仕事のお悩み解決所

胃腸炎と診断された!バイトが飲食店の時に取るべき行動

2017.9.20

飲食店でバイトをしている時に自分が胃腸炎だと診断されてしまった時は、お店にも迷惑が掛かってしまうとすぐに思うでしょう。

飲食店で食中毒事件が起きてしまうと、お店の信用がガタ落ちになってしまうので、自分のせいでそんなことにはさせたくありません。

そこで胃腸炎だと診断された時に、飲食店のバイトとして取るべき行動について紹介します。


飲食店のバイトで胃腸炎になったらすぐに上司に報告する

飲食店でバイトをしている時に体調がすぐれなくて診察をしてもらった時に、胃腸炎だと診断されればすぐに上司に報告しましょう。

胃腸炎の特徴としては吐き気や下痢などの症状がありますし、食中毒によって胃腸炎の症状が出ることもあります。

飲食店で一番問題になることが、食中毒によるお店への大ダメージです。

自分が胃腸炎になったのはお店とは関係ない場所かもしれませんが、お店は不特定多数の人が出入りするので、誰がウイルスや感染源を持っているか分かりません。

そのため体調が悪くて診断してもらった時に、胃腸炎であればすぐに連絡をして対策してもらいましょう。

食中毒などの被害を防ぐとともに、潜伏期間なども考慮しておかなければならないからです。

自分は体を治すことを重視して、後は上司に報告して対応してもらいましょう。

飲食店で働くなら食中毒の恐ろしさを知っておくことは大切です。

胃腸炎ではバイトができないので飲食店としも数日は休ませる

自分が胃腸炎だと診断されてしまった時には、お店を数日間はやすまなければなりません。

飲食店にとって食中毒を未然に防ぐことは大切ですが、胃腸炎の感染源がお店からの可能性も否定できません。

バイトにとって働けないのは辛いところですが、胃腸炎による細菌やウイルス感染に関しては、3日程度潜伏することもあります。

そのため胃腸炎と診断されてから、完全に治って出勤するでは、1週間程度は休まなければなりません。

自分では体調が治ったと思っていても、自分は抗体ができているのでウイルスがいても元気なままです。

自分が元気でもウイルスの潜伏期間もあるので、完治したと思ってからも2~3日は安静にしておいた方がいいでしょう。

胃腸炎の症状は本人にしか苦しみは分からないので、できるだけ感染しないように予防することが大切です。

飲食店のバイトで胃腸炎の人がいたらすべてを消毒する

胃腸炎と診断されてからすぐにやるべきことは、これ以上被害を拡大させないことです。

飲食店でバイトをしていると食べ物に触る機会も多いので、お客さんに食中毒の原因となるウイルスを与えてしまう可能性もあります。

自分が体調不良で胃腸炎だと診断された時には、潜伏期間もあるので、バイトをしていた時にウイルスをまき散らしていた可能性が高いです。

そのためすぐにでも上司に報告するこが大切ですす、お店の中の消毒やスタッフ全員の検査も必要でしょう。

胃腸炎は人から人へと感染させてしまうので、飲食店では特に食中毒などで感染させてしまう恐れもあります。

潜伏期間中にウイルスに触れている可能性を考えると、お店の中の消毒だけでなく、全員の検査も必要とされます。

胃腸炎は感染経路が分かりにくいですが、普段からウイルス対策をバイトや社員に教育することが大切です。

感染経路を特定するために自分の行動をメモっておく

飲食店でバイトをしている時に怖いのは、胃腸炎などのウイルスや細菌を拡大させてしまう恐れがあることです。

感染経路はいろいろありますが、自分が食べ物から胃腸炎に感性んしてしまった可能性が高いでしょう。

胃腸炎の特徴としては激しい吐き気や腹痛の襲われることもありますし、食中毒の症状が酷ければ救急車のお世話になることもあるでしょう。

胃腸炎は潜伏期間があるので、自分の行動についてチェックされることもあります。

潜伏期間は3日程度までが多いので、自分の過去3日間に何を食べたのか、どこに行ったのかをメモっておきましょう。

特に食べ物に関しては自分以外にも胃腸炎の症状を発症している可能性もあるので、自分の働く飲食店だけでなく他のお店への被害拡大も防がなければなりません。

すぐにでも対応できるように自分の行動について思い出しておきましょう。

医師の診断に従って安静にしている

自分が胃腸炎に感染して診察をしてもらっている時は、一番症状が辛い時の可能性が高いです。

吐き気や下痢などの症状が酷くて、我慢できないほどの症状なので、病院に行って診察してもらったのでしょう。

飲食店でバイトをしている時は、すぐにでも上司に報告する義務があります。

もしも自分の体内で潜伏中の胃腸炎のウイルスがいれば、ほぼ確実にお店にもウイルスをまき散らしてしていることになります。

自分が感染源でないにしても、自分以外に感染者がいなければ、自分がお店にとっての感染源になってしまうので注意しましょう。

また自分の体調を管理することも大切なので、自分で治ったと思ってから3日程度は安静にしておきましょう。

ウイルスには潜伏期間がありますし、自分は抗体ができたので症状が軽かったり出ないこともあります。

自分判断でバイトをしてしまうと、二次感染の恐れもあるので医師に診断に従って安静にして、完治させてから出勤することが大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み