仕事のお悩み解決所

酒の飲み過ぎ!会社で失敗してしまった時の対処法!

2017.9.20

ついつい会社の酒の席で飲み過ぎて失敗してしまった。
酒を飲む人なら経験したことがあるかもしれません。

失敗と言っても色々あると思いますが飲み過ぎで記憶がないと、周りの人に何かしてしまったかもしれない、何か暴言を言ってしまったかもしれないなどと心配で仕方がないと思います。

まして、会社の飲み会での失敗となると、同僚だけでなく上司がいるかもしれません。

そんな失敗を1度だけなら言い訳出来るかもしれませんが、何度ともなると周りから呆れられてしまうかもしれません。

酒の席で失敗して、会社で迷惑かけたくないあなたへ対処法教えます。

会社の飲み会!酒でどんな失敗したか思い出してみましょう!

会社の酒の席と言えば色々あると思います。
歓迎会、送別会、忘年会、新年会など部署毎での集まりだったり、他部署の人も交えての席だったりするのではないでしょうか。

また、社内の人だけでなく、お客様が来たときの接待などもあるのではないでしょうか。
お客様を接待している酒の席での失敗は会社として迷惑をかけてしまいます。

あなたは今までどんな失敗をしてしまったのでしょうか。
朝起きたけど酒の席での記憶が全くないなど、覚えていないのは大変怖いですね。
2度と同じ失敗を繰り返さないようにするためにも、聞いておいたほうがよいと思います。
そして、そうならないようにするために、あなたがこれからどう対応すべきかが分かるのではないでしょうか。

酒の飲み過ぎで失敗してしまうから、会社では飲み会などに参加できないのではなく、失敗しないための対処法を考えて、付き合いが悪いなどと思われないようにした方がよいと思います。
会社では、酒によるコミュニケーションはとても大切です。

酒の飲み過ぎで失敗したと思ったら会社でとりあえず謝って!

記憶がないということは、かなり酒を飲み過ぎたのではないかと心配になります。
まして、会社の飲み会で前に失敗していたのであれば、また同じ事をしてしまったのかと不安ではないでしょうか。

あなたは迷惑かけていなかったか、失敗しなかったか聞きたいけどすぐに聞くことができないような時、まずは謝ってみたらどうでしょう。

一緒に参加していた人は分かると思いますので、会ったときに『昨日は飲み過ぎたみたいで迷惑かけなかったでしょうか』などと言ってみたら相手も何かしら答えてくれるのではないでしょうか。
先にあなたから言うことで、その人には迷惑かけていないかもしれませんが、別の人に迷惑かけていたかもしれません。

その時はきっと教えてくれるのではないでしょうか。
失敗を繰り返さないようにするのが一番よいですが、ついつい飲み過ぎてしまったりする可能性はあると思いますので、先にあなたから言ってみましょう。
もしそれで、何も失敗していなかったらそれはそれで良いことです。

会社で酒による失敗をしない為にコントロールを頼みましょう!

飲み会の席で、酒の量をコントロールできないから失敗して、会社の人に迷惑をかけてしまうのではないでしょうか。

今まで失敗してきたのに、すぐに自分だけで酒の量をコントロールできるものではないと思います。
ですから、同僚でもよいですしあなたが信頼している人に飲み過ぎないようにコントロールしてもらうようにお願いしておきましょう。

最初は、人の手助けが必要かもしれませんが、数を重ねる毎に自分でコントロールできるようになるでしょう。

会社で酒による失敗をし過ぎてしまい、あなたに対する悪い噂がたったりする前に対処することが大切です。
何事も早いに越したことはありません。

お願いする人は、あなたがどのくらい飲んだら失敗してしまうか知っている人がよいでしょう。
また、無理に飲もうとしたり、飲まされそうになったりしたときに、あなたを止められる人がよいのではないでしょうか。

いくらコントロールしてほしいとお願いしていて、酒の量はコントロールしていたとしても、飲み方によっては少ない量でも失敗してしまうことがあると思います。
ですから、無理な飲み方をさせないように抑制できる人です。

酒を飲まない時をつくってみるのもよいでしょう。!

会社の飲み会だから、懇親会だからと言って毎回飲まなくてもよいのではないでしょうか。
たまには、酒を飲まないで食べることに専念してみるのも良いかもしれません。

酒を飲んでしまうとなかなか食事を食べなかったりしてしまうので、今回はアルコールを飲まないようにしようと決めて、食事を楽しむこともよいのではないでしょうか。

今までは、飲むことばかりに一生懸命だったかもしれませんが、食事を楽しめるようになってくると自然と飲む回数も減ってくるかもしれません。

また、飲んだとしても食事をきちんと楽しみたいという思いから、飲む量も減ってきたりすると思います。

全く飲まないというのは無理ですが、あなたがストレスがたまらない程度にしてみたらよいと思います。
酒の量が減ることで、体調もよくなるかもしれませんし、何にせよ会社で迷惑をかけること、失敗することがなくなるのであれば一石二鳥ではないでしょうか。

長続きさせるコツは、まずはあなたが好きな食べ物の時に始めてみたらどうでしょうか。
好きな食べ物であれば、食欲の方が勝つ可能性が高いからです。
もし、最初から全く飲まないのが無理であれば、飲むペースを遅くしてみたりして、まずは料理から手をつけてみるなど、工夫してみたらよいのではと思います。

会社でもプライベートでも酒は楽しく飲みましょう!

酒は飲むと気分がよくなるから、飲み過ぎてしまうのです。
でも、適度にしないとせっかく楽しめる酒の席も楽しめなくなってしまいます。
今までのあなた自身の教訓を活かして楽しく過ごすように心掛けましょう。

最初は、色々と我慢などをしなければならないかもしれませんが、きっとすぐに慣れると思います。
もしかしたら、酒の量を減らすようにコントロールしたり、休肝日を作るなどしたりする事で、体調がよくなったり、皮膚がよくなったり、色々と相乗効果が出てくると思います。

今まで酒の飲み過ぎで失敗して迷惑をかけていた、会社の同僚や上司からも喜びの声が聞こえてくると思います。
そして、失敗するからなどと認識されているあなたを誘わないようにしていた事があるかもしれませんが、逆に誘われる回数が増えてくるのではないかと思います。

いずれにせよ、身体的にも対外的にもよい方向へ向かっていくことは間違いないと思います。

 - 社内での行事・イベントに関するお悩み