仕事のお悩み解決所

シフトの変更が多い!予定が組めないので改善するための方法

2017.9.3

バイトをしていると時にはシフトの変更をお願いされることもありますし、極力お店に協力したいと思うので変更を受け入れる努力はします。

しかしシフトの変更があまりにも多いと自分の予定も立てれなくなるので、できればシフトは変更したくないと誰もが思っているはずです。

そこでシフトの変更が多い時に上手く対処するための対処法を紹介します。


シフトの変更が多い時は事前に変更できる日だけを伝えておく

バイトをしているとシフトの変更をお願いされることもありますが、できれば誰もがシフトの変更はしたくないと思っています。

しかし職場での立場や人間関係を考えると、シフトの変更を受け入れなければいけない時もあるので、仕方なく受け入れるといった状況の人も多いはずです。

シフトを担当する人の力量や先見の目があるかによりますが、シフトを変更しなければいけなくなった時には、お願いされることが当たり前になっていきます。

担当者も上の立場の人なのであまり言い返せませんが、シフトの変更があまりにも多い時には自分の予定が組めなくなるとはっきり言いたくなります。

シフトの変更が多い時には事前に自分から変更できる日を伝えておくことで、お店に協力する姿勢を見せることができます。

逆に言えば変更できない日を相手にも分ってもらえるので、シフトの変更をお願いされても無理だと断りやすくなります。

シフトは自分の予定があるので変更が多い時は断る勇気も必要

シフトの変更が多いお店だと、シフトを管理する人の力不足を指摘したくなります。

しかしそれだけバイトがわがままにシフトを言ってくると言えるので、そのしわ寄せが自分たちに帰ってきているとも言えるでしょう。

バイトのシフトお店の状況や人員によって急に変わることもありますが、できるだけ事前に予想してシフトを組むことが大切です。

しかし上手く組めない人が担当だとシフトの変更も多くなりますし、それが当たり前となって誰もが協力しなくなってしまいます。

誰もがシフトの変更をするのは嫌なものですが、自分がどうしても予定がある時ははっきりと断りましょう。

もちろん自分のことだけを考えているのではなく、あくまでも絶対に休みたい日だけは断る勇気も必要です。

その代わりに他の日のシフトの変更に協力すればいいので、お店と自分との貸し借りを上手く考えて対応しましょう。

シフトの変更が多い時は頼られていると割り切って頑張る

バイトのシフトを変更して欲しいと頼まれた時には、自分の予定が狂ってしまうので断りたい気持ちもあります。

しかし自分のシフトを優先して毎回断ってしまうと、バイト先でも人間関係も悪くなってしまいます。

自分だけがシフトを優先していると、結局は他の誰かが嫌な思いをしなければいけないので、全員が協力する姿勢を見せることが一番の理想です。

シフトの変更が多いと嫌な気持ちになりますが、自分がお店から頼られていると思って気持ちを切り替えましょう。

バイトの全員が少しずつ率先してシフトの変更を受け入れれば、自分が変更することも少なくなるはずです。

バイトの人数は限られていますし誰かが嫌な思いをするしかないので、自分がシフトの変更をする時は頼られていると思って割り切りましょう。

お店に協力する姿勢を見せれば後でこちらのお願いも聞いてくれるはずなので、シフトを変更する時には前向きに頑張る姿勢を見せましょう。

自分の予定がある時以外は協力姿勢を見せることも必要

自分があえてバイトをしているのは、プライベートでやりたいことがあるからバイトをしている人も多いです。

バイトの方がシフトも変更しやすいので、自分のやりたいことがあれば予定を組みやすいからです。

しかし同じように考えているバイトもいるので、誰かが変更すれば他の人がフォローするしかないでしょう。

シフトの変更が多いということは、それだけ他の人が予定を変更しているということなので、自分もフォローするしかありません。

自分がシフトの変更をお願いする時は、同じように他に人が代わってくれるからこそ休めるので、自分が予定がない時には協力する姿勢を見せることが大切です。

シフトの変更に協力すれば自分が変更したいと思った時にも、他の人が協力してくれるはずです。

予定を変更することは難しいですが、予定がない時ならばできるだけ協力する姿勢を見せることで、後で自分にも得なことがあると考えましょう。

シフトの変更で納得できなければできない日を伝えることも必要

いくらバイトだからといってあまりにもシフトの変更が多いと、自分の予定も組めなくなるので辞めたくなってしまいます。

バイトは自分の予定や休みを申告することができますが、あくまでもバイトは弱い立場なので強く主張することはできません。

お願いする立場なのでシフト担当者と関係が悪くなると、後で自分おシフトの変更の時に無理だと言われる可能性もあります。

普段から協力する姿勢を見せておけば、自分が変更する時もしやすくなるので、心情を考えてお店に協力する姿勢を見せておくことは大切です。

しかしあまりにもシフトの変更が多い場合には、はっきりと変更できない日を伝えておくことも大切です。

バイトのためにプライベートを犠牲にしたくない人もいるので、自分のプライベートを充実させるためにバイトで働いているはずです。

自分の予定だけを重視する訳にはいきませんが、自分がシフト変更できない日を伝えておくことで、無用なトラブルも防ぐことができるでしょう。

いずれにしてもお店には協力することが大切ですし、協力している姿勢を見せることも必要です。

 - 業務に関するお悩み