仕事のお悩み解決所

電車の運転士になるには?憧れの運転士になるまでの道のり

2017.10.4

電車の運転士になるのは子供が憧れる職業のひとつですが、実際に運転士になるにはいくつかのルートがあります。

鉄道会社はいくつもあるので、それぞれの会社によって入社する方法は違いますが、基本的には会社に入社しなければ運転士になることはできないようです。

そこで電車の運転士になるまでのルートや方法について紹介したいと思います。


電車の運転士になるには鉄道会社へ就職する

電車の運転士になるにはまずは鉄道会社に入社することが必須となるので、自分が好きな鉄道会社への就職を決めましょう。

採用に関しては定期的に社員の採用を行っているので、それに応募する形で入社することができます。

定期的といっても会社の状況によって採用人数も違うので、各求人をチェックすることが大切です。

また求人情報は鉄道会社から学校に届くことが多く、学校の仲介を経て就活することが一般的なようです。

そのため高校生から鉄道会社に就職する人も多く、過去に鉄道会社に就職した経緯があれば、定期的に学校側に求人情報が送られてくることが多いです。

高校では工業や機械工業高校などからの就職生が多いので、必然的に求人も毎年同じ学校の届くことが多くなります。

高校だけでなく専門学校や大学へにも求人情報が届くので、学校を介して鉄道会社に就職することになります。

電車の運転士になるには鉄道業界の仕組みを理解して知識を深める

電車の運転士になるには未経験からでは非常に厳しいので、電車の知識だけでなく、業界の知識や仕組みをすることから始めます。

高卒で就職した未経験の場合には、まずは切符売りや案内業務を行うことになります。

運転士以外にも重要な仕事はたくさんあるので、いろいろな経験を積んで学ぶことが必要となります。

そして知識を深めながら車掌になるための登用試験を受け、それから経験を積んで運転士の試験を受けることができます。

運転士になるには5年近くの長い年月が掛かるので、その間しっかりと勉強をし、知識を深めなければ運転士になることはできません。

運転士になれば乗客の命を預かることになるので、かなり厳しい試験となることは容易に想像できます。

まずは鉄道会社へ就職してから業界内のことを良く学び、知識を得ることによって、運転士の道が見えてくるので長い道のりとなります。

電車の運転士になるには社内試験と研修を受けることでなれる

電車の運転士になるには最低でも5年は掛かると言われているので、その期間中はしっかりと勉強しなければなりません。

しかし普段の業務も大切なことばかりなので、仕事以外の時間を使って勉強しなければならないため、かなりハードなスケジュールとなることが多いです。

そのためどんなに頑張って早く取得する人でも3年は掛かると言われているためん、モチベーションの維持は非常に大切です。

運転士になるには社内でいくつかの試験を受けることによって、最終的に運転士になることができます。

いきなり運転士の資格を受けることはできないので、まずは車掌になるための登用試験を受けるなど、段階を踏んでいかなければなりません。

運転士は多くの人の命を預かる仕事となるため、試験と研修はかなりの難易度となっています。

平均すると運転士になるまでには5年近く掛かるので、しっかりと知識を深めながら勉強することが求められます。

運転士になるための専門学校を卒業すると有利になる

鉄道会社へ就職するためには学校から就職することが一般的ですが、電車の運転士になるには鉄道関連の学科があると有利になります。

有利と言っても鉄道会社への就職に有利になるので、運転士になるには入社してからがスタートとなります。

鉄道会社への就職が有利になる学科としては、鉄道交通科や鉄道サービス科などがありますが、就職に有利なカリキュラムが組まれています。

専門学校では運転士よりもメンテナンス系の知識を深めるカリキュラムが多いので、運転士を目指す人にとっては思っていた科とは違うかもしれません。

鉄道会社への就職には有利でも運転士になるにはまったく関係のないことも多いので、学校に通う前にしっかりと確認しておきましょう。

行きたい鉄道会社があれば、過去に求人があった学校に行くのもおすすめなので、まずは鉄道会社に就職することを考えることが大切です。

運転士になるのは機会系か工業系の学校を卒業してなる人が多い

機械系や工業系の学校を出ている人は、鉄道会社に就職することが多いので、電車の運転士になるには機械か工業系の学校を卒業するのもおすすめです。

機械系の学校ならば一般的な勉強に加えて、機械に関する知識を学ぶことができます。

将来的に運転士になりたいと思っていれば、様々な計器をチェックすることになるので、機械に強いことはメリットになることも多いです。

機械系ならば勉強もそれほど難しくはないので、鉄道会社への就活に必要な勉強をすることもできるでしょう。

運転士になるにはまずは鉄道会社に就職しなければいけないので、求人が多い学校に行くこともおすすめです。

高校から就活することもできますが、専門学校や大学からでも十分に就活することはできます。

また中途採用の数も増えているので、鉄道会社に就職する機会は格段に増えていると言えます。

そのため運転士になりたいのであれば、鉄道会社に就職するすることをまずは第一に考えて、就職してから新たに運転士になるための勉強をスタートさせましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み