仕事のお悩み解決所

スナック経営はどうすればいい?儲かる仕組みを作るために考える事

2017.9.28

スナックを経営することになった時には、いかにして儲かる仕組みを確立するかが大切なことです。

小さなスナックを経営するならママとして働き、常連客を多く作ることが商売の基本ですが、その他にも儲かる仕組みを作るには大切なことがたくさんあります。

そこでスナックを経営する時に考えておきたいことについて紹介します。


スナック経営で儲かる仕組みは原価を安くする

スナックを一人でやり繰りして経営していくには、いかにして原価を安くするかが儲かる仕組みを作る上でも大切なことです。

スナックで飲む人は安くて居心地の良いお店だからこそ来てくれるので、できるだけ安くすることがお客さんを呼ぶための秘訣です。

しかしいくら安くすればお客さんが来るからと言っても、儲けがなければ意味がありません。

薄利多売の商売と同じように、少ない原価で安く提供することが長く続けるための秘訣です。

そのためにはまず取引業者との関係性が大切なので、信頼関係をしっかりと結んでおきましょう。

長い付き合いになればある程度はおまけをしてくれることもありますし、支払いが厳しい時はツケにしてくれる可能性もあります。

お互いが助け合っているという気持ちがあれば、業者と仲良くやっていくこともできるので、安く仕入れることができるかもしれません。

スナックで儲かる経営を考える時はお店の雰囲気作りが大切

スナックを始める前にお店の雰囲気を決めておくことは大切ですが、お店に雰囲気によって儲かるかどうかも決まってきます。

経営する時にはスナックのお店のコンセプトを決めておくことで、お客さんにどんな雰囲気のお店なのかをはっきりと提供できます。

飲み屋の種類はいろいろありますが、居酒屋やキャバクラではなく、わざわざスナックのお店に来てくれる人に合ったコンセプトのお店を作ることが大切です。

そのため自分がママとなって経営するので、お店の雰囲気も自分のコンセプト通りに作ることができるはずです。

若い女性スタッフを雇うのもいいですが、ママとゆっくりと話をしたいという常連さんには合わないでしょう。

まずはお店のコンセプトをしっかりと決めることで、そのお店を気に入ってくれる常連さんを作ることが大切です。

スナック経営は常連さんがいて商売が成り立つので、お店の雰囲気づくりをしっかりと決めておきましょう。

スナックで儲かる経営のカラクリは持ち家で経営する

お店を経営する時には大抵の人が賃貸契約をして、毎月家賃を払う形で商売をしている人が多いです。

そのため経営をする時には家賃や人件費の固定費が大きな割合をしめるので、売り上げが悪い時には経営を圧迫してしまいます。

スナックがお客さんが少なくても儲かる仕組みを作るには、自分の持ち家としてお店を建てて、家賃を払わない仕組みを作ることもおすすめです。

家賃がなければその分売り上げも少なくて済みますし、一人でママとしてスナックをやっていれば十分儲かります。

常連さんが少なくても1日数万円の利益があれば、酒代、水道光熱費、食べ物などの費用を引いても、十分やっていくことができます。

ちょっと忙しくなればスタッフ1人を雇うこともできるので、いかにして固定費を安くするかが経営にとっては大切なことです。

持ち家ならば家賃もなく、自分の人件費を他に一時的に回すことができるので、やり繰りをすれば営業していくことは可能です。

固定客をいかに掴むかが儲けの仕組みの原則

スナック経営で儲かる仕組みを作るには、いかにして常連客を作るかが重要なことです。

常連客は週に3回ほど来てくれるだけでも、数千円の見込み売り上げが期待できます。

そのため何人もの常連客がいてくれるだけで、毎週の売り上げ目標をクリアすることができるのです。

時には新規のお客さんも来てくれますし、常連客が新しいお客さんを連れてきてくれることもあるでしょう。

お客さんに安いお店で毎日でも来たいと思えるようなお店になれば、安定した売り上げを上げることができます。

スナックでは客単価は低いかもしれませんが、それでも一定のお客さんが来てくれるだけで営業できるようになっています。

そのため少しの売り上げでもいいので常連客が来てくれる方が嬉しいので、いかにして常連客を掴むかが経営には重要なことです。

小さなお店では10人の常連客を作るのも大変ですが、この常連さんをいかにして増やすかがスナックを続ける上では大切なことです。

スナックは人の魅力で固定客を引き付けることが大事

スナックを一人で経営していくには、自分がママとしてお客さんの相手をしなければなりません。

つまりお客さんはママの魅力や人柄を見ながら、お店の雰囲気を感じてまた来たいと思うようになります。

水商売をする時にはお酒を飲みながら会話を楽しむことが目的ですが、お店によって形態は違っています。

居酒屋ならばお客さん同士が会話を楽しみ、キャバクラならば若い女性との疑似恋愛が目的です。

スナックはママの魅力がなければ会話も成立しませんし、数名のお客さんを一人で相手にしなければなりません。

そのためお客さん同士も仲良くなりますし、全員が一体となって楽しめる雰囲気をママが作ることが大切です。

儲かる仕組みを作るには常連さんを自分の魅力で引き付けるかが大切なので、お店の装飾や内装に凝るよりも、自分が魅力的にならなければなりません。

スナックは年齢を重ねてからもママの魅力でやっていくことができるお店なので、自分の魅力を高めていつまでも経営していけるように願っています。

 - 職種に関するお悩み