仕事のお悩み解決所

教員採用試験の面接で失敗する人の特徴と対策

2017.9.28

教員採用試験も2次試験になると面接での対応になりますが、いくら試験ができたとしても、面接で失敗する人も多いです。

面接では当然緊張しますが、これから教員となれば生徒の前で堂々と授業をしなければならないので、面接での態度はとても重要となります。

そこで教員採用試験の面接で失敗する人の特徴と対策について紹介します。


教員採用試験の面接で失敗する人は表情の作り方が上手でない

教員採用試験の面接で失敗する人の特徴としては、表情の作り方や話し方があまり得意でないと受かりにくいかもしれません。

話し方によって相手が聞きやすかったり、表情をみればどんなことを考えているかを予測することもできます。

そのため先生になれば表情豊かに話、生徒には分かりやすく説明をしなければなりません。

表現力が豊かでなければ生徒は分かりにくいので、いくら授業で説明をしても理解してくれないでしょう。

生徒を何十人と一度に教えなければいけないので、誰にでも分かりやすく伝えることが大切です。

そのためには声の出し方から表現力を豊かに話すなど、話し方に工夫がなければなりません。

自分が思った通りのことを早口で話してしまったり、論理的に話す口調では生徒には伝わりにくいです。

そのため面接では授業を想定して話を聞いているので、話し方や表情の作り方も勉強する必要があります。

教育への想いが伝わらなければ教員採用試験の面接で失敗する

先生になりたいという気持ちを強く持っていないと、教員採用試験では合格することは難しいでしょう。

安定した収入を得るために公務員になりたいので、教師を選んだという人もいますが、面接では教育に情熱がなければ失敗に終わる可能性が高いです。

理由とすれば生徒にとって教師は正しい道へ導いてくれる存在であるので、情熱のない先生に教わってしまうと生徒が可哀そうだからです。

青春期の大切な時期に適当に教師をやっているような先生だと、生徒にとっては大きなマイナスとなってしまいます。

人生においても学校での経験は、その後の人生にも大きく影響していくものです。

そんため教員採用試験の面接では、教育への熱い思いが伝わらなければ採用には届かないでしょう。

教員採用試験には多くの人が挑みますが、教育に熱心に取り組みたいと思っている人もたくさんいます。

そういった先生に教わった方が生徒も幸せなので、熱意が伝わらなければ面接の時点で失敗してしまいます。

教員採用試験の面接で失敗する人は落ち着きや自信がない

先生として教壇の上に立った時に、落ち着きのない素振り見せれば生徒も気になって授業に集中できません。

教員採用試験の面接で失敗する人は緊張からか、落ち着きがなかったり自信がない素振りをすることも多いです。

誰もが自信を持って挑んでいる訳ではありませんが、自信のない態度は相手も不安になってしまいます。

特に生徒は先生が不安であれば敏感に感じ取ってしまうので、授業に集中することもできなくなります。

また生徒も高校生になると至極まっとうな意見を言ってくるので、応えられないと自信をなくしてしまうでしょう。

高校生になると自信のない先生には容赦はしませんし、授業をまともに受けてくればければさらに自信をなくしてしまうでしょう。

落ち着きや自信のなさは生徒にも敏感に感じ取るので、面接での緊張した場面でも堂々とした態度でなければなりません。

謙虚さや向上心を前面にアピールすることが大事

教員採用試験の面接で失敗する人は自信を持って挑むことは大切ですが、謙虚さや向上心がないのも失敗に終わってしまうでしょう。

生徒の前で授業を行う時は自信を持った態度で臨まなければなりませんが、逆に自信があり過ぎると生徒からは不満に思われてしまうでしょう。

先生と生徒が良い関係性を築くためには、生徒を一人の人として真摯に対応することが大切なので、自信を持ったり上から目線で接することではありません。

謙虚な姿勢は生徒も接しやすいですし、より授業を分かりやすくしたりしようと向上心を持っていることが大切です。

そのため面接でも謙虚な姿勢や向上心があることをアピールすることは大切で、決して自信を持つだけが成功への道ではありません。

先生はそれぞれ特徴があっていいので、自分が生徒と向き合えるという気持ちをしっかりと持つことが大切です。

そのためには謙虚な気持ちを持ちながら、生徒のために向上心を持って教育に向かって行く姿勢をアピールしましょう。

子供が安心して授業が受けられるかがポイント

教員採用試験の面接で重視しているのは、子供が安心して授業が受けられるかをチェックしています。

面接で失敗する人の中にはやはり緊張をしてしまい、自信のない態度をとってしまったり、落ち着きのない態度をとってしまうことも多いです。

もし先生の立場になって生徒から何か言われた時に、しっかりと答えられずに自信のない態度をとってしまえば、生徒からの信頼も失ってしまうでしょう。

しかも落ち着きのない態度をとるような先生には、悩み事などを相談することもできないので、生徒からの信頼を得ることはできません。

生徒は先生のことを良く見ているので、自信のないような態度をすればすぐに信頼できないと判断してしまいます。

面接で緊張した状態でも、しっかりと落ち着いて発言できるようでなければ、何十人という生徒の前で落ち着いて授業をすることは難しいでしょう。

筆記試験だけでなく面接では細かな態度や表情までチェックしているので、先生になれるように自信を持って面接に臨みましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み