仕事のお悩み解決所

退職届はいつ出す?退職理由が結婚の場合のタイミングと書き方

2017.10.4

結婚することになったので会社を退職しようと思った時に、退職届を渡すタイミングや理由は何を書けばいいか悩んでしまいます。

寿退社はめでたいことなので、できるだけ会社に迷惑を掛けずに辞めたいと思うからこそ悩んでしまいます。

そこで退職理由が結婚の時の退職届の書き方や渡すタイミングについて紹介したいと思います。


退職理由が結婚の場合は退職届を出す前に上司と退職日を相談する

退職届を出す前にまずは退職願を出すことが一般的ですが、この時できるだけ早くの上司に相談をしておきましょう。

結婚を理由に退職することはめでたいことなので、会社としても引き止めることなく、できるだけスムーズに退職させてあげたいと思います。

そのためには上司に相談をしておくことがおすすめで、退職願いを出す時に結婚するので辞めると伝えておきましょう。

退職と解けを出す時には退職日を決めておかなければいけませんが、必ずしも月末にたいしょくしなければいけないことはありません。

特に結婚などおめでたい理由であれば事情を考慮し、好きな時に退職させてもらえるかもしれません。

そのためには上司に相談をしておくことでスムーズに話が進むので、まずは上司への報告と相談を優先しておきましょう。

お世話になった上司に一番の報告すれば顔も立ちますし、最期までお世話になるので早めに伝えておくことがおすすめです。

退職届を出す理由が結婚の場合のポイント

退職する理由が結婚の場合には退職届よりも、まずは退職願を書くことになります。

退職願いの書き方については、いくつかのポイントを抑えておくことが大切です。

基本的には普通の退職届の書き方と同じですが、若干違うポイントがあるのでチェックしておきましょう。

書き出しは「私事」や「私儀」として、退職理由は「一身上の都合により」とします。

結婚を機に退職しますが、会社への退職願いには一般的な理由と同じようにした方がいいでしょう。

退職日に関しては上司と相談をして決めた日付として、届け出は退職願を出す当日にします。

宛名は社長の名前にして上司に退職願いを渡しましょう。

結婚が退職理由でも退職願に関しては一般的な理由として、上司と相談することによって退職日もスムーズに決めることができます。

会社にとっては結婚でもストレスでも辞めることには変わりないので、一般的な退職願とした方が無難です。

結婚が理由で退職届を出す時も内容は基本同じで良い

退職届を出す時には退職願と同じように、一般的な退職届の理由と同じで構わないでしょう。

退職届はこの日に退職することを宣言し、後から取り消すことができません。

寿退社はめでたいことなので、同じ部署内の人は退職を祝いたいと思うでしょう。

しかし自分で退職日などすべてを決めるのもいいですが、もし会社が忙しい時期であると祝いたくても祝えないこともあります。

せっかくめでたい理由で退職するのに、本人も周りの同僚もスッキリしない形での退職となってしまいます。

そのため退職願を出す時には上司と相談をしておくことで、退職日などを話し合っておくことができます。

上司主導で退職することができればスムーズなので、早めに相談をしておきましょう。

会社にとっては結婚を理由に退職することはめでたいことであり、人材が減って大変なことでもあります。

そのため退職届の退職理由も、一般的な理由と同じにした方がいいでしょう。

退職届を出すタイミングは退職願いを提出してから早い方が良い

退職届を出すタイミングに関しては、退職願いを提出してからなるべく早い時期に提出しても構わないでしょう。

スムーズな流れで退職するには、結婚を理由に退職することを上司に相談をします。

そして退職日を上司と相談をすれば、退職日は都合にいい日にすることができるでしょう。

結婚にはいろいろな段取りもあるので、会社としてもめでたいことなので融通も聞いてくれるはずです。

寿退社をすることになったことで自分は浮かれているので、仕事も身に入らないかもしれません。

そのため退職まで長く居るよりも、早く退職した方が逆にいい場合もあるのでしょう。

お互いが気持ちよく最後までいたいので、退職願いを提出してから退職日を上司と相談したのであれば、すぐにでも退職届を提出しましょう。

退職願いを提出した時点で寿退社であれば、会社もすぐに了承してくれるはずなので、退職届もすぐに受理してくれるはずです。

退職日を上司と相談すればスムーズに退職届を受理してもらえる

結婚することを理由に退職することはめでたいことなので、早めに上司に相談をしてスムーズに退職した方がいいでしょう。

そのためにも上司と退職日を相談することが大切なので、上司にまず報告と相談をすることを忘れないようにすることが大切です。

上司への報告の時には退職願とななりますが、結婚が理由であれば会社もすんなり了承してくれるはずです。

しかも上司に相談をすることでいろいろとフォローしてもらえれば、自分の好きな日に退職することもできるかもしれません。

通常は月末や締め日などが一般的ですが、めでたい理由での退職なので、上司と相談をすれば途中日でも退職を了承してくれるでしょう。

退職日に自分の希望があるのであれば、上司に相談をすることでスムーズに話が進むので、退職届を提出する時も受理してもらいやすいです。

めでたい理由でも退職なので、できるだけスムーズに退職できるようにしたいものです。

 - 退職・休職に関するお悩み