仕事のお悩み解決所

休みの希望のシフトをメールで送る時に気をつけたいこと

2017.9.5

バイトで休みの希望のメールを送る時には、いろいろなことに気をつけなければいけません。

自分の休みの希望だけを送っても、他の人との兼ね合いもあるので通るかも分かりませんし、何より一方的に休みの希望を出しても担当者は困ってしまいます。

そこで休みの希望をメールで送る時に気とつけたいことについて紹介したいと思います。


休みの希望をメールすることが問題ない方法か確認しておく

休みの希望をメールで送る時には、職場の連絡方法としてメールで送って問題ないかを確認しておきましょう。

一般常識としてはバイトだからといっとシフトの連絡や休みの希望をお願いする時に、メールで連絡するのは失礼な行動になります。

休みの希望を伝えるにしても、しっかりと理由を添えて直接お願いするのが当たり前です。

そのため他のバイトの人たちがメールでシフトや休みの希望を送っていたとしても、お店のやり方なのかを確認しておきましょう。

シフトの担当者によっては、メールならば証拠も残るのであえてメールでやり取りをする人もいるかもしれません。

そのためお店のやり方に従ってシフトや休みの希望を出すことになりますが、事前に担当者に確認しておいた方がいいでしょう。

一方的にメールで休みの希望を送るだけなら楽ですが、お店のやり方かどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

休みの希望をメールする時は第2希望まで送る

休みの希望をメールするシステムならば、自分の休みを一方的に送ることになります。

しかし他の人との兼ね合いもあるので、どうしても希望が通らないこともあるでしょう。

自分がどうしても休みたい日が休めないとなれば、後からシフトの変更をお願いすることになります。

その時には他の人のシフトが決まった後なので、なかなか変更することが難しくなってしまうでしょう。

そこで自分が休みの希望をメールする時は、第2希望まで送っておくと希望通りに休みやすくなります。

シフトを考える担当者はできるだけ希望通りにシフトを組みたいと思っていますが、かなり大変な作業となります。

全員の希望通りにシフトを組もうとしても、人手が足りない日が出てくるので、希望通りに行かない人も出てくるのは仕方がありません。

そんな時に第2希望があればシフトの組みやすいので、自分の希望に近い休みをもらうことができるはずです。

メールで休みの希望を送るなら理由も添えて送ると通りやすい

メールで自分の休みの希望を送る時には、理由を添えて送ると通りやすくなります。

週に2日の休みが欲しいと思った時には、単純に休みの希望の日にちを送ります。

どんなに働きたくても労働基準法によって働く上限が決められているので、休みの日の希望がなくてもとりあえず休みたい日を送らなければなりません。

自分が用事がない休みの時にはシフトがチェンジになってもいいですが、用事があったりどうしても休みが欲しい時には、理由を添えて送ると良いでしょう。

理由によっては優先的に休みをもらうことができますし、他の休みのシフトは変わっても大丈夫だと伝えておけば、担当者もシフトを作りやすくなります。

シフトを考える担当者にとってどの休みも同じなので、お店の状況によってシフトを変えることになります。

その時予定が明確になっている人は変えたら申し訳ないと思うので、他の人のシフトを変更して対応してくれることを期待できます。

連休を希望するなら早めにメールを送る

休みの希望をメールする時に、連休や忙しい時期に休みが欲しいと思うと、なかなか連絡しにくくなります。

お店が忙しいと分かっているのに休みをもらうのは心苦しいですし、連休が欲しいと言えば他の人が代わりに出ることになります。

どちらにしても自分の休みのよってお店の人やバイトの仲間に迷惑をかけてしまうと思ってしまうため、なかなか連休の休みを言い出せなくなってしまいます。

しかし休みの連絡が遅くなるほど余計対応する時間が少なくなるので、迷惑をかけることになってしまいます。

休みの希望は伝えるだけなら何も問題はないですし、シフト担当は何とかやりくりするのも仕事のひとつです。

連休希望が難しそうでも早めに連絡をしておけば、対応してもらう可能性も高くなります。

逆に言えば遅くなるほど休みの希望も通りにくくなるので、できるだけ早くメールを送りましょう。

休みの希望はあくまでも通れば嬉しいと低姿勢で送る

自分が休みをもらう権利はありますが、あくまでも低姿勢で休みの希望を出すようにしましょう。

いくら休む権利があるからといっても、自分の希望ばかりを通そうとすれば他の人の希望が通らなくなります。

バイトは自分だけでなく他の人とのシフトの兼ね合いもあるので、できるだけ休みの希望を通すように担当者も頑張っているはずです。

しかし自分の休みのことばかり言うようなバイトには、協力したくないと思うのは心情でしょう。

バイトを一生懸命やって低姿勢な人の方が、希望が合った時には何とか通してあげたいと思うものです。

自分の休みの権利だけを主張するのではなく、協調性を持つことが大切なので、あくまでも休みの希望をお願いする時は、通れば嬉しいという姿勢でお願いしましょう。

どうしても休みが欲しいと思った時に優先的に休ませてくれる可能性もあるので、普段からお店には協力体制を見せておくことも大切です。

 - 業務に関するお悩み