仕事のお悩み解決所

シフトの希望の出し方は?初めてのバイトでお願いする時のやり方

2017.9.3

バイトのシフトを出す時には、担当者によってやり方や考え方が違うので、慣れるまでには時間が掛かることもあります。

しかし慣れていなくても自分の休みの希望をしっかり伝えないと予定を組むことができないので、シフトの出し方を早く覚えなければなりません。

そこで休みの希望のシフトを出す時の出し方について紹介したいと思います。


シフトの希望の出し方は担当者に分りやすいようにお願いする

バイトのシフトの出し方の基本は、シフトを作る人が分かりやすいように伝えることが大切です。

シフトを作る人は何十人ものスタッフのシフトを合わせて、お店に業務の支障が出ないようにシフトを組みます。

そのため自分が休みの希望を出したところでも、お店や他のスタッフの事情によって休めないこともあります。

担当者によってシフトを作る時の考え方は違いますが、基本的にはなるべく全員を平等にしようと考えています。

しかし全員の希望を必ずしも通すことができない時は、先輩を優遇したり仕事を頑張っている人を優先することもあるでしょう。

そのためどうしても休まなければいけない時には、はっきりとその日だけは休むようにお願いしましょう。

同じ休むにしても事情を考慮してくれれば、休みの希望を優先してくれるはずです。

シフトは担当者に分りやすいように書いてお願いすることが大切なので、休みが欲しければしっかりとお願いしましょう。

シフトの出し方は休みの希望があれば理由を添える

シフトの出し方として大切なことは、休みの希望があれば理由を添えると担当者に分りやすく伝えることができます。

ただ休みたい日を提出するよりも、具体的な用事を書いた方が担当者も休みにしやすいです。

理由としては他のスタッフと同じ休みの希望が重なった時に、明確な理由がある人の方を優先して休ませようとする気持ちが芽生えるからです。

どうしても1人しか休ませられないとしたら、用事のない人に出勤してもらうのは当然です。

誰でも休みの日には予定を入れているものですが、重要度の高い人の方を休ませたいと思うのが心情です。

自分の休みでもお店が大変ならばシフトの変更もしなければいけないので、どうしても出勤できない時は理由を伝えましょう。

自分は休む権利があるからと言っても、他のスタッフとの兼ね合いもあるので、協力する姿勢を見せることが大切です。

繁忙期のシフト希望の出し方としては出勤できる日を伝えておく

バイトによっては繁忙期があるので、お店にとっては人数の確保を優先します。

シフトの希望の出し方としては、繁忙期には自分の休みを優先することは難しいので、多く出勤できる日を伝えておきましょう。

繁忙期に休みが欲しいと言っても、休める可能性は低いですし、例え自分の休みでも出勤することもあるので覚悟する必要があります。

バイトをしていればお店がいつ忙しいは分かるので、繁忙期を避けて休みの希望を出すのが暗黙のルールです。

もしも繁忙期に休みが欲しいならば、他のバイトをするしかないでしょう。

バイトは人がいない時に働くからこそ高い時給がもらえるので、忙しい時に休むならバイトはいりません。

繁忙期は休みの希望ではなく自分の定期的な休みの日でも出勤できるのであれば、自分から協力する姿勢を見せましょう。

お店に協力する姿勢を見せれば、繁忙期が終わってから自分の休みの希望を通してくれるはずです。

自分の休みばかりの希望はわがままに捉えられるので注意する

シフトを提出する時は、基本的には自分の休みの希望だけを提出することになります。

シフトの出し方としても正しいのですが、自分の休みの希望が通らない時にいかにお店に協力するかが大切です。

例えば週に2回の休みをもらうのであれば、1回は絶対に希望の休みをもらうようにして、もう1つの休みは空いている所に休みをもらうようにします。

そうすればシフト担当者もやりやすいですし、お店に協力している姿勢を見せることができます。

しかし2回の休みを頑なに固辞しているのに、急に他の日に休みが欲しくなった時にはわがままだと思われてしまいます。

自分の休みを中心にシフトを考えていますが、他のスタッフもいるので兼ね合いが必要です。

お店に協力する人もいれば、自分の休みは絶対に譲らないという人もいるでしょう。

バイトをするなら協調性が必要なので、自分の休みにこだわりすぎると自分が働きにくくなるので注意しましょう。

お店の状況を考えながらシフトの希望を出す

シフトの出し方としては自分の休みを中心に考えるのは当然ですが、できればお店の状況を考えてシフトを出すことも必要です。

お店が週末に忙しかったり人数が少ない日があるのに、自分が休みたいからといって休みの希望を出すと、わがままに思われてしまいます。

お店が忙しい時にわざわざ休みの希望を出す人は、他のスタッフから嫌われる存在となって立場も悪くなってしまいます。

忙しいからこそバイトを雇っているのに、暇な時にだけ働くバイトはいらないと思っているからです。

シフトを提出する時には忙しい時は出勤するように、考えてシフトを作ることは大切です。

もちろんどうしても休みが欲しい時には、誰もが納得できる理由を添えて提出しましょう。

忙しい時に休めばスタッフが何で休んだのか担当者に聞くので、後から決まずい思いをしないように気をつける気持ちも大切です。

 - 業務に関するお悩み