仕事のお悩み解決所

バイトの休憩は言われるまで待つべきなのか悩んだ時の対処法

2017.11.13

バイトで働いている時に自分の休憩時間なのに、なかなか休憩に行っていいと言われないとモヤモヤしてしまいます。

忙しい時間帯だと休憩時間も曖昧になってしまいがちですが、休憩をしっかりとらなければきっちり働くこともできません。

そこでバイトの立場で休憩を言われるまで待つべきなのか、悩んだ時の対処法について紹介します。


バイトの休憩は言われるまで待っていては忘れられることもある

バイトをしている時にお店が忙しくなってくると、全員が仕事に集中してしまうので、休憩のことも忘れて働く状況になってしまいます。

もちろん現場が忙しければ自分も集中して働きますが、お店によっては休憩は時間帯によって決められているので、自分の休憩が亡くなってしまう可能性もあります。

休憩に入る時のシステムが社員から休憩に行っていいと言われるようになっていれば、社員からの指示を待つべきです。

状況によって臨機応変に対応することは、社員でなくてもバイトも理解してお店に協力しなければならないからです。

休憩に行くタイミングを逃してしまえば、言われるまで待つことも必要ですが、完全に忘れられてしまうこともあります。

お店が忙しいと休憩よりも仕事に集中してしまうからなので、その時は自分から社員に聞くようにしましょう。

お店の状況次第では社員から言われるまで待つのが正しいので、休憩よりも仕事を優先して考えましょう。

バイトであれば休憩時間になれば言われるまで様子を見ておく

休憩に関してはきっちりともらうことが大切ですが、バイトの立場で社員に対して休憩について言うのは難しいでしょう。

ホールの状況によって休憩時間を調整することもあれば、少し休憩がズレても臨機応変に対応することはよくあります。

本来ならば社員から休憩を言われるまで待つことが大切ですが、自分でもホールの状況を把握して考えることも大切なことです。

どう見てもホールの状況が忙しい時は、自分でも休憩に行かない方がいいと判断できるはずです。

社員の立場であれば休憩に行かなくても頑張る思えますが、本来ならばバイトもそこまで仕事を考えてもらいたいものです。

バイトなので忙しいくても休憩をきっちりとるより、少し休憩が削れてもホールを手伝う人の方が、職場では重宝されますし仲良く仕事ができるでしょう。

休憩を言われない時は少し様子を見ながら、ホールの状況を把握して、タイミングを見て社員にお伺いを立てるようにしましょう。

休憩を言われるまで待つよりバイトからお伺いを立ててみる

バイトの休憩時間に関しては、社員から言われるまで待っているのが基本となります。

もしくは時間になったらあらかじめ順番が決められており、自分から「お先に休憩頂きます」と言って休憩に入るパターンもあります。

社員に言われてからバイトが休憩に行くお店は、お客さんの状況次第によって臨機応変に対応するので、落ち着いた時間帯を見つけて休憩に順次入ります。

あらかじめ休憩時間が決められているのは人数が多いので、必要人数をホールに残して順番に休憩に行くタイプです。

自分のバイト先のお店が社員に言われてから休憩に行くタイプであれば、ある程度時間が過ぎたとしても待っていた方がいいかもしれません。

社員判断で休憩に行かせるシステムですし、自分が大丈夫だと思っていても、社員は別の仕事で忙しくて大変な状況になっている可能性もあります。

あまりにも遅い場合にだけ、バイトからお伺いを立てるようにしましょう。

現場の状況によって一言付け加えてから休憩に行った方がいい

休憩にお入り方に関してはお店にによって違いますが、バイトが休憩に入る時に時間で決められていることもあります。

社員から休憩に入るように言われることなく、時間が来たら自分から「休憩頂きます」と周りにいるスタッフに声を掛けて入るパターンもあります。

この時は必ず声を掛けることが大切で、黙って時間だからといって休憩に入るのはよくありません。

休憩に入れば自分の分を仕事を誰かがフォローしなければないですし、逆に他の人が休憩の時は自分がフォローをします。

休憩に入ったことすら分からなければフォローのしようがないので、必ず休憩に入ることを周りのスタッフに伝えてから休憩を取りましょう。

この休憩の時には自分で遅れてしまった時は、休憩時間が減ってしまうので注意が必要です。

時間で管理されているので、しっかりと自分で休憩管理をすることも必要です。

自分の休憩を重視していると関係性が崩れるので注意する

お店では仕事を一生懸命やっているからこそ、しっかり休憩をもらいたいと思います。

しかし自分の休憩を重視していると、他のスタッフとの関係性が悪くなることもあるので注意しましょう。

社員に言われるまで休憩に行けない時に、お店が急に忙しくなった時でも、自分の休憩の心配ばかりしていれば怒られてしまうかもしれません。

バイトは忙しいから雇っているのに、忙しい時に休憩して暇な時に仕事をしていても意味がありません。

ホールの状況を見てほんの数分だけ長く仕事をしていても、お店に協力する姿勢を見せることは大切です。

全員が忙しいと分かっているのに自分の休憩の心配ばかりしていれば、和を乱すことになるので注意しましょう。

休憩に遅れて行くことはあっても、バイトの休憩がなくなることはありません。

バイトだからという意識でやっていると人間関係が悪くなるので、仕事に集中して指示に従って休憩をとるようにしましょう。

 - 業務に関するお悩み