仕事のお悩み解決所

飲食店でのバイトは初めて!気をつけるべき事とは

2017.8.26

飲食店でバイトをするのが初めての時は、どうやって振る舞えばいいか分からないことも多いでしょう。

普段気軽に飲食店で食事をすることはあっても、店員のことまでじっくりと見ていないので、どうやって働けばいいか悩んでしまいます。

そこで飲食店でのバイトが初めての時に気をつけるべきことについて紹介したいと思います。


飲食店のバイトが初めてでも明るく元気に挨拶することを意識する

飲食店でのバイトが初めての時は、とにかく笑顔で明るく挨拶をすることを意識しましょう。

サービス業でも仕事は自分の行動の対価によってお金をもらうことができますが、お店の店員の態度が悪いとお店の評価も下がってしまいます。

飲食店は食事をしに来ることが目的ですが、店員の印象が悪いといくら美味しい料理を作っても、お店に来なくなります。

普段自分たちも飲食店を利用することもありますが、特に店員の印象を感じなければ無難な接客と言えるでしょう。

とても明るく元気な店員さんがいれば記憶に残りますし、逆に手人の態度が悪いと二度と行きたくないと思ってしまいます。

飲食店にとって店員の印象はとても大切なことなので、明るく意識して接客するようにしましょう。

初めてのバイトの時は緊張しているので、自分が思っているよりも笑顔も引きつっているはずです。

意識して笑顔を出したり明るくするくらいがちょうどいいので、明るい店員になることを意識して仕事をしましょう。

初めて飲食店でバイトをする時は清潔感に気をつける

飲食店でバイトをする時に大切なことは、清潔感のある身だしなみです。

食べ物を扱っている仕事なので、清潔感があることは暗黙の了解としてお店のルールとなっています。

さらに厳しくお店のルールを作ることによって、お客さんには清潔感のあることが当たり前だと感じてもらうことができます。

飲食店でもバイトが初めての時は、どうやれば清潔感が出せるのかが分からないことも多いでしょう。

お店のルールやマニュアルだけでなく、自分で意識しておかなければ清潔感をキープすることは難しいです。

髪型や爪の手入れによって印象が大きく変わるので、自分で清潔感のある雰囲気を意識しておきましょう。

また自分の臭いは気づきにくいことも多いので、できるだけ過剰なほど意識した方がいいでしょう。

自分で大丈夫だと思わずに常に清潔感があるか意識すれば、徐々に清潔感のある服装や雰囲気が当たり前になっていきます。

飲食店でバイトをするのが初めてでも率先して仕事を覚える

飲食店に限らずどんなバイトをしても、初めてでやることが分からなくてもとにかく動くことが大切です。

指示待ち状態では誰も教えてくれませんし、やる気がない人には仕事も教えたくありません。

飲食店のバイトはマニュアルややり方はあるものの、ある程度自分で想像しながら仕事をすることができます。

これは誰もが飲食店を利用することがあるので、お客さんが望んでいることをやればいいだけです。

もちろん初めての時は仕事を教えてもらうことはできますが、何もしないで立っている時もあるので、自分から率先して動くようにしましょう。

飲食店での仕事はお店の中の狭い空間でずっと仕事をするので、常に先輩の動きや行動をチェックすることができます。

そのため先輩のマネでもいいので率先して動くことで、先輩にやる気を見せることができるので、いろいろと教えてもらうことができるようになるはずです。

常にお客さんの目を意識して行動する

初めてバイトをするのが飲食店の場合は、常にお客さんに見られていることを意識することが大切です。

お客さんにとってバイトも社員も関係ないですし、まして経歴や熟練度も関係ありません。

自分が初めてバイトをしていることもお客さんには関係ないので、いつでも他の店員と同じように接客することが大切です。

店員はいつお客さんから呼ばれるか分からないので、常にホールの状況をチェックしていなければなりません。

お店によってはホール店員の数も少ないので、一人でやる仕事量も多くなります。

常にお客さんを意識しながら仕事をしなければいけないので、仕事だけに集中しないように気をつけましょう。

飲食店はサービス業なので、お客さんへの接客が一番の優先事項になります。

待たせることなく気持ち良く利用してもらうことを意識しながら、仕事をするように心掛けましょう。

サービス業で働いていることを意識することが大切

飲食店でもバイト経験が初めての時は、仕事を覚えることも多いので大変に感じるでしょう。

また常にお客さんには見られているので、ミスをすることもできないですし、ましてちょっとサボることもできません。

サービス業で働くということは自分の行動がそのまま対価となるので、常にお客さんに気持ち良く利用してもらうことを意識していなければなりません。

お客さんも店員の態度を見ればやる気があるかどうかも分かるので、お店の評価にもつながってしまいます。

自分の行動がお店の評価に繋がるとなれば、常に意識しながら仕事をしなければなりません。

サービス業とは常にお客さんを意識して仕事をするものなので、飲食店だからといって料理の評価だけでなく、店員も評価されていることを忘れないようにしましょう。

サービス業で働いていることを忘れなければ、やりがいを見つけることができるので、楽しく仕事をすることができるようになります。

 - 業務に関するお悩み