仕事のお悩み解決所

コンビニ店長のシフトとは?気になる仕事内容とやりがいについて

2017.11.13

コンビニはサービス業の中でも働きやすい仕事ですが、バイトから店長にまで抜擢されて働いている人もたくさんいるようです。

コンビニの店長として働くことになれば当然忙しくなりますが、店長になるとどれくらいのシフトで働くのか気になります。

そこでフランチャイズ店のコンビニ店長のシフトについて紹介したいと思います。


コンビニ店長のシフトは基本は24時間体制

コンビニ店の店長のシフトに関しては、自分でシフトを管理する立場になります。

そのためシフトに穴が空かないように管理しなければならないので、人数が足りなければ自分でシフトの穴を埋めるしかないのです。

基本的にはバイトを中心としてシフトを組んでおり、店長が休みの時はオーナーが代わりにお店にいるなど、フランチャイズ店によって対応は変わります。

相手は社員ではなくバイトなので、非常に甘い考えてサービス業をやっている人もいます。

そのためイベントがあれば、忙しい日でもまとまって休みを取ろうとすることもあるでしょう。

従業員も必要ですがシフトは常に完璧に人数を揃えることはできないので、店長が代わりに出ることもあります。

そのため店長は朝と夜のどちらも自分で責任を持って対応しなければいけないので、24時間体制でシフト管理をしなければなりません。

コンビニの店長になるとシフトの穴はすべて自分が埋めるしかない

バイトのシフトは当初に決めておいたものよりも変わることが多く、その都度臨機応変に対応しなければなりません。

店長はシフトを上手く作成しながら、自分がお店にいなくてもいい時間を作ることで、休みに充てている人もいるようです。

フランチャイズ店によってはオーナーと店長以外に、社員がいないお店もあります。

社員を雇えば人件費が掛かりますが、自分が任せられる人材を置いておくのも必要なことです。

人件費などはオーナーとの話し合いによるので、社員を置かずにアルバイトを中心としてお店のシフトを組み、店長が休む時はオーナーがお店に出ることで対応します。

コンビニは人材不足に悩んでいますが、人件費にはそれほどお金を掛けられないので、バイトで抑えているお店も多いです。

そのため店長の負担も大きくなるので、責任とやりがいのある仕事といえます。

シフト管理はコンビニ店長の仕事で人件費を考えると働くしかない

バイトのシフト管理は店長の重要な仕事でもありますが、オーナーからの要請で人件費を抑えなければなりません。

そのため店長が休みを取るとオーナーが代わりに働くか、もしくは同じ仕事をできるような社員を育てるしかありません。

店長は非常に多くの仕事をしながら、お店にも出なければならないので、信用と知識がある人でなければなりません。

そのためたとえ社員を雇ったとしても、店長が休みの日の業務をすべて補うことは難しいでしょう。

店長が休む時には仕事を補える社員ともう一人人材が必要になるので、人件費が増えてしまうことになります。

そのため店長の休みのシフトに関しては、基本は休みを作らないで休める時に休むというスタイルをとっているお店もあります。

もちろんオーナーが代わりに働ければいいのですが、基本は店長がすべて任されているので、人件費内で上手くやり繰りしながら、自分の休みを確保することになります。

コンビニは人材が集まりにくいのでシフト管理は大変

コンビニは人材不足に悩まされているので、シフトを作る時も非常に難しくなります。

お店にバイトの募集をしている広告を見かけますが、時給の割には大変な仕事だという認識があるので、なかなかなり手がいません。

店長はシフトが上手く組めなければ当然自分が穴を埋めることになるので、休みに関しても二の次のなります。

自分がシフトを管理しているので、自分が休むためにシフトを作るのも仕事のうちです。

しかし人材が集まりにくい業界でもありますし、バイト感覚でやる人は仕事にもあまり集中しないので、信頼できないことも多いです。

トラブルになれば即お店の評判に繋がってしまうので、狭い地域でお客の取り合いをしているコンビニ店の宿命でもあります。

店長は限られた人材を上手く使いながら、シフトを管理して何とかやり繰りしなければなりません。

思っているよりも人数が少なく、募集を掛けても集まりにくいので、シフト管理は難しい仕事のひとつです。

店長がどれだけバイトのシフトを管理できるかが重要

店長はお店のすべてを管理する能力が必要ですが、人材をしっかりとシフトで管理してお店をまもらなければなりません。

店長がどれだけバイトのシフトを上手く管理するかによって、お店の作業だけでなく自分の休みにも関係してきます。

バイトは学生からフリーターの人など、それぞれの事情によってバイトをしていますが、それほどガッツリ働く人は少ないです。

そのため人数は多くても出勤日数が少ないことも多いので、お店が大変な時にはバイトにお願いして出てもらうこともあるでしょう。

一番は自分が休みを削ってでもお店に出勤することで、他のバイトにも誠意を伝えることができますが、社員と違ってバイトは自分中心の人が多いので難しいことも多いです。

店長の仕事はたくさんありますが、人材に関しては自分の考えて上手くコントロールできない部分も多いので、どれだけシフトを管理できるかが重要です。

 - 職種に関するお悩み