仕事のお悩み解決所

バイトのシフトを減らす時に使える言い訳や理由をご紹介

2017.8.23

バイトのシフトを減らしたいと思っても、お店の状況が人手が足りなくて忙しいとなかなか言い出せないものです。

お店によってスタッフの人数も違いますし、時期によって忙しさは変わってきますが、シフトを減らすためにはそれなりの理由が必要です。

そこでバイトシフトを減らしたい時に使える理由や言い訳について紹介します。


バイトのシフトを減らす時は繁忙期を避けて伝える

バイトのシフトを減らしたいと思った時には、繁忙期を避けて伝えるようにしましょう。

いくらバイトと言っても好き放題にバイトシフトを変えることはできませんし、お店が忙しいからこそバイトを雇っているのです。

たとえば忙しい時期に働かないで、暇な時に働きたいというバイトがいれば、お店としては使いにくい人材となります。

バイトシフトを減らすにはお店が忙しい繁忙期を避けて伝えることで、すんなりと受け入れてくれることも多くなります。

ずっとシフトを減らす要望でも、繁忙期が終わってから伝えることで、意外とあっさり受け入れてもらえるものです。

その代わりに繁忙期になったら少し多く出勤して欲しいなどとお願いされることもあるので、そこはお店にも協力する態度を示しましょう。

繁忙期を避けて伝えれば比較的あっさりと受け入れてもらえるので、時期を考えてシフトの相談をしましょう。

バイトのシフトを減らす理由は本当のことを伝えなくても良い

バイトシフトを減らす時には本当の理由を言ってしまうと受け入れられないこともあるので、当たり障りのない理由を言うことも考えておきましょう。

お店によってバイトの人数を極力減らそうとしていれば、シフトを減らされるのは非常に困ります。

しかしバイトのシフトを受け入れない訳にはいかないので、理由を聞いてシフトの変更をするのが流れとなるでしょう。

その時に本当の理由を言ってしまうと受け入れてもらえないこともあるので、理由については当たり障りのない物を伝えましょう。

「遊ぶ時間が欲しいから」「一緒に働きたくない人がいるから」など、本当の理由を伝えることで受け入れられなかったり、代替え案を出されることもあります。

出勤日数は同じでも時間を減らして働いてもらったり、嫌な人がいない時間帯を組んで働かされることもあります。

シフトを減らしてもらいたくないお店とすれば、いろいろと代替え案を提案してくるので、断りにくくなって結局受け入れることになるでしょう。

シフトを減らすにはバイト以外に忙しくなったと伝える

シフトを減らす理由を伝える時には、バイト意外にプライベートの時間が忙しくなったと伝えることが無難です。

バイトシフトを減らしたいと思っても、お店によってはギリギリの人数でやっているので、なかなか受け入れられないこともあります。

しかしバイトという立場なので自分が働きたい時間を選ぶことができるため、プライベートが忙しくなったらバイトを減らすことは当然の権利でもあります。

プライベートと言っても遊ぶためにバイトを減らそうとすればいい顔はしないので、資格の勉強をしたり新しいことに挑戦するために時間が欲しいと伝えましょう。

はっきりとした目的意識を持っていることを伝えることで、お店側も受け入れるしかなくなります。

もしも受け入れてくれなければバイトを辞める覚悟を示せばいいので、プライベートの時間が忙しくなったことを理由にはっきりと伝えましょう。

シフトを減らすことが難しそうならば家族のことを持ち出す

どうしてもバイトシフトを減らすことが難しい状況ならば、家族のことを持ち出すこともひとつの方法です。

お店が忙しくてシフトを減らすことができないのは、お店の問題であって人数を増やせば解決できる問題です。

しかしシフトを減らす理由を家族のことにすれば、代わりの人がいないので受け入れるしかなくなります。

たとえば親の介護のためにシフトを減らすと言えば、ダメだとは言えないはずです

むしろシフトを管理している人が介護のためにシフトを減らすことを了承してくれないようならば、さらに上に言って状況を説明しましょう。

きっとシフトを管理している人は常識がないと判断されて、それなりの処分を受けることになるはずです。

常識のある人がシフトを管理していれば、家族のことでシフトを減らすことになれば、大変さを理解して協力してくれるはずです。

嘘をつくのは心苦しいですが、どうしてもシフトを変更できない状況の場合には仕方がないかもしれません。

自分が働きやすい条件を伝えることが大切

バイトで働いている人は自分なりに働き方にこだわりを持っているので、自分が働きやすい条件を伝えておくことは大切です。

どうしても週末は予定があってバイトができないのであれば、どんなに頼まれても働くことはできません。

お店も事情を分かっていれば考慮してくれるので、はっきりと自分の働く条件や希望を伝えておくことは大切です。

バイトと言えども自由にシフトを決めることはできないので、シフトを減らす時にはしっかりと話し合うことが大切です。

バイトだからシフトを増やすのも減らすのも自由だと思っている態度だと、シフト管理をする人からは嫌われてしまいます。

あくまでもお店に貢献してもらわなければバイトとして雇っている意味がないので、自分勝手にシフトを決められる権利はありません。

お店のルールに従うのが当然なので、シフトを減らす時にはお店の状況や人数も考慮しながら、相談する態度を示すことが大切です。

 - 業務に関するお悩み