仕事のお悩み解決所

社会不安障害の人が仕事をするには?おすすめの職種と対策を紹介

2017.10.27

社会不安障害の人が仕事をするには、職種や働き方をしっかりと考える必要がありますし、症状が出ないように気をつけることも大切です。

いつパニック障害や不安症の症状が出てしまうか分からないので、できるだけストレスのない仕事がおすすめとなります。

そこで社会不安障害の人が仕事をする時に気をつけることを紹介します。


社会不安障害は職種や仕事に関係なく職に就くことはできる

社会不安障害の人が仕事をする時には、基本的にはどんな仕事でも就くことは可能となっています。

理由としてはいつ症状が出るか分からないので、パニック障害や不安症の症状がでなければ働くことができます。

しかし職種によっては自分で大丈夫だと思っても、知らぬ間にプレッシャーを受けたりストレスを感じることがあります。

はっきりと仕事でストレスを感じていれば、自分で無理だと判断することはできますが、突発的にストレスを受けることもあります。

普段はいつも通りに仕事をしているのに、急に怒られてしまったり、お客さんからいろいろと注文を言われたことで対応できなくて、パニックになってしまうこともあります。

自分が社会不安障害だという自覚があれば、症状の度合いによって仕事を選ぶことができるので、無理のない範囲で自分ができそうな仕事を探してみましょう。

社会不安障害の人におすすめな職種の仕事は事務系の仕事

社会不安障害の人におすすめな職種は、マイペースでできる事務系の仕事がおすすめです。

事務系の仕事は納期がありますが、マイペースで仕事ができるのでプレッシャーも少なく仕事ができます。

仕事をする時にはプレッシャーや責任感の重さによって、症状が悪化してしまうケースもあります。

事務系の仕事は責任はあっても自分のペースで仕事ができますし、時間的にも余裕があるので円滑に仕事を進めることができます。

事務系の仕事であれば突発的なプレッシャーも少ないですし、毎日同じ仕事をきっちりやるので、自分のペースで仕事ができます。

不安症の症状は自分が恥をかいてしまったり、不快な思いをしないか不安になってしまうことで、パニックになってしまうことが多いです。

事務の仕事であれば症状が出やすい人でも働きやすい環境なので、社会不安障害の人でもおすすめできる仕事のひとつです。

社会不安障害の人が職種を選ぶなら責任の少ない仕事がおすすめ

仕事をしていると責任が重い仕事を任されることもありますが、社会不安障害の人にとってプレッシャーは大敵となります。

職種を選ぶ時には責任の少ない仕事を選ぶことが大切ですが、はっきりいえばどんな仕事でも責任を持って仕事はしなければなりません。

しかし自分がプレッシャーを受けやすい仕事をしていると、恥をかいてしまうのではないかと不安になってしまいます。

特に人前に出るような仕事では緊張をしてしまうことで、何を話せばいいか分からず、頭が真っ白になってプレッシャーを受けてしまいます。

できるだけ責任の少ない仕事を選ぶことが大切ですが、目立たずにマイペースでできる仕事が合っているといえます。

ネット環境があれば自宅でパソコンを使った仕事もできるので、自分でマイペースで仕事をすることもできます。

自分のスキルがあるのにパニック障害によって仕事ができないという人には、ネットを使って自宅で仕事をすることもおすすめです。

働き方によって影響も大きく変わってくる

仕事をする意欲があっても、社会不安障害があることによって満足に働けないという人は多いでしょう。

仕事や職種も限られてしまいますし、一度でも不安になったりパニックになってしまうと、仕事を続けることが難しくなります。

働き方によって自分へも大きく影響してきますが、できるだけ不安障害の人はストレスやプレッシャーを受けないことが大切です。

少しずつ症状が改善することもあるので、できるだけ症状を抑えることが働く時には大切です。

できるだけマイペースで仕事をするには、自宅で仕事をすることがおすすめですが、ネットを使った仕事はある程度のスキルがあれば誰でもできます。

手に職をつけたり自宅てパソコンを使った仕事をすれば、マイペースで仕事ができますし、プレッシャーを受けずに仕事をすることができます。

働き方は自分にとても影響を与えることになるので、しっかりと働き方を考えることも大切です。

できるだけ短時間の仕事や時間が調整できる仕事がおすすめ!

社会不安障害の人にとっては職種によって大きく影響を与えることがあるので、仕事についてはしっかりと考えておくことが大切です。

自分では大丈夫だと思っていても、突発的にプレッシャーを受けたりストレスを受けることがあるので、パニックになってしまうこともあります。

働き方を考えることは大切ですが、職種や仕事だけでなく、働く時間や場所も考えることが必要となります。

自分が安心してマイペースで仕事をするには短時間の仕事がおすすめですし、働く場所も人が多い場所ではなく、人が少ない場所の方がプレッシャーも少なくなります。

働く場所はネットの普及によって自宅でも働くことができるので、自分のスキルに合わせて仕事を選ぶことができる選択肢も増えてきました。

フリーランスという働き方を選ぶこともできるので、正社員やアルバイトではなく、自分のペースで働き方を選ぶこともできるようになりました。

社会不安障害の人は自分の症状に合わせて仕事を選ぶことができるので、無理をせず自分に合った仕事を探してみましょう。

 - 職種に関するお悩み