできるので、新人の社員が配属されることも多いです。

そのため総務と言えば雑務などをする庶務のイメージが強くなり、何もできない新人でもできる仕事なので、楽な仕事だと思われてしまいます。

実際にはベテラン社員が支持を出して仕事をすることが多いですが、スキルもいらないので慣れれば誰でもできる仕事が多いです。

総務の仕事は多岐に渡りますが、庶務のイメージを持っている人も多いので、楽な仕事をしていると思われてしまうのかもしれません。

総務の仕事は多岐に渡るので暇な時間は少ない

会社にとって総務課は多岐に渡る仕事をこなす便利屋というイメージがあるので、実際は楽な仕事ではないですし忙しく働いています。

総務の仕事は事務、受付、雑務、掃除など、多くの仕事を毎日こなさなければなりません。

どの仕事もサッとできる仕事かもしれませんが、やるべき仕事が多いので暇な時間も少ないです。

他の会社との窓口になっていることもありますし、会社内の雑務を管理するので、多くの仕事をこなさなければなりません。

しかし総務の仕事の多くは事務系の作業が多いので、座って仕事をすることも多いです。

そのため普段は総務の仕事ぶりを見ることはできませんが、雑務などをやっている時に見かけると、楽そうな仕事をしていると思われるでしょう。

会社内の管理も大切な仕事ですが、他の部署の社員から見れば自分たちの仕事の方が重要だと思われることが多いので、楽な仕事をしていると思われてしまうのです。

会社のバックグランドで働く総務はいなくてはならない存在

会社の総務課の仕事は実際にはどれも重要な仕事ですし、誰かがやらなければならない仕事ばかりです。

たまたま車内で見かける総務の人の仕事を見ていると、雑務をしている姿しか見ないので、楽な仕事をしていると思われることも多くなります。

実際には多くの仕事のうちのほんの一部の仕事ぶりしか見ていないのですが、それだけ総務の仕事は誰でもできる仕事ばかりやっているというイメージがあるのでしょう。

会社によって総務の仕事は違いますが、事務の仕事は欠かせませんし、同部署の庶務の仕事は会社にとって縁の下の力持ち的な仕事です。

総務は会社の売り上げや利益には関係がない仕事が多いですが、バックグランドで働く総務の仕事は無くてはならない存在です。

総務の仕事に一部しか見ていないのに楽な仕事だと思われてしまうことも多いですが、やいがいのある仕事として会社にとって大切な部署のひとつと言えます。

 - 業務に関するお悩み