仕事のお悩み解決所

コンビニの夜勤の仕事は大変?気になる仕事内容を解説

2017.11.13

コンビニで働く時は24時間営業なので、夜間での仕事をすることもありますが、仕事内容は昼間とどのように違うのでしょうか。

夜勤の仕事はお客さんの数も少ないですが、お店は常に営業しているので作業も大変そうなイメージがあります。

そこでコンビニでのバイトをする時に、夜勤の仕事内容について紹介したいと思います。


コンビの夜勤の仕事内容は時間によって各棚をチェック

コンビニの夜勤での仕事内容は基本的には昼間と同じですが、時間帯によっては納品などの業者がやってきます。

夜中ではお客さんの数はまばらなので、基本は一人でレジ対応をすることになります。

防犯上のことを考えると常に2人態勢がいいのですが、経費の関係で1人で対応することが多く、もう一人は各作業をするか休憩を取ることが多いです。

一人で十分客対応はで切るので楽ですが、夜勤での仕事は時間によって忙しくなります。

特に夜勤の仕事はお店によっても違いますが、22時から働くといきなり忙しい時間帯となります。

その後0時を過ぎると落ち着いてきますが、この後納品業者がやってくるので、時間帯によって商品棚を整理しておきます。

最終的には朝の通勤時間帯までにすべての商品を陳列しなければいけないので、忙しい時間帯と暇な時間帯の差があるといえます。

夜勤のコンビニの仕事内容としては検品と品出し作業

夜勤のコンビニの仕事内容としては客対応よりも、納品や品出し作業が大変です。

深夜になれば客足も少なくなりますが、お店は常に営業しています。

お客さんが少ない時間帯を見つけて、商品の品出し、清掃、陳列などを行います。

昼間の時間帯には掃除などはできないので、夜間の時間にやることが多いです。

また夜中から朝方にかけて商品が納品されるので、すぐに検品をおこなってから商品を陳列します。

時間は朝の通勤ラッシュの時間帯までにやらなければ、客数が増えてしまうので対応することが難しくなります。

時間通りに納品してもらえれば一人でも対応することができますが、毎回時間通りに納品できるとは限らないので、できる作業を前倒しでやるしかありません。

夜勤は朝の時間帯までに陳列と掃除を終わらせることができれば、ある程度の仕事ができたといえます。

夜勤のコンビニの仕事内容は朝の時間までに終わらせることが必須

夜勤のコンビニでの仕事内容で大変なことは、朝のお客さんが来店する時間までに仕事をある程度終わらせておかなければならないことです。

基本的に作業は一人で行いますが、日によっては食品だけでなく雑誌も納品されてきます。

納品した商品を陳列するには事前にスペースを空けておく必要があるので、何がどれくらい陳列されるかを把握しておくことが必要です。

商品は奥の棚に入れていきますが、賞味期限が近いものなどの検品もしなけれなりません。

普段は夜勤の仕事は楽にできますが、イベント時や雨の日などは時間通りの納品されなかったり、お客さんの数が多くて対応しきれない時もあります。

また気を遣うのは朝の通勤時間までにおにぎりなどは並べておかなければいけないので、陳列に関してはスピードが要求されます。

余裕を持って仕事ができる半面、朝の時間までにやらなければいけないというプレッシャーがあるので大変です。

夜勤の仕事はマイペースでできるが朝は大変

コンビニでの仕事内容の基本はお客さんへの対応なので、レジでの作業が中心となります。

しかし夜勤になるとお客さんの数も少なくなるので、客対応よりも陳列や掃除がメインとなってきます。

2人態勢で作業をしても客対応をしながら店内の作業をしても、マイペースでできるので仕事的には楽に感じます。

揚げ物などの清掃や雑誌の陳列など、時間も決まっていますがお客さんの数も少ないので、余裕を持って作業ができます。

特に夜勤の仕事で大変なことはありませんが、納品に関してはきっちりと時間までの終わらせなければなりません。

夜勤の仕事をする人によっては朝のラッシュ時まで対応するので、6時頃になると徐々にお客さんが多くなってきます。

朝は夜間に比べて客対応が一気に増えて大変になるので、忙しい中で仕事が終わる時間になるので、最期まで気は抜けません。

納品と陳列作業が遅れると朝のラッシュに間に合わなくなる

夜勤のコンビニでの仕事内容で大切なことは、朝の通勤ラッシュまでには商品の陳列を終わらせておかなければならないことです。

コンビニでは当たり前のように商品がたくさん並んでいますが、陳列はコンビニでも重要な仕事なので、常にチェックしておかなければなりません。

特に夜間の時間帯は業者からの納品があり、弁当、雑誌など主力の商品が納品されてきます。

主力商品以外にも商品の数が少なければ陳列しなければならないので、素早い対応が必要となります。

朝の時間帯は一気にお客さんが増えてくるので、レジ対応だけで大変になります。

そのため陳列に関しては夜間のうちに終わらせておかなければなりませんし、業者の納品が遅れても臨機応変に対応することが求められます。

作業は一人が責任を持っておこなうので、効率よく手早くやることが求められるので、慣れるまでは大変ですがやりがいはあります。

 - 職種に関するお悩み