仕事のお悩み解決所

バイトのシフトを確認し忘れた時の対応とやってはいけない行動

2017.11.13

バイトをしていてうっかり自分のシフトを確認し忘れてしまうこともあるかもしれませんが、気軽にお店に連絡して確認するのはいいのでしょうか。

お店では全員が仕事をしていますし、自分の私的な用事で仕事を中断させることは気が引けるはずです。

そこでバイトシフトの確認をし忘れた時に対応とやってはいけない行動について紹介します。


バイトのシフトを確認し忘れた時は自分がお店に直接見に行く

バイトのシフトを自分で確認し忘れた時には、自分でお店に直接行って確認することが常識です。

自分が確認をし忘れたのに自分でお店に行くのが面倒だと思ったり、効率を考えてお店の人に連絡をして確認してもらうのは、はっきり言えば常識外れの行動といえるでしょう。

これが常識外れではないと思える人は、まだ社会人としての自覚が足りない人や、学生のバイトの人かもしれません。

確かに自分がお店にわざわざ見に行くよりも、お店に連絡をして確認してもらって教えてもらった方が、効率も良く手軽かもしれません。

しかし効率の問題と常識の問題を別に考えないと、これから先自分が社会人として働いた時に、自分自身が困った立場になる可能性が高いでしょう。

社会に出ると相手との立場関係と共に、相手の身になって考えることができるかなど、いろいろな問題が関わってきます。

決して効率を重視することが正しとは限らないので注意しましょう。

バイトのシフト確認のためにお店に連絡するのは非常識

自分がバイトのシフトを確認し忘れてしまった時に、効率を考えたらすぐにお店に連絡をして確認してもらうのがいいかもしれません。

自分の立場はアルバイトですが、お店で電話に出る人はどの立場の人か分かりません。

もしかしたら店長や上司かもしれませんし、同僚が出る可能性もあるでしょう。

誰が出たとしてもまず自分の私用にために、仕事をしている人の邪魔をすることになることを考えましょう。

上司や店長が出た時には、目上に人に向かってシフトを確認して欲しいと言うのは失礼に当たります。

もしも同僚が出てほっとするかもしれませんが、場合によっては職場をいったん離れなければならないので、上司に報告をしてからシフトの確認に行くでしょう。

自分の私用のために効率を考えて連絡をすることで、職場の人に迷惑を掛けることを理解することができれば、非常識な行動だと理解することができるはずです。

バイトシフトを変更したのであれば確認で連絡するのはあり

バイトのシフトに関しては自分の仕事中にはゆっくり話せないので、曖昧な形で話が終わってしまうこともあります。

相手は上司なので帰りも仕事が忙しく確認することができなかった時は、仕方なく電話で連絡を入れるのもいいでしょう。

もちろん仕事が忙しくない時間帯を見計らって連絡をし、誰が出たとしてもシフトの変更の確認のために連絡したと言えば、スムーズに対応してもらうことができるはずです。

シフトは基本的には数週間前には出ていますが、変更することはよくあることです。

確認しないまま間違ったシフトで出てしまうと、その日は他の人い多大な迷惑を掛けてしまうことになります。

そのためシフトの変更をしたことによって確認をすることは、シフトの担当者としっかり連絡を取り合うことが必要となります。

そのため相手が仕事中の方が話しやすいケースもあるので、時間帯を見計らって確認の連絡を入れましょう。

自分のミスでシフトを見忘れた時にお店の人を使うのはやめる

自分がバイトという立場を理解していれば、自分のミスのためにお店の人を使うのはやめた方がいいと理解することができるはずです。

シフトの確認は重要なことですが、確認し忘れたのは自分なので、自分のミスを他の人にフォローしてもらう考えはやめましょう。

これが社員であれば部下に対して確認して欲しいと頼むことはできるかもしれませんが、目上の人に対してシフトの確認をして欲しいというのは失礼にあたります。

もちろん実際にお店に連絡をすれば上司もすんなりシフトの確認をするかもしれませんが、内心では非常識なお願いにイラっとしているでしょう。

シフトを間違えると他の人にも迷惑が掛かりますし、最終的には社員がフォローすることになるので、仕方なく教えてくれるはずです。

社員は社会人として広い心を持っているので、お店のために何も言わずに教えてくれますが、それに甘えていては社会人として失格といえます。

シフトの確認をし忘れないように写真で撮っておく対策をする

バイトのシフトを確認することを忘れてしまった時は、自分でお店に行って確認することが当然の行動といえます。

さらにはそこから学習をして、二度とシフトの確認をし忘れないような対策を立てることが大切なのです。

自分がシフトの確認を忘れないようにするためには、シフトを写真で撮って保存しておくなど、自分なりの方法で対応しましょう。

自分がミスをして辛い思いをしたからこそ、二度とミスをしないように対策を立てることができます。

もしも確認し忘れた時はお店に連絡をすればいいと思っていれば、同じミスを何度も繰り返す可能性も高くなるでしょう。

ミスをすることは誰にでもありますが、二度とミスをしない努力と工夫をすることは社会人としても活きてきます。

自分なりの対策方法を考えて対応することで、お店に連絡する事もなくなるので、バイトでも社会人としての自覚を持つことが大切です。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み