仕事のお悩み解決所

家庭教師のバイトをしたい!テスト以外のポイントと対策

2017.11.13

家庭教師のバイトをしたいと思った時に、自分に適性があるかをチェックするために、業者によってはテストと面接を行うことがあります。

教える立場なのでしっかりと学力があることが必須ですし、面接では人柄や受け答えなどをチェックされることになります。

そこで家庭教師のバイトをする時に気をつけておくべきポイントについて紹介します。


家庭教師のバイトをするなら学力テストは必須

学力に多少の自信がある人がバイトをする時に、家庭教師のバイトをしたいと思ったら適正があるかをチェックしましょう。

家庭教師になるにはしっかりとしが学力があることと、それを証明するためにテストや面接を受けることになります。

学力テストに関しては中学、高校の問題が中心となることが多く、しっかりと理解しているかが重要になります。

このテストでたとえ満点が取れなくても、しっかりと学習して理解することができれば、家庭教師とバイトとしてやっていくことはできます。

学力テストに関しては基本は満点に近い方がいいので、基礎的な知識があることを証明しなければなりません。

大学生が家庭教師のバイトをしようと思った時に、大学受験をしたからといって、中高の問題が完璧に答えられる訳ではありません。

その分からない部分を含めて生徒に教えることになるので、自分で責任を持って勉強することも必要となります。

家庭教師のバイトをする時はテストの点数だけが全てではい

家庭教師のバイトをする時にはテストを受けて良い点数でなければ、先生としてバイトをすることは難しいでしょう。

問題だけを解いて〇をつけるのが先生ではなく、解らないこを解りやすく説明することが必要となります。

生徒からは解らない部分を質問されるので、いかに解りやすく説明できるかが重要です。

そのためまずは自分が完璧に理解していなければならないので、テストでは満点を取ることが理想です。

しかし大学生や大学を卒業した人であれば受験勉強をしているので、中高の問題であれば答えられて当然です。

テストで満点を取れなくてもミスした部分をすぐに復習し、理解できれば問題はありません。

教える生徒の学年にもよりますが、高学年になるほど問題も難しくなりますし、問題の理解度も複雑になっていくので、しっかりと説明できる能力が必要となります。

家庭教師のバイトをする適正があるかをテストと面接でチェック

家庭教師のバイトをする時に、どれくらいの学力があるかをテストでチェックすることは必須です。

そして先生として適正があるかを面接を行うことで、ある程度把握することができます。

テストの点数が満点でも家庭教師のバイトができない人もいますが、やはり先生として教えるには適正が必要となります。

テストは問題を自分がいかに理解して解いたかということが数字として表れますが、あくまでも自分が理解していることの証明にしかなりません。

テストの点数で満点を取っても、自分が理解しているだけで、その理解したことを生徒に解りやすく教えることができるかが問題なのです。

人は物を覚える時にやり方が違いますが、テストができる人は要領良く物を覚えることができる人が多いです。

その要領の良さをいかに生徒に伝えられるか、面接の受け答えなどコミュニケーション力が問われることになります。

テストの点数よりも教え方やコミュニケーション力が問われる

家庭教師のバイトをする時に大切なことは、生徒にいかに解りやすく教えることができるかです。

年齢差のある生徒に対して、真摯に向き合ってコミュニケーションがとれるか、やる気にさせることができるかです。

テストの点数が満点なのは一通りの勉強をしていますし、さらに難しい勉強をしているので当然の結果でもあります。

しかしテストは自分が理解すればそれだけでいいのですが、家庭教師となるといかに相手に納得させるかが重要です。

相手が小学生や中学生だと自分が言いたい言葉を理解できなかったりするので、解りやすい言葉を使って説明しなければなりません。

いかにしてやる気を出させて成績を上げさせるかが、家庭教師には求められます。

途中で投げ出すこともできませんし、生徒の成績に関しては自分で責任を取る覚悟が必要なので、バイト感覚ではなく真剣に教える意識が必要です。

教える学年によって指導の仕方を心得る必要がある

自分が家庭教師としてバイトをする時には、適正があるかをチェックするためにテストや面接を受けることになります。

もちろんテストは満点が理想ですし、面接では受け答えがしっかりしていたり、自分の考えを解りやすく伝えることができるかを見ています。

家庭教師のバイトをしようと思うきっかけは高額なバイト料かもしれませんが、自分のバイトによって一人の生徒の未来が掛かっているともいえます。

自分も受験勉強を戦ったことがあるので、どれだけ不安でプレッシャーが掛かるかを知っていますし、重要性も分かっているはずです。

その大事な時期の生徒に自分が真摯に向き合わなければいけないので、とても重要な存在となります。

バイトといっても生徒からすれば先生なので、先生がしっかりとしていなければ生徒の未来は閉ざされてしまうかもしれません。

指導の仕方やコミュニケーション力と共に、やる気を持って生徒に向き合えるかが重要です。

 - 職種に関するお悩み