仕事のお悩み解決所

コンビニのバイトで怒られることが多い時の原因と対処法

2017.11.13

コンビニはバイトが中心となって営業しているので、バイトもしっかりと責任を持って仕事をしなければ怒られることもあります。

気軽に利用できるコンビニだからこそ客からの要望にも素早く対応しなければいけないので、効率の良い仕事が求められます。

そこでコンビニのバイトで怒られることが多い時に対処法について紹介します。


コンビニのバイトで上司に怒られるのは仕事を理解していないから

コンビニでのバイトで怒られることが多いのは、コンビニの仕事内容を理解していないことが原因です。

コンビニは24時間いつでも気軽に利用できるお店で、スピード感があるから利用する方も手軽にお店で買い物ができます。

そのためサービス業としては親切丁寧な対応はもちろんですが、それよりもスピード感がなければなりません。

素早く対応するには仕事に慣れることが必要ですが、どの仕事も簡単にできる作業ばかりです。

フリーターや高校生でもできる仕事で、バイトを中心として営業しているので、慣れればすぐに対応できるはずです。

そのため仕事ではスピードを意識することと、マニュアルをしっかり体に浸み込ませることで、手早く対応することができます。

怒られることが多いのは作業の流れを理解していなかったり、レジなど基本的なことを覚えない限りは、コンビニでは通用しないといえます。

コンビニバイトでは客から怒られることも覚悟する

コンビニでのバイトの仕事は直接お客さんと接する仕事なので、スピーディーに対応することが求められていますし、お客さんも当然だと思っています。

手軽に早く対応してもらえるのがコンビニなので、遅い対応をさっるとストレスが溜まり、お客さんからも怒られることも覚悟しなければなりません。

コンビニは手軽に利用できるからこそ、多くの人が気軽にいつでも利用できるお店として成長してきました。

コンビニで働く人も以前にコンビニを気軽に利用していた人も多く、スムーズな買い物や対応は当たり前に感じているはずです。

これだけ素早い対応が当たり前のように浸透してきたので、少しでも遅い対応だとスタッフの要領が悪いと思ってしまいます。

そのためスタッフのちょっとした遅延やミスに対しても寛容にはなれずに、イラっとしてしまうことも多いです。

コンビニではバイトがメインなので仕事ができなければ怒られる

コンビニでのバイトをする時には、バイトだからという考えは捨てなければなりません。

理由としてはバイトがシフトの中心となって働くことになるので、バイトだから仕事ができなくても大丈夫という考えが通用しないからです。

利用者の多くはコンビニを何度も利用しているので、スタッフの対応もしっかりとチェックしています。

手早くスピーディーに対応することが当たり前だと思っているので、仕事ができないスタッフには厳しい評価を持ってしまいます。

一般的にコンビニの仕事はレジ対応が中心となるので、レジくらいできなければという思いが誰しもあります。

特にサービス業ではレジ対応は基本的な接客のひとつなので、レジ対応ができないのはイラっとしてしまうでしょう。

バイトだからという気持ちで仕事をしていると、上司だけでなくお客からも怒られることもあるので、バイトでもしっかりと仕事に打ち込むことが求められます。

バイトが中心なので自分がメインで仕事をする気持ちを持つ

バイトが中心となって働いているコンビニでは、怒られるのが嫌ならば自分が仕事をできるようにならなければなりません。

はっきり言えばコンビニの仕事はサービス業の中でも楽な仕事になり、狭いひとつの店内での作業なので慣れれば仕事をスムーズにできます。

しかもレジ対応が基本となりますが、レジでの対応はすぐに慣れることができるので、後は細かいその他の仕事を覚えるだけです。

コンビニの仕事は初めはかなり覚えることが多いので、大変だと思ってしまいます。

しかし多くの人はコンビニを利用したことがある側なので、ある程度スタッフの動きや対応を見たことがあるので、何となく想像することができます。

実際にレジでの接客は高校生のバイトでもできるので、後は慣れや対応の流れを覚えるだけなので、意外と楽に思えます。

バイトで怒られないようにするためにも、自分がメインで働いているという気持ちを持って仕事に打ち込みましょう。

コンビニの特性を理解しながら働くことが大事

コンビニの特性を理解しながら働くことができれば、自分が何を大事にしてバイトをすればいいか分かってきます。

スピーディーな対応とスムーズな仕事の流れがスタッフに求められるので、とにかく自分の中で決まり事をしっかりと確認して慣れるようにしましょう。

レジでの対応では温める物を先にバーコードで打って、温めるか聞きます。

バーコードで読み込んだ後は金銭のやりとりと、温めた商品の袋を用意して待つなど、一連の流れを自分の中で作っておきます。

この流れが理解できないとお客さんはイラっとして怒られることもあるので、慣れるまでは意識しておく必要があります。

コンビニは丁寧な接客よりもスピードが大切なので、効率よく作業をしてお客さんを待たせないように意識しましょう。

コンビニは手軽に早く買い物ができることが重要なので、バイトでもしっかりと特性を理解して働くことが大切です。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み