仕事のお悩み解決所

失業認定日に行くのを忘れた時のリスクと対処法を解説

2017.10.27

失業認定日は失業中の人にとっては大切な日で、4週間に1度は必ず行かなければいけない日となっています。

もしも行くのを忘れた場合は失業中とみなされないので、失業保険の受給が遅れてしまうなど、不具合が生じてしまうので絶対に忘れてはいけません。

そこで失業認定日に行くのを忘れてしまった時のリスクと対処法を紹介します。


失業認定日に行くのを忘れた時は認定してもらえない

ハローワークに失業保険を申請すると、失業してハローワークでしっかりと仕事を探していることを証明するために、認定してもらわなければなりません。

4週間に1度は必ず決められた日時にハローワークに行って、失業認定を受けることが義務づけられています。

同じ時期に失業した人がまとめて失業認定を受けることになり、認定日までにしっかりと仕事を探していたと証明することも必要です。

認定日は日時と時間が決められているので、行くのを忘れた時には失業認定を受けることができません。

認定が受けられないとその期間は失業中とみなされないので、失業給付の額が減ってしまいます。

失業中は失業保険の金額が生活費となるので、減ってしまうと生活にも支障が出てしまうこともあるでしょう。

認定日に行くのを忘れてしまうと給付が受けられる時期がズレるので、忘れずにしっかりと認定を受けることが大切です。

失業認定日に行くのを忘れた時には支払いタイミングがズレる

失業していることを認定するために、4週間に1度は必ず認定日があります。

この認定日までに一定の就職活動をしたことを証明していれば、失業してることを認定してもらえるので、失業保険をもらうことができるのです。

認定日に行くのを忘れた時には認定が受けられないので、支給タイミングが遅れてしまいます。

基本的には失業された日によって計算されるので、最終的にな支給金額には変わりありません。

しかし毎月に支払わなければいけない家賃や光熱費など、失業給付から支払っている人もいるので、支払日が遅れてしまうと生活にも支障が出てしまいます。

社会人として働くのに、認定日には必ず来なければいけない日を忘れてしまっては、仕事を探す上でも心配になります。

約束事を守ることは大切なんことなので、認定日を忘れることなく仕事をしっかり探すことは当然のことです。

失業認定日を忘れたとしても受給期間は1年間ある

認定日に行くのを忘れたと後悔することもありますが、忘れてしまえばどうすることもできません。

認定日に行くのを忘れると支給タイミングが遅くなるだけなので、トータル的に考えれば損をすることがありません。

失業給付をもらうにはそれぞれ条件があるので、自分の条件によってもらえる期間も変わってきます。

会社都合で辞めた人はすぐに支給されますが、自分都合で会社を辞めた人は支給まで3ヶ月は待たなければなりません。

また人によって支給期間が3ヶ月の人もいれば、6ヶ月もらえる人もいるので、自分の支給期間と金額はチェックしておくべきです。

認定日に行くのを忘れてしまっても、離職してから1年間は受給期間があります。

このため3ヶ月間の受給資格がある人が認定日を忘れても、後でしっかりと認定日に行けば3ヶ月分はしっかりともらうことができます。

受給期間は1年間ありますが、できるだけ早く仕事を見つけた方がいいので、早めに失業保険をもらいながら仕事を見つけたいものです。

どうしてもいけない時には連絡をしなければならない

認定日を受けるためにハローワークに4週間に1度は必ず行かなければいけませんが、どうしても用事がある場合もあります。

認定日を忘れた場合はどうしようもありませんが、特別な理由がある場合には考慮してくれるケースもあります。

就職活動をして面接があったり、病気や怪我をしているケースでは、必ずしも認定日に行くことはできません。

その他にもいろいろなケースがありますが、特別な理由を証明することができれば、認定日に行けなくても考慮してくれます。

特別な理由がある時には事前にハローワークに相談したり、当日の朝に連絡することが必要です。

手続きに関しては特別な理由が証明できるもの、失業認定申告書、雇用保険受給資格者証が必要となります。

失業者にとって認定日は大切な日なので、特別な理由があれば事前に相談をしておきましょう。

特別な理由がない場合は認定日を変更することはできない

認定日に決められた時間内に行くのを忘れた時には、窓口が空いている時間であれば認定が受けられる場合もあります。

失業者にとって認定日が大切なことは分かっているので、寝坊によって行けないかった場合もあるでしょう。

その時にはハローワークに連絡して何とかしてもらうよりも、窓口が空いている間に行って、直接お願いしてみましょう。

ハローワークも行政なので融通が利かないため、いくら電話で何とかして欲しいとお願いしても難しいでしょう。

しかし誠意をもって行動すれば考慮してくれる場合もあるので、認定日に時間内に行くのを忘れてしまった場合には、時間が遅れてでも直接行ってお願いしてみましょう。

もちろん時間外なのでダメなケースもありますが、認定日を変更することもズラすこともできないので、認定日に何とかするしかありません。

特別な理由がなければダメ元で認定してもらうために、誠意を見せてお願いしてみましょう。

行政は特別扱いはしてもらえませんが、窓口が空いている時間であれば認定してくれることもあります。

 - 退職・休職に関するお悩み