仕事のお悩み解決所

休みの日に仕事の電話をかけてくる上司への上手な対応方法

2017.9.6

せっかくの休みの日なのに仕事の電話をかけてくる上司に対して、ありえないと怒りやストレスを感じることもあるでしょう。

しかし休みの日の電話は急用な要件が多いですし、何より自分の担当する仕事のことならば、結局は自分が対処しなければいけません。

そこで休みの日にかかってくる上司からの電話に対して、上手く対処する方法を紹介します。


休みの日に仕事の電話をかけてくる時は落ち着いた場所で話をする

休みに日に仕事の電話をかけてくる上司に対しては、落ち着いてゆっくり話せる場所で電話をとるようにしましょう。

自分は休みの日なので仕事のことは一切頭の中にない状態で、いきなり上司から電話がかかってきてもすぐに対応することは難しいでしょう。

仕事とプライベートの頭の切り替えをするには、しっかりと仕事のことを考えておかなければなりません。

しかも休みの雰囲気の中で仕事の話をしようと思っても、急に仕事のことを話すのは難しいものです。

そこで休みの日の環境から少し抜け出すために、落ち着いた場所に行って仕事のことを考えながら、頭の整理がついてから話をすることが大切です。

落ち着ける静かな場所があればすぐに話すことはできますが、もしもなければ落ち着ける場所を探してから返信するのもいいでしょう。

休みの日でも仕事の電話はしっかり対応しなければいけないので、頭を切り替えるためにも落ち着ける場所で話すようにしましょう。

仕事の電話をかけてくるのは緊急なので休みの日でも関係ない

仕事の電話は自分が休みの日でも基本的には関係なく、会社は常に動いていますし関連業者が仕事をしていれば、いつでも仕事の連絡が入る可能性はあります。

担当者が休みの日ならば他の社員が対応しますが、専門的なことや担当する社員にしか分からないことも多々あります。

そのため休みの日に仕事の電話をかけてくる上司としては、しっかりと仕事をしたいという気持ちがあるからこそ、担当者に確認をしたいと思っているのかもしれません。

担当者が休みだからいる社員が代わりに対応して、万が一トラブルになったり後で困るようなことになれば大変です。

顧客やお客様がいれば一気に信頼を失ってしまうので、担当する社員が休みでも報告や連絡を入れるのは大事だと思っています。

上司がすべて代わりに対応してしまえば、担当者の責任感も無くなってしまうので、担当者の責任感とトラブル防止を考えて、休みの日でも連絡をしようと思っているのかもいしれません。

休みの日に仕事の電話をかけてくるのは自分の段取りが悪いから?

休みの日は仕事のことを忘れてゆっくりしたいものですが、仕事の電話がかかってくるとストレスに感じてしまいます。

しかし電話をかけてくる要件のほとんどは、自分の担当する仕事のことなので、自分がしっかりと段取りをしていれば電話を掛ける必要もなくなります。

要は自分が休みの前の日にしっかりと段取りをして対応しておけば、休みの日に代わりに対応してくれる社員も困ることはなくなります。

対応する社員はどうすればいいか分からないからこそ電話をかけてくるので、自分があらかじめ対応を教えたり連絡しておけば、休みの日に電話がかかってくることもなくなるでしょう。

電話がかかってきてストレスを感じるなら、電話がかかってこないようにしっかりと段取りをしてから休めばいいだけです。

急なトラブル以外の段取りをしっかりとやっておき、代わりに対応する社員に報告しておく手間を惜しまなければ、休日にゆっくりと休むことができるはずです。

落ち着いた場所に移動して仕事脳になってから返信する

休みの日にいきなり上司から仕事の電話がかかってきて、いきなり対応するのは難しいものです。

自分が担当する仕事のことに関して、分からないことがあるからこそ上司が電話をかけてくるので、すぐに対応しなければなりません。

休みの日になるとオンとオフを切り替えることが大切で、仕事のことは一切考えないでストレス発散することが大切です。

ゆったりと好きなことをして過ごしているので、いきなり仕事の話をされても頭が回らないのは当然です。

そのため上司から連絡があってもすぐに対応できないこともあるので、一旦電話を切ってから自分の頭を仕事脳に切り替えて話すことが大切です。

用件だけを聞いてから数分後にかけ直すまでにしっかりと仕事のことを考えてからかけるだけでも、思考力がまったく違ってきます。

休みの日に仕事のことを考えるのは大変なことですが、電話がかかってきた時はしっかりと仕事脳に切り替えてから話しましょう。

責任を持って対応する姿勢を見せることが大切

誰でも休みの日に仕事の話をしたいとは思わないですし、電話をかける方も気を遣います。

しかし仕事なので仕方ない部分もあるので、しっかりと頭を切り替えて対応することが求められます。

休みの日に仕事の電話をかけてくる時は、自分たちでは対応できないと判断したからこそ電話をかけてくるのです。

そのため緊急性が高かったり、重要性の高いことが予想されるので、電話を受ける時もしっかりと準備しておくことが大切です。

休みの日でリラックスをしている時に、いきなり重要性の高い仕事の話をされても、頭が回らず対応することは難しいでしょう。

しかし自分の担当する仕事であれば、しっかりと責任を持って対応することが大切です。

一旦電話を切ってから頭を切り替えて返信するなど、自分なりに仕事脳に切り替えてから対応するようにしましょう。

責任ある行動と対応する姿勢を見せることが大切なので、休日でもしっかりと対応しましょう。

 - 上司に対するお悩み