仕事のお悩み解決所

会社の飲み会での下ネタを言うことにリスクとその対策

2017.11.13

会社によっては慰労会や忘年会などの口実を作って、社員同士の交流を図るために飲み会をすることもあります。

普段拘留しないような人と一緒にお酒を飲むことで仲良くなり安いですが、お酒が絡むと下ネタを言う社員もいるので困ってしまいます。

そこで会社の飲み会で下ネタを言うことのリスクと対策について紹介したいと思います。


会社の飲み会で下ネタを言ってしまうと降格のリスクもある

会社の飲み会でせっかく社員の交流を深めようと思っているのに、女子社員がいる前で下ネタを言えばセクハラ行為になります。

会社の飲み会は完全なプライベートではなく、会社の業務の延長上だと考えられています。

そのためいくらお酒の席とはいっても、男性が女性に下ネタを言ってセクハラをすれば、大きな問題となるのは仕方ありません。

セクハラは女性が嫌だと思った時に成立するので、下ネタを言っても女性が乗ってくれれば問題ありません。

しかしプライベートで仲の良い男性とは違い、会社の業務の延長上であるため、嫌だと思っていても上司から下ネタを言われた時に、あからさまに嫌な顔はできません。

はっきりと嫌だと言うことができないので上司も下ネタを連発してしまいますが、この行為は完全にセクハラになるので、問題となれば上司は降格などの処分を受けることになるでしょう。

会社の飲み会では女性がいる前での下ネタは社会人としてタブー

社会人になってからセクハラ問題は大きく取り上げられているので、どの会社でもしっかりと意識して対策しているはずです。

そのため女性の前で下ネタを言うのはタブーとなっているので、たとえ飲み会の席でも下ネタはやめておいた方がいいでしょう。

男性からすれば軽い下ネタであれば相手と打ち解ける挨拶かもしれませんが、女性にとっては下ネタは不快でしかありません。

下ネタを言っている時点で女性のことを性の対象と見ているので、会社の同僚ではなく女性として見ているのはいけません。

あくまでも会社の飲み会はプライベートではないので、口説くことも騒ぎすぎることもタブーとなります。

お酒の席でも社会人として節度ある行動を取らなければいけないので、本来の目的である打ち解けることを意識しましょう。

下ネタは自分がプライベートな時に自己責任で言うようにして、会社の飲み会では言わないように気をつけましょう。

社会人であれば会社の飲み会での下ネタを上手くかわす技術も必要

社会人になるといろいろな人に対応しなければいけないので、すべての人が常識とモラルを兼ね備えているとは限りません。

たとえ下ネタがセクハラだと分かっていても、場の雰囲気を盛り上げるためにあえて言う男性もいるでしょうし、受け入れる女性もいりかもしれません。

特に会社の飲み会では下ネタはセクハラになるので、タブーとされています。

本来会社の飲み会の目的は社員同士の交流でもあるので、職場では見せない同僚の姿を見れば、一気に打ち解けることができるかもしれません。

お酒も入っているので自分をさらけ出しやすいこともあるので、普段は真面目な人でもお酒が入ると下ネタを言うこともあるかもしれません。

もちろん下ネタを言われて不快に思いますが、その場で怒って帰ってしまうのもできないでしょう。

不快に思ったことはすぐに他の人に伝えて、下ネタをやめさせるように促してもらうなど、大人な対応も覚えておくと良いかもしれません。

後日改めて厳正な処分を下してもらえばいいので、その場では上手く切る抜ける方法を身につけておきましょう。

セクハラ問題はお酒の席でも当然大問題となる

セクハラ問題は社会人になれば大きな問題となるので、最悪なケースでは降格や辞職まであります。

もしも自分が会社での飲み会に参加をしたのであれば、下ネタはどんなに酔っぱらっていても言わないように気をつけましょう。

酔っていて覚えていないという理由は社会人になれば通用しないので、後で大事になるケースが多いです。

特に会社では女性社員も多く採用したり、地位を向上させようとしているので、セクハラやパワハラに関わる問題はきっちりと処分されるでしょう。

会社の飲み会でお酒の席だからといって、あまりにも飲み過ぎてしまうと自制心を失ってしまうので注意しましょう。

会社の飲み会は業務の一環だと思って、上司には気を遣いますし、他の社員と積極的に打ち解けるように振る舞うことが求められます。

めんどくさいと思うかもしれませんが、一緒に仕事をする仲間を知ることは大切なことなので、お酒に流されないように気をつけましょう。

下ネタで嫌な思いをすれば女性数人で大問題にすることが大切

会社の飲み会で下ネタを言われたことによって不快に感じた時は、後日改めてきっちりと処分をしてもらうことが必要です。

飲み会の席でお酒が入っているとはいっても、会社主催の飲み会では業務の延長上ともいえます。

そのため上司から下ネタを言われてもはっきり断ることができないので、不快な飲み会となってしまうでしょう。

もしも会社がセクハラ問題を軽視しているのであれば、すぐにでも退社した方がいいでしょう。

今後も同じことの繰り返しになるので、女性社員が一丸となって戦わなければ問題解決をすることはできません。

セクハラ問題が起きた時は女性社員が一丸となって、会社に対して厳しい処分を下すようにお願いしましょう。

これは立場など関係なく、社会員としてのモラルの問題なので、きっちりと会社が対応してくれるか見極めることも大切です。

 - 社内での行事・イベントに関するお悩み