仕事のお悩み解決所

職場のストレスで体調不良!病院で受診する前にやってみよう

2017.10.3

職場にはストレス原因がたくさんあります。そしてストレスの耐性には個人差がありますので、同じ職場でも体調不良になる人もいれば、ならない人もいます。また耐性の他にも如何にストレスを解消させるかが重要なポイントです。

病院を受診する前に、試して欲しいストレス解消方法をご紹介します。是非一度試していて抱ければ幸いです。


職場のストレスで体調不良になるのは私が弱いの?

そんな事ありません。同じ職場で働いていても、同じ上司の下にいても、同じように怒られたとしても、はやり人によって受け取り方が違います。

人によってストレス耐性に違いがあります。それは気が強いからストレスに強いとか、気が弱いからストレスに弱いとかではありません。ストレスの原因をストレッサーと言いますが、ストレッサーへの感じ方というのは人によって違うのです。

ただ性格的になものもやはりストレス耐性に影響を与えるのも事実のようです。真面目な人はいい加減な人よりもストレス耐性が低く、ポジティブな人よりもネガティブな人の方がやはりストレス耐性が低いのです。

でもストレス耐性が低いからといって、心が弱いというわけではありません。また他にもストレス耐性が低くなる原因として、体調不良があります。体調不良が原因でストレス耐性が下がることもあれば、ストレスの所為で体調不良になる事もあります。

職場のストレスで体調不良 2週間継続したら受診の目安

体調不良の種類として、寝不足、食欲不振、動悸や冷や汗、気分の落ち込みなどがあげられます。今や、100人に2人が鬱病になる時代です。体調不良が2週間続けば、それは受診の目安と言われています。

もちろん病院に行かずに済めばそれに越したことありませんが、特に鬱病の場合は早めの受診が早めの快癒に繋がります。

逆に無理をすれば、するほど治療が長くなるとも言われています。その見極めとして、2週間の連続した体調不良といのが目安になります。それ以前に収まったのであれば、しばらくは様子見でいいでしょう。

今やストレスで体調不良を起こすのは珍しくありません。実際あるアンケートによると働く女性で体調不良になった人は3割近くいるそうです。つまりストレスで体調不良となるのは、全然珍しいことではないのです。

自分の健康は自分で守りましょう。

職場で体調不良になるストレス原因とは?

やはり人間関係が多いようです。実際3年に一度調査されるあるアンケートによると、ストレスの原因として「人間関係」を上げる人は、全体の半分くらいいます。

上司との人間関係、同僚との人間関係、お局様との人間関係、先輩後輩との人間関係、会社は組織であり、人間関係からは逃れる事は出来ません。逆の言い方をすれば、人間関係さえ上手くできれば、ストレスの可能性が半減したと言ってもいいのです。

しかし人間関係は、相手がいて始まるものなので、こちらが一方的に頑張っても上手くいかない事もあります。

どうしてもうまく行かない関係であれば、接触を減らす事も一つの手です。接触があればあるほどストレスが溜まりますが、ストレッサーから離れれば、ストレスも減ります。

可能ならば、ストレッサーがいない部署に異動するのもいいでしょう。一度上司が人事部に相談してみましょう。

職場のストレス解消方法

ストレスの解消方法には大きく二つあります。

一つ目はストレッサーの除去です。
例えば職場の人間関係であれば、ストレッサーである人間と接触を減らしたり、物理的に距離を置くという方法です。前述しましたが、別部署への移動というのが一番早いのですが、中々そうはいきませんよね。でも意識すればある程度接触を減らす事は可能です。

逆に仲良くなることでストレッサーである事を無くすと言う方法もありますが、これも難易度が高いかもしれません。出来るだけ気にしないようにするのがいいかもしれません。

二つ目は、溜まったストレスを解消します。一番は愚痴を言うでしょう。愚痴を言う事でかなりストレスは発散されます。他にも趣味に没頭してもいいですし、地味な所では睡眠を取って体調を戻すというのもストレスを解消させる方法なのです。オンオフの切り替えをきちんとしていると、大分ストレスが溜まらなくて済みます。

現代人はストレスという病に侵されている

今や子供だってストレスを抱えていますから、社会人になれば猶更です。つまり自分の健康を保つにはいかにストレスに対処するのが重要な問題なのです。

特に職場のストレスは社会人の多くが感じており、特に人間関係については、大半の社会人がストレスの原因としてあげています。会社でも会社員のメンタルヘルスにどう取り組むかは重要な課題になっています。

メンタルヘルスの維持として、まず大切なのはセルフチェックです。自分がいつもと違うという事を感じたら、注意しましょう。特に睡眠不足、食欲不振、気が落ち込むなどの症状が2週間続くようであれば、受診の目安と言われています。

病院に受診するのも大切ですが、日々そのストレスと如何に向き合いどう解消していくかというのも自己管理が必要です。

ストレッサーの除去が優先課題ですが、部署異動が難しい場合は、なるだけっ接触を減らしましょう。またストレッサーの除去が難しい人は、日々のストレスをきちんと解消する事もまた大切です。

少しでもこの記事があなたのストレス解消の役に立てれば幸いです。

 - ストレスに関するお悩み