仕事のお悩み解決所

公務員の技術職になりたい!勉強で意識するポイントをご紹介!

2017.10.31

公務員の技術職になるための勉強としては、その分野に変わる勉強を早くすることが大切ですし、一般常識を学ぶことも必要です。

公務員の仕事は多岐にわたりますが、自分が就きたい技術職の仕事があれば、それの見合った勉強は必要です。

そこで公務んになるために技術職に関する勉強をする時にポイントについて紹介したいと思います。


公務員の技術職への就職対策は早めに勉強対策をしておく

公務員の技術職への就職を希望するなら、早めに勉強をして対策を立てておくことは大切です。

公務員の技術職は土木、農業、建築など分野もそれぞれ違いますが、取るべき資格も変わってきます。

また国家公務員と地方公務員でも勉強するべき難易度や範囲も変わってくるので、自分がどんな職につきたいかを把握することは大切なのことです。

また分野を絞ったとしてもさらに多くの職種に別れるので、興味があるものを早く見つけて勉強するべきです。

例えば建築関連の技術職であれば、いろいろな職種の人が集まってひとつの建物を建てています。

設計、施工、鉄筋、搬送など、公務員の技術職といっても多くの分野に分かれています。

自分がなりたい分野への勉強だけでなく、公務員としての試験対策もしなければなりません。

できるだけ早く目標とする分野や仕事を決めておくことで、試験勉強や対策もスムーズに行うことができるでしょう。

公務員の技術職の勉強は試験対策を重視する

公務員として技術職に就きたいと思ったら、早めに試験勉強をすることは大切です。

しかも公務員の試験ではその分野に関する試験も多いですし、逆に一般常識などの試験も出題されます。

特に地方公務員ではなく国家公務員を目指すのであれば、さらに難易度は上がるので、しっかりとした試験対策をすることが求められます

理由としては全国統一で同じ試験が出るのではなく、これぞれの地域によって出題傾向が違うこともあるからです。

土木や建築関連の試験では高校や大学レベルの数学や物理が出題されますが、それ以外にも勉強したことのないような科目から出題されることもあります。

誰もが解ける問題だけではなく、専門分野からの出題や偏った科目から多く出題されるケースもあるのです。

そのためその地域によって出題傾向や試験対策を考えることが必要となるので、早めに準備しておく方が有利となります。

技術職への勉強は公務員として一般教養も勉強しておく

技術職系の公務員になるために勉強するのであれば、当然ながら一般教養もしっかりと勉強しておくことは大切です。

試験対策としてそれぞれの科目を重視いて勉強することは大切ですが、はっきりいえば試験範囲が広すぎてすべてをカバーすることは難しいでしょう。

そのため基礎的な勉強をしっかりとするために、高校の勉強を中心に行うことが、試験対策の近道となる場合もあります。

技術職であれば理数系の勉強は必須なので、しっかりと勉強することが大切です。

しかしそれだけでなく一般常識からその他の分野まで、いろいろと勉強することが望ましいです。

理由としては理数系だけの勉強をしても、試験対策としては不十分だからです。

出題範囲が広いのでピンポイントで勉強するよりも、多くの分野を勉強して基礎を固めておくことが大切です。

ある程度基礎が固まっていれば、さらに応用として難しい問題に取り組んだ方がいいといえます。

試験範囲は広いので勉強は試験対策中心で行う

公務員の技術職になるための勉強対策として、広い分野を卒なく勉強することは必須となります。

ひとつの分野だけを勉強しても、求める合格点には届かないことも多いでしょう。

例えば建築の技術職に就くために勉強するのであれば、専門分野を勉強することも求められます。

構造力学、建築構造、建築史、環境工学、建築設備、施工管理など、どの科目でも簡単には学びきれないことばかりです。

建築関連の技術職になるには資格も必要なので、資格対策として勉強することは大切です。

しかし資格があるからといって公務員になれるとは限らないので、しっかりと一般教養なども勉強することが求められるでしょう。

試験範囲が広いのでしっかりと試験対策をすることも大切ですし、職種が決まっていれば早めに資格の勉強をすることで、試験対策にも繋がります。

民間ではなく公務員になるためにはピンポイントの勉強だけではなれないので、しっかりと試験対策をすることが求められます。

技術職も範囲が広いので早めに目標地点を決めておく

公務員として働きたいと決意したのであれば、しっかりと試験対策と勉強をすることが大切です。

技術職を選ぶのであれば専門知識として資格も必要となりますが、資格の勉強だけでは公務員になるのは不十分です。

一般常識などの問題やそのほかの科目からの出題など、ある程度の基礎知識は必要不可欠なので、万全の状態で臨むのであれば早めの対策は必要不可欠です。

民間の仕事であれば自分の資格を武器にアピールすることはできますが、公務員になるには資格だけでは不十分です。

公務員試験に合格するには広い出題範囲から、卒なくこたえられるように勉強しておく必要があるので、早めに目標を定めておくことが合格へのポイントです。

公務員の技術職として働くのであれば、安定性を考えて就職しようと思っているので、しっかりと人生を見据えて勉強に打ち込んで、目標達成できるように頑張りましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み