仕事のお悩み解決所

テレビ局に就職するのに学部は関係ない理由をご紹介します!

2017.10.31

就職先としてテレビ局を選ぶのであれば、どの学部を選んだ方がいいのか悩んでしまいます。

専門学校であれば映像関連の学校もありますし、芸能関連に強い学部もありますが、大学生であればどの学部が有利になるかは未知数といってもいいでしょう。

テレビ局への就職には学部はそれほど関係ないといわれていますが、その理由について紹介します。


テレビ局に就職するには有利な学部は不問が一般的

テレビ局に就職したいという夢を抱いている人にとって、どの学部に入れば有利になるかは悩みどころでしょう。

基本的にテレビ局に有利になる学部は不問となっているので、どの学部を卒業しても問題ないといわれています。

理由としてはテレビ局といってもひとつの会社なので、いろいろな仕事がありますし、それぞれ入社してから学ぶことができる仕事が多いです。

テレビ局に憧れを抱いている人の中には芸能関連の仕事が頭があるので、芸能人として働くのであれば才能やスキルは当然必要となります。

しかしテレビ局に一般社員として入社するのであれば、特別な能力は必要ないですし、それぞれ就きたい仕事によって求めるスキルは変わってきます。

テレビ局も会社なのでどんな人材が欲しいかは、真面目で仕事熱心な人材が欲しいと思うので、特別有利な学部は不問といってもいいでしょう。

テレビ局に就職するには学部より何の仕事をしたいかが重要

テレビ局に就職してから働く仕事によっては、学部での経験が活かせるので有利になることはあります。

例えばテレビ局で映像関連に仕事をしたいと思っていれば、映像関連の学部や専門学校で学んでいる人の方が、即戦力として期待することはできるでしょう。

一般の人にも知られているプロデューサーや構成作家の仕事をしたいのであれば、基礎的な知識が必要素可決なので、文系の学部や有利となります。

しかし構成作家になるにはアイデアを出すことが求められるので、学部や経歴は一切関係ないといえます。

面白い企画を考えられる人材であれば、例えどんな学部でも通用しますし、需要があれば仕事をもらうことができるでしょう。

テレビ局での仕事は視聴率が大きく関係してくるので、自分のスキルや実力が物をいう場合も多いです。

どの大学や学部を出ているかは関係なく、実力がある人が就職できるといえるのかもしれません。

就職先にテレビ局を選ぶなら学部よりも自分をアピールする

テレビ局に就職するのであれば、いかにして自分をアピールするかが重要です。

有名大学の学部を卒業していても、仕事に適性がないと判断されれば採用は難しいでしょう。

テレビ局の仕事のうち何をしたいかが決まっていることが必要ですが、どの仕事もプロ意識がなければできない仕事ばかりです。

そのため熱い思いを持った優秀な人材を欲しいと思っていますし、それだけ優秀な人材が毎年のように就活しています。

目立つ存在としてはアナウンサーは会社の顔となる存在になり得ますが、学部よりも何ができるか、何をしたいかをアピールできなければなることはできません。

その他にも基礎知識、話し方、教養、度胸など、様々な適性がある人材が全国から数名だけ選ばれてアナウンサーになれます。

倍率も高いし大変な仕事ですが、テレビ局に就職するには学部で悩むよりも、その学部で何を学んだかが重要なので、気にせず自分をアピールすることを考えましょう。

自分がここだけは負けないという自信がある部分を持つことが大切

テレビ局への就職に憧れる人も多いですが、その分だけ倍率も高く狭き門となっています。

少しでも有利になるための学部選びをしたいと思うかもしれませんが、学部だけでは就職に有利になることはありません。

テレビ局での仕事は多岐に渡りますが、それぞれが専属の仕事をプロ意識を持って行うことで会社も成り立っています。

ひとつの番組を作るのにはプロデューサーをはじめ、現場のスタッフであるAD、映像、音声、照明、演者など、様々な仕事をする人が集まっています。

自分がどの仕事を目指すかによっても変わってきますが、普通に何でも卒なくこなす平均レベルよりも、何か秀でた才能がある方が有利になる可能性もあります。

テレビ局は優秀な人材が集まるので、その中で働くには自分がアピールできるポイントがあると、就職にも有利になることもあるかもしれません。

学部や学歴ではなく発想力や行動力が大切

いつもテレビを観ている側から、テレビ局に就職して作り手になりたいと思う人は多いでしょう。

テレビ局への就職は狭き門ですが、それだけ人気の就職先だと優秀な人材もたくさん集まってきます。

少しでも有利な学部を選んで学ぶことも大切ですが、自分が実際に働くようになれば、発想力や行動力が必要不可欠となります。

いろいろな仕事をする人たちが集まって現場を作っていますが、それぞれスケジュールに従って仕事をしています。

自分がやりたいと思う仕事であれば、創意工夫をしてよりよい仕事をしたいと思いますし、自分もスキルアップしたいと思うはずです。

プロ意識を持った人たちがたくさん集まってひとつの番組を作っているので、学歴や学部で判断されることはありません。

実際にプロデューサーでも出身が有名大学の人もいれば、地方の大学でまったく関係のない学部にいた人もいます。

自分が何をしたいか、何になりたいかが重要なので、学部にこだわることなく、テレビ局に就職したいという熱い気持ちを持って臨むことが大切です。

 - 入社・面接に関するお悩み