仕事のお悩み解決所

適応障害で仕事を辞めるには?退職するまでにやるべきこと

2017.9.2

職場の環境にストレスを感じることで適応障害になってしまうと、仕事をするのも辛くなっていきます。

自分がまさかストレスに弱いとは思っていなかったのに病院に行って診察を受けると、現実を考えた時に仕事を辞めたいとしか思わないくなるものです。

そこで適応障害だと診断された時に、仕事を辞める前にやっておきたいことについて紹介します。


適応障害で仕事を辞める前に環境を改善する努力をする

適応障害は職場の環境が自分にとって合わないので、ストレスとなって病気を発症してしまうことです。

仕事に行こうとすると動機がしたり異様な不安感に襲われてしまい、職場に行くことすら難しくなってしまいます。

ただ仕事で嫌なことがあった時に行きたくないという感じではなく、精神的にも身体的にも症状が出てしまうので、自分でもおかしくなったと思ってしまいます。

適応障害は職場の環境が影響していることが多いので、環境を変えることでストレスが軽減されて、症状も良くなることも多いです。

そのため仕事をするに辞めることも選択肢のひとつですが、原因を考えておかなければ次の職場でも同じことの繰り返しになるかもしれません。

職場環境の何が原因なのかを考えて、仕事を辞める前に改善できないか考えてみましょう。

職場環境を改善するための努力を惜しまず改善できれば、また慣れた環境で働き続けられるかもしれません。

適応障害になって仕事を辞めるなら診断書を提出する

自分が適応障害と診断されてから仕事を辞めるとなれば、診断書を会社に提出する流れが一般的です。

適応障害だと診断されるには病院に通うことが必要ですが、人によって症状も違っているので、担当医としっかり相談することが大切です。

症状にもよりますが基本的には仕事をしながら適応障害を治療していくのが基本になるので、診断書を発行してくれない担当医もいます。

それほど症状が重くないのに診断書を出して、会社を休職したり辞めてしまうと、その後社会に復帰することが大変なことを知っているからです。

担当医の判断にもよるので自分がどうしても仕事を辞めたいというのであれば、しっかりと相談をして診断書を書いてもらうようにお願いしましょう。

会社を辞めて治る保証もないので、担当医の先生としっかり話し合うためにも、診断書を提出してからも治療に専念しましょう。

適応障害で仕事を辞める前に休職することも考える

適応障害になる原因の多くは職場環境のストレスなので、仕事を辞めれば治ると思っている人も多いです。

単純に転職して環境を変えるだけで治るのであれば、それほど悩むことはないでしょう。

しかし職場を変えてもどの仕事も辛いことや大変なこともあるので、ストレスを受けることは必ずあります。

特に人間関係はコミュニケーションが苦手な人にとって、環境を変えても同じことを繰り返してしまう恐れもあります。

だからこそ適応障害になった時には、仕事を辞める選択肢もありますが、その前の休職して環境になじませる努力をすることも大切です。

休職るすることができればストレス解消にもなりますし、職場環境の何が悪いか自分でも原因が分かるので、どうやって対処すればいいか答えも導きだしやすいです。

そのため原因を考えて対処する力がつけば、適応障害も克服することができるかもしれません。

原因を追究しながらストレス解消して改善させる

適応障害だと診断されたことによって、この先どうすればいいかしっかりと担当医と相談することが大切になります。

社会に出て仕事をしていればストレスが溜まることも多いので、自分がストレスに耐性ができなければ、この先も適応障害に悩まされ続けることになります。

仕事を辞めることで適応障害が改善できることもあれば、転職してから同じように再発してしまうこともあるでしょう。

上手く自分の中でストレスを発散させることが大切ですが、仕事を辞める前にできるだけ原因を追究して耐性を作ることも必要です。

自分がどうなればストレスを感じるのかを知れば、上手く対処することもできますし、ストレスを発散させることもできるようになります。

仕事を辞めることは簡単ですが適応障害が治るか分からないので、仕事を続けながら原因を追究し、耐性をつけていくことも大切なことです。

適応障害になった原因を追究して改善することが大切

仕事をしているとストレスを感じるようになりますが、まさか自分が適応障害だと診断されるとは思ってもいないはずです。

よほどのストレスを受けなければなりませんが、仕事では嫌なことや大変なこともたくさんあると分っています。

適応障害に陥りやすい人はまともに受け止めやすく、ストレス発散をするのが苦手なタイプの人なのかもしれません。

仕事を辞めることでストレスからは一時的に開放されますが、これからも仕事は続けていかなければならないので、次の職場で適応障害になってしまう不安もあります。

適応障害を克服するには医師の指導に相談をしながら、原因を追究して対応できる力が必要です。

職場環境は自分で変えるのは難しいので、自分が適応するしかありません。

ストレスを感じる原因を考えても仕事はやらなければいけないので、あまり考え過ぎずに適度にやることも時には必要です。

適応障害は心の病なので治すまでには時間が掛かるので、じっくりと焦らず対処しましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み