仕事のお悩み解決所

失業保険で再就職手当?派遣会社に再就職してもらおう!

2017.6.28

派遣会社でも社会保険に加入していて、自己都合でも会社都合としても失業保険をハローワークで申請すれば、失業手当を支給してもらえます。

再就職するにあたり、失業保険を申請していたとすると、再就職手当という給付金が支給されることをご存知でしょうか。

失業保険を申請した際のハローワークでの説明会で初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思います。

この再就職手当というものは、誰でも支給されるというというものではなく、そして派遣会社に再就職しても支給されるのか、またいろいろ決まりがありますのでご紹介します。

失業保険で再就職手当が同じ会社はダメ!派遣会社でならOK!

大手の銀行や企業などで再雇用制度をつくり、離職者の再雇用を積極的にしているのを記事で読み、一つの企業での再雇用率約80%もありました。

社会保険に加入している方が退職したとき、退職した会社から離職票をもらいハローワークへ行き、失業保険を申請します。

失業保険は再就職するまでの生活の糧として支給されます。

失業保険は、申請してから会社都合なら約7日、自己都合なら3ヶ月の支給開始期間があり、再就職はそれまでに決まっても問題ありません。

ハローワークで登録している会社に再就職が決まれば、再就職手当の申請ができます。

ですが、同じ会社、すなわち退職した以前の会社に再就職すると、再就職手当の支給はされません。

ですが、全く違う派遣会社では再就職手当金は支給されますし、派遣会社というのは、会社側が契約期間を設けていますので会社都合になります。

失業保険で再就職手当をもらう条件は?派遣会社の場合

失業手当で再就職手当を支給される条件としてハローワークで紹介、斡旋している前職と違う派遣会社や企業などに再就職することというのがあります。

一つ前の職場で1年以上の社会保険加入歴が必要があります。

他の条件は、再就職が初めての採用か、その再就職は確定か、失業手当の支給開始期間が満了しているか、失業手当の所定給付日数が3分の1以上ある場合、再就職先で雇用保険の加入してができなおかつ1年以上の加入が可能か、過去3年において再就職手当をうけていないか、すぐ退職しないかと7つ程あります。

派遣会社では、短期と長期の雇用期間がありますが、再就職手当は、派遣会社では長期が原則と決まっていて、2ヶ月の契約だとしても社会保険に入ることが可能か、派遣会社に確認してください。

失業手当の支給開始日は、派遣会社は会社都合となり7日の待機期間が過ぎれば支給されます。

失業手当を支給されている途中で、再就職が決まったときは、失業手当は途中でとまりますが、もし、その再就職を退職するときは、また離職票をその職場からもらいハローワークに申請すると残りの手当が支給されます。

失業保険申請?定年で同じ会社に再就職するか派遣会社か

60歳、になると大抵定年になりますが、そのほとんどが「再雇用制度」で改めて同じ会社で雇用契約をしていますが、他の派遣会社などに再就職される方もいらっしゃいます。

定年退職して、まだ働く意欲があり別の再就職先を見つけたい方は失業手当を申請できます。

定年退職は、会社都合になりますので、支給開始期間は約7日になりますし、給付延長もできますのでゆっくり再就職先を探せます。

失業手当と年金は同時に受け取れませんので気をつけてください。

65歳以前から働いていて、65歳以上で退職した場合は、年金とは別に高年齢求職者給付金が1度だけ一緒に受け取れます。

高齢者専門のシニア派遣会社というのもありまして、これまでのキャリアを活かしてみるのもいいと思いま
し、経験したことないことにもチャレンジしたい方、派遣会社で働いたことがない方は1度ご検討してみてはいかがでしょうか。

他にもあるよ!再就職を促す制度を紹介します

再就職手当のほかに、就業手当、常用就業支度手当、就業促進定着手当があります。

就業促進定着手当は、、再就職手当を支給されている、再就職先で6ヶ月以上の在籍があることや、所定の算出方法で今の職場の6ヶ月の1日の賃金が、前の職場の賃金を下回る場合に受給できる制度です。

常用就業支度制度は、障害者や45歳以上が就職したとき、失業手当の支給開始期間が過ぎてから、なおかつハローワークからの斡旋で雇用保険に入っていり職場に就職し、1年以上就労が確実にできる方、過去3年の間にこの手当を受給していないという条件にあてはまる方が対象です。

就業手当は、失業手当の受給者が対象で、支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、正規に雇用ではないが就労し、給料が所定の制限に達しないことがあるときの制度です。

全ては、雇用保険の加入者が対象になっていることなので、以外に社会保障を知らないとそんですね。

再就職手当を利用することで会社、企業に貢献しよう

若者の退職者が増えているのをご存知でしょうか?なんと退職理由が、「賃金が少ない」「思っている仕事ではなかった」ということなんですよね。

でも今、企業が若者に限らず再就職、再雇用の対策に力をいれているとは知らなかったのですが、それはとても素晴らしいことだと私は思います。

派遣会社の働きやすさは、期間や時間が決められているのでライフプランを立てやすい、スキルアップに役立つことなどがあります。

転職先が決まるまで、アルバイトするなら派遣会社に登録するほうがお給料もいいですし、ステップアップにして働いてる方もいます。

社会保険に加入できる派遣会社を再就職先としてみつけることを念頭にいれてながら、最近の派遣会社は職種がいろいろありますから、たくさんの派遣会社に登録して自分が働きやすい職種、職場を見つけてくださいね。

 - 退職・休職に関するお悩み