仕事のお悩み解決所

適応障害の時に診断書を提出するメリットと仕事への影響

2017.8.26

自分でも調子が悪いと思って診察を受けにいった時に、適応障害だと診断されるとこの後の仕事のことを考え込んでしまいます。

適応障害ならば今の環境のままではいけませんが、職場環境を変えるにはかなり大変なことも多いでしょう。

そこで適応障害だと診断された時に、診断書を提出するメリットと仕事への影響について紹介します。


適応障害の診断書を提出すれば休職することができる

適応障害の診断を受けた時に会社に適応障害の診断書を提出すれば、そのまま休職することもできます。

適応障害は職場環境によって発症することが多いので、職場の環境を変えることが治すには有効な手段となります。

しかし慣れた仕事を辞めることは大変なので、できれば辞めない方法で治したいと思います。

そんな時は適応障害の診断書を提出していれば、会社を休職することができるでしょう。

まとまった休みをとってリフレッシュすることも、適応障害を治すには有効な手段のひとつです。

今の環境のまま働き続けても適応障害は治りませんし、余計酷くなる可能性もあります。

診断書を提出することによって病気だと信用してもらえるので、できるだけ長い期間休職をして心をリフレッシュさせましょう。

もしも休職して治らなければ、退職することも考えなければなりません。

適応障害の診断書を提出してそのまま退職することができる

会社の環境のせいで適応障害になってしまったら、環境を変えることが治すには有効な手段となります。

適応障害は会社の環境に適応できないことで病気になってしまいますが、環境が変わると治るケースもあります。

それほど今の職場環境に自分は慣れないということなので、大きなストレスを受けていると言ってもいいでしょう。

もしも適応障害だと診断された時には、診断書を会社に提出することが大切です。

診断書を提出するメリットとして、休職や退職もすぐにできるということです。

会社の環境によって病気になってしまったので、辞めるまで1ヶ月間の間、病気の社員を働かせる訳にはいきません。

また職場環境を変えれば治る可能性もありますが、ストレスに弱い社員をわざわざ職場環境を変えてまで、働かせたくないと思うのが会社の本音でしょう。

そのため診断書があればすぐにでも退職することができるので、自分のためにも環境を変えてから、新たなスタートを切りましょう。

診断書を提出すれば適応障害の人の業務を改善してもらえる

会社によっては人材が不足しているので、何とか社員には辞めて欲しくないと思うこともあります。

特に優秀な社員や重要な業務を行っている社員が辞めると、会社にとっては大きな痛手となります。

自分が適応障害だと診断されてしまった時に、診断書を提出することによって病気改善のために努力してくれるかもしれません。

自分が重要な仕事をしているからこそ、ストレスを受けて適応障害になってしまったのであれば、職場環境を改善する口実にもあなります。

小さい会社ほど柔軟に対応することができる一方、職場の人間関係によるトラブルであれば、すぐにでも退職して違う会社に行った方がいいでしょう。

診断書を提出すれば職場環境の改善をしてもらえるかもしれないので、自分にとって優しい環境かどうかをしっかりとチェックしましょう。

しっかり改善してもらえれば適応障害の症状も和らぐはずなので、普通に働くことができるようになるはずです。

適応障害を克服するには勇気を持って休むことも大事

適応障害は精神的なストレスによる障害なので、職場の環境が相当なストレスとなっていたのでしょう。

職場の環境の要因としては仕事内容か人間関係が原因になることが多いので、会社がしっかりと対応してくれるか期待しましょう。

適応障害の診断書を提出しておけば、職場の改善をしてくれるかもしれませんが、働きながら治すよりも思い切って休む勇気を持ちましょう。

仕事のことを考えると休めないと思ってしまいますが、自分の体のことをまずは大事にするべきです。

適応障害を治すためにもストレスは厳禁なので、ゆっくりと会社の環境から離れてみることをおすすめします。

会社から離れるだけでも、ストレスは大幅に減らすことができるはずです。

仕事をすることも大切ですが、体が健康でなければ仕事を続けることはできないので、しっかりと休養をとって適応障害を治しましょう。

適応障害でも仕事を続けるならしっかりと話し合う必要がある

会社とすれば適応障害の人を働かせることに不安を感じますが、仕事を続けるかどうかは本人の決断次第です。

できれば適応障害になったらゆっくりと休んで、新たな気持ちを持って仕事に取り組みたい所です。

職場環境を変えることも考えるかもしれませんが、自分がやりたいことをやるのが一番良い仕事の選び方です。

適応障害のの診断書を提出することによって、職場環境を改善することに協力してくれるはずです。

勇気を持って休職することも大切ですし、職場を退職して違う仕事に就くのもいいでしょう。

ただ自分がやりたいと思う仕事で辞めたくない時は、上司としっかり職場環境について話し合いましょう。

適応障害のまま仕事を続ける時は、周りの人のサポートが必要になるかもしれません。

適応障害になるまでストレスを過度に受けていたのに辞めたくないと思うのは、それだけやりがいのある仕事と言えるのかもしれません。

自分に合った職場環境を目指して、上司と相談をして職場環境の改善に取り組みましょう。

 - 業務に関するお悩み