仕事のお悩み解決所

公務員の仕事内容とは?土木の仕事と給料について

2017.9.13

土木関連の仕事内容としては、私たちの身近な道路の整備などを行っているイメージがありますが、公務員も同じように仕事をしているのでしょうか。

公務員と民間業者との仕事内容の違いや、給料についての違いなどを知ることで、土木をもっと身近に感じることができます。

そこで土木公務員の仕事内容について紹介したいと思います。


土木の公務員の仕事内容は交通インフラの整備

土木関連の公務員の仕事内容としては、自分たちの身近な仕事をしていてもあまり気づかないことも多いです。

私たちが身近に感じる土木関連の仕事としては、インフラ整備が最も身近に感じ、かつ便利に活用している部分が多いです。

インフラ整備は道路を作ったり、メンテナンスをして私たちが安心して生活しやすい基盤を作っています。

道路の整備に関しては田舎に行くほどまだまだしっかりと整備されていませんし、補修も必要な部分がたくさんあります。

特に道路が整備されていない部分に関しては、できるだけ早くインフラ整備をすることによって、地域活性化にも役立てることができます。

基本的には国からのインフラ整備に関しては入札を行い、民間業者に仕事を振ることも多いです。

その仲介や立ち合い、契約内容の確認などを公務員が行うことによって、契約通りの仕事をしてもらうための橋渡しの役割も担っています。

土木公務員の仕事内容としては災害対策の環境整備も

土木関連の公務員の仕事内容で重要なことは、いつ起こるか分からない災害対策も公務員の仕事のひとつです。

日本は災害大国でもあり、地震が多い国なのでしっかりと対策することが必要とされています。

その他の災害としては台風による被害の川の氾濫なども、あらかじめ予想して災害対策を立てる必要があります。

災害を防ぐための環境づくりや、都市計画をすることも公務員の仕事となっています。

都市計画を立てる時に災害に強い環境を整えることはとても重要で、度々災害による被害を受けてしまうようでは、なかなか発展することはできません。

自然災害に対応するためには事前の災害対策が必要不可欠なので、これは民間にはできない先行投資が必要となります。

災害対策として特に川の氾濫による被害は甚大で、しっかりと対策を立てれば防ぐことができる災害のひとつです。

公務員の仕事は今だけでなく、将来を見越した仕事内容も含まれているので重要な作業となります。

給料は土木公務員は高くないが仕事内容を考えると安定している

土木関連の仕事内容はとても重要性の高い物ばかりですが、公務員なので民間企業に比べると給料は低く抑えられています。

これは民間企業は景気に左右されることが多く、土木の仕事は建物を建てる時の仕事などが中心となります。

道路や造園など国や県からの仕事では競売になりますが、比較的景気に左右されずに安定した仕事をすることができます。

しかし建物関連の土木の仕事の方値段は高いので、景気が良くなるほど給料もアップしやすくなります。

公務員は景気に左右されることはないので、常に安定した旧慮額となります。

しかし民間企業のように景気が悪いと仕事がなくなってしまい、収入が減ってしまうことはないので、給料は高くなくても安定した給料をもらうことができます。

公務員の仕事の方が常に安定していますし、仕事はやりがいがあるので生涯を通じて仕事に向き合うことができます。

土木の仕事はインフラ整備など身近で重要な仕事が多い

私たちが普段使っている道路などのインフラは、土木関連の人たちの仕事によって整備されています。

公務員の仕事が常に安定しているのは、それだけインフラ整備が追いつかないくらいにあるので、安定して仕事を続けることができるということでもあります。

仕事内容としては重要性が高い仕事も多く、災害を防ぐための対策をしたり、実際に災害に遭った道路の修復作業を行うことになります。

インフラ整備が行き届いているからこそ、安心して便利に生活することができるので、土木関連の公務員の仕事内容はとても身近な存在と言えます。

しかし普段は私たちの目に触れる機会も少ないですが、いろいろな場所でインフラ整備を行っています。

国民の生活に密着した仕事としてやりがいもあるので、土木の仕事が好きな人にとっては、生涯を通じてやりがいを持って仕事に就くことができるでしょう。

安定した収入が得られるが民間とどちらを選ぶか悩むことも多い

土木関連の仕事は民間でも公務員でも同じように感じますが、実際の仕事内容や給料に関して違うことも多いです。

仕事内容に関しては災害対策など公務員ならではの仕事があるので、国民にとって重要度の高い仕事をすることも多いです。

土木関連の仕事と言えばインフラ整備がメインとなるので、国民の生活に貢献したいと思うなら公務員の方がおすすめです。

民間の仕事は景気に左右されることが多く、仕事を受注できなければ給料が下がってしまうこともあるので、時には不安定な仕事となります。

公務員ならば給料額はそれほど多くなくても、常に仕事はあるので民間企業のように景気に左右されることなく、安定した生活を送ることができます。

民間と公務員では土木の仕事内容は似て非なる物も多いので、仕事内容をしっかりと見極めてから、どちらの土木関連の仕事に就くかを決めるのも大切です。

 - 業務に関するお悩み