仕事のお悩み解決所

公務員を目指す時に大学の成績はあまり気にしなくていい理由とは

2017.9.28

公務員を目指す人にとっては大学の成績がどんな影響を及ぼすのか、採用試験まで不安に思いながら過ごすことになるでしょう。

確かに成績は優秀な方がいいですが、公務員の仕事によって基礎能力は違うので、業種によってはあまり気にしなくてもいいでしょう。

そこで公務員を目指す時に大学の成績を気にしなくていい理由について紹介します。


公務員志望では大学での成績証明書が必要

公務員になるために大学での成績をアップさせようと思っているのであれば、業種によって状況は変わると言えるでしょう。

教員のような教える立場であれば、基地知識は必要不可欠ですし、教員採用試験にも合格しなければなりません。

教員と言っても教える学年にもよりますが、高校生に教えるとなればかなりの勉強は必要となります。

しかし市役所などの公務員を目指すのであれば、一般常識などの筆記試験と面接に合格すれば、公務員になることはできます。

一般常識はある程度の常識と知識が必要なので、大学の成績は関係ないと言えます。

しかし面接時では大学在学時に受けることが多いので、成績証明書を提出することもあります。

あくまでも大学をしっかりと卒業できる見込みがあるかをチェックするので、成績が悪くてもしかりと卒業できれば問題ないと言えるでしょう。

公務員試験では大学の成績が悪いので不採用とはならないはず

大学の成績はあくまでもその人の基礎知識を計るものなので、公務員になる時に大学の成績によって不採用になることはないでしょう。

成績で公務員を不採用にしてしまえば、東大生はどの公務員にもなることができるはずです。

大学卒業資格が条件の公務員であれば、下のランクの大学生は公務員になることができなくなってしまいます。

あくまでも大学生としてしっかりと卒業できる学力は最低限必要なので、優秀な成績でなくても採用してもらうことはできます。

そもそも公務員の試験は学力だけで採用している訳ではないので、成績はその業種によって違うと言えるでしょう。

教員ならば教育への情熱がなければいけませんし、警察や消防ならば知識と体力が必要な仕事となります。

公務員と言っても多岐に渡るので、自分が就きたい公務員の仕事の受験資格を満たせれば、後は筆記や面接での勝負となります。

大学の成績は関係ないが公務員も優秀な人材が欲しいと思っている

公務員になるにはそれぞれの採用試験をクリアしなければいけないので、大学の成績よりも採用試験の結果が重要と言えます。

そのため大学の成績がいくら優秀でも、採用試験で悪い成績ならば不採用となってしまいます。

大学の成績はあくまでも学力があることを証明するためのもので、学力が高いから公務員に慣れるとは限りません。

公務員の仕事にもいろいろ種類があるので、自分が就きたい仕事の受験資格を満たしていれば、どんなに成績が悪くても受験することはできます。

そのため公務員採用試験での筆記や面接がとても重要になってくるので、大学の成績が良いから考慮することはないでしょう。

あくまでも大学の成績は評価基準のひとつでしかないので、成績が優秀だからと言って公務員になれるとは限りません。

ただ筆記試験では高得点を取りやすいので、勉強して優位に立てるのは間違いありません。

大学の成績も大切だが人間性を問われることが多い

公務員試験には筆記試験の他に面接もあるので、人間性を磨くことも大切です。

人間性は大学の成績とはまったく関係のないものなので、大学の成績がいくら良くても人間性が悪ければ不採用になってしまうでしょう。

公務員は我を捨てて国のために働いたり、公共性の高い仕事に就くので、地道にコツコツ働くタイプの人がおすすめです。

しかし協調性がなかったり落ち着きのない態度であれば、いつか我が出てしまったりトラブルを起こしてしまう可能性もあります。

大学の成績は頑張ればどうにかなる可能性はありますが、人間性は昨日今日で身につくものではありません。

そのため普段から献身的で人に気を遣ったりすることができれば、一緒に働きやすいと思ってくれるでしょ。

公務員は協調性がある人が向いていうrので、勉強だけでなく他にも大切なことを自分で探して磨くことも大切です。

成績は基礎知識を計るものなので人間性を磨くことが大事

大学の成績を重視するのは専門知識を必要とする分野が多く、公務員に関しては成績を重視することはありません。

協調性を持って人のために献身的になれる人が、公務員には向いていると言えます。

そのためいくら大学の成績をアップさせようとも、協調性や献身的な気持ちがなければ、採用試験では不合格となってしまう可能性も高いです。

大学の成績はあくまで基礎知識がどれくらいあるかを計るものなので、分からなくても公務員になることはできますし、優秀でなくても公務員になる道はあります。

自分の知識を高めるために成績アップを目指すことは大切なことですが、それが公務員の採用とは直接結びつくことはありません。

ただ試験である以上は優秀な成績を取りたいですし、面接でのテクニックも磨いてく公務員になりたいでものです。

大学の成績はあくまでも評価のひとつなので、それほど気にすることもないので、人間性を磨いて熱い気持ちを持って公務員試験に挑みましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み