仕事のお悩み解決所

社会人としてのマナーは?不採用の電話の受け方とは

2017.10.4

会社に面接に行ってから採用の連絡を受けるまでは不安でいっぱいですが、残念ながら自分の想いとは違って不採用の連絡が来ることもあります。

電話で後日連絡をしてくれる会社が多いですが、この時の電話の受け方も社会人としてのマナーが試されます。

そこで不採用の電話が掛かってきた時の電話の受け方について紹介したいと思います。


不採用の電話の受け方は真摯な態度で受ける

会社からの電話の受け方は、社会人としてのマナーが試されます。

不採用の電話であっても最後まで真摯に対応することがマナーなので、ふてくされたり逆切れをして文句を言うようなことのないようにしましょう。

誰もが採用されたいと願って面接を受けにいっていますが、当然不採用になる人もいます。

自分が不採用になったからと言ってあからさまに態度が急変するのであれば、まだ精神的に子供の可能性があります。

社会に出て働くことは大人にならなければいけないので、自分の意に沿わないこともこれから多々起こります。

その時に自分が不採用になったからといって態度を変えてしまっては、自分自身が社会人としてのマナーを身につけることができなくなってしまいます。

不採用の電話が掛かってきた時には、真摯な態度で受けることが大切ですし、結果を受け止めて次を頑張る気持ちを持つことが大切です。

不採用の電話の受け方が良ければチャンスがあるかもしれない

会社から不採用の電話が掛かってきた時に良い印象を与えれば、チャンスが広がるかもしれません。

不採用の電話をするのは会社側としてもあまり気が進まないですし、必ずしも完全にダメだから不採用にしているとは限りません。

残念ながら惜しくも不採用になってしまった時に電話の受け方が良ければ、代わりに系列の会社を紹介してくれることもあるかもしれません。

会社とすれば採用人数は限られていますが、少しでも優秀な人材を確保したい気持ちはいつでも持っています。

そのため採用してもいいレベルなのに人数制限によって不採用となっていれば、不採用にするには惜しいと思うはずです。

優秀な人材が他の会社に行ってしまうよりも、自分の系列の会社に入れた方が得だと考えれば、もう一度チャンスをもらえるかもしれません。

電話の受け方ひとつで印象は大きく変わるので、いつでも真摯に対応することを意識しましょう。

気持ちを整理するためにも不採用の電話の受け方をしっかりする

不採用の電話の受け方としては、その場ではっきりと事実を受け取る覚悟が必要です。

どうしても会社に入社したいと思っていても、会社によって採用基準がありますし、自分以外にも優秀な人材が応募しているはずです。

不採用の電話を受けた時に自分では手ごたえを感じていたり、どうしても入りたいという気持ちが強いと、不採用の連絡を受け入れることができなくなってしまいます。

納得できずにその場ですぐに不採用の理由を聞いてしまうかもしれませんが、当然ながら本当の理由については教えてもらうことはできないでしょう。

しかも連絡してくる相手が採用を決めているとは限らないので、不採用の理由を聞いても無駄です。

合格する人もいれば不採用になる人がいて当然なので、自分で事実を受け止めて、次に進むことが大切です。

電話で不採用の連絡を受けた瞬間、気持ちを整理して素直に対応しましょう。

電話を受ける時は社会人として丁寧な言葉遣いを意識する

電話の受け方は社会人としてのマナーが試されるので、会社から不採用の連絡を受けた時にも丁寧な言葉を意識しましょう。

ほとんどの人が携帯電話を持つ時代となっているので、電話のやり取りには自信がある人も多いかもしれません。

しかし社会人としての電話のマナーが本当にできているかは、多くの人が疑問ですし自信はないでしょう。

会社から連絡を受けた時には当然敬語や丁寧な言葉で話をしますし、担当者と仲良くなっていたとしても友達ではないことを理解しましょう。

不採用の連絡を受けた後も感情のままに話をするのではなく、常に丁寧な言葉を意識して話すことが大切です。

気が緩んでしまうとついタメ口や友達口調になってしまうので、仕事の電話だとすれば会社の顔に泥を塗ることになります。

不採用にして良かったと思われないようにするためにも、最期まで丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

自分を成長させるために必要なことだと受け入れる気持ちが必要

残念ながら会社から不採用の電話が掛かってきた時には、電話の受け方などあまり気にしていない人も多いでしょう。

不採用の事実にショックを受けてしまうので、電話のマナーを忘れてしまうこともあるからです。

しかし社会人としてはいつでも電話のマナーをしっかりすることは大切ですし、特に相手が仕事関係の人ならば尚更言葉遣いにも気を配らなければなりません。

普段から意識しておかないと、とっさの時に普段の口調やしゃべり方が出てしまうので、相手に対して失礼になります。

不採用の連絡を受けた時点で気が緩んでしまうので、言葉遣いも乱れてしまう可能性がありますが、相手は仕事関係の人なので最後まで丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

いつどこで関係があるか分かりませんし、不採用は自分にとっても成長できるチャンスだと思って、前向きに受け止めて次に進みましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み