仕事のお悩み解決所

飲食店のバイトで多いミスの種類と対処法を解説!

2017.11.13

飲食店でバイトをしている時に、たまにはミスをしてしまうこともありますが、次はミスをしないように意識しておかないと何度も繰り返してしまいます。

飲食店では同じようなミスをすることも多いので、ミスをしないようにお店で対策を考えるなど、お客さんに迷惑を掛けないようにしなければなりません。

そこで飲食店でのバイトのミスと対処法について紹介します。


飲食店のバイトで多いミスはオーダーの間違い

飲食店のバイトをしていて多いミスのひとつに、お客さんからのオーダーミスはよくあります。

お客さんによっては声が聞き取りにくかったり、忙しい状況だと慣れで勘違いして覚えてしまうこともあります。

また何か仕事をしている時に急にオーダーを単品で頼まれてしまうと、ついつい忘れてしまうこともあります。

お店の状況によっては何十分も料理がこないこともありますが、お客さんからのクレームによって発覚することも多いです。

またせっかく料理を頼んだのに違うテーブルに運んでしまったことで、頼んだお客さんにメニューが届かないミスもあります。

対策としてはオーダーをもらった時には必ず復唱をして、お客さんと一緒に確認をすることが大切です。

また同じメニューでも種類がいくつかある場合には、きっちりと確認することが大切です。

飲食店で違うメニューが出てきたり、オーダー間違いがあっては信用問題になってしまうので注意しましょう。

飲食店でのバイトでは金銭関係のミスは許されない

飲食店でのバイトをする時に、慣れてくるとホールを回りながらレジの対応もしなければなりません。

レジは最後にお金のやり取りをするので、信頼できる人が担当することが多いです。

そのためお店側も任せっぱなしにすることも多く、ミスが発覚した時にはいつ間違えたか分からないことも多いです。

金銭関係のミスはレジのお金が多かったり、逆に少ない時も両方大きな問題となります。

お金が多い時はお客さんが高い料理だと思って、次に来なくなってしまう可能性もあるからです。

500円のメニューなのにお釣りは500円なのに、間違えて100円しか渡さなければ、お客さんにとっては900円のメニューになってしまいます。

料理に見合った金額ではないと思えば、次からは来店しなくなってしまうのでお客を減らしてしまうことになります。

美味しい料理を食べて気持ち良く帰ってもらうためにも、レジでのミスはしないようにしなければなりません。

バイトのミスとして飲食店ではお客さんを待たせることも多い

食事をしようとお店に行ったのに、混雑していればある程度待たされるのも覚悟して待っています。

しかし店内があまりにも混雑して忙しくなってくると、混乱してしまうのでしっかりお店を回すことができなくなってしまいます。

飲食店でバイトをしている時に、お客さんを待たせてしまうミスをしてしまうと、ストレスが溜まってトラブルに発展する可能性もあるので注意しなければなりません。

混雑してきた時だからこそしっかりとホールの状況を確認し、待っているお客さんをスムーズに誘導することが大切です。

忙しくなると席の片付けが後回しになってしまうので、新規のお客さんを案内することができません。

バイトが複数人いるのであれば誰が何の担当をメインでやるか決めておくと、優先して仕事をすることができるので、ミスも少なくなります。

忙しい時こそ他のスタッフとの連携を重視しましょう。

効率よく作業ができるようにならないとミスをしてしまう

飲食店でのバイトはお店の忙しさによってもミスをしてしまうこともあるので、忙しい時はそれなりの適応力を身につけなければなりません。

バイトでミスをしてしまう時は、効率よく仕事をこなすことができないため、自分の中で焦ってしまうことが原因となります。

1つの仕事をするのは完璧でも、複数の仕事を同時に頼まれた時に、何をどうすればいいか悩んでパニックになってしまうため、ミスが連発してしまうのです。

自分の中で忙しくてミスをしてしまうと思った時は、忙しさに無理に対応するのではなく、まずはマイペースで仕事をやるようにしましょう。

どうすれば効率よく仕事をすることができるか考えて、焦らず効率を重視して仕事をするように意識します。

すると何度も同じような場面が出てくるので、慣れてくることで素早く対応することができるようになります。

焦って仕事をするほどミスも多くなるので、忙しい時ほど落ち着きながら素早く対応することを意識しましょう。

料理をこぼしたりお皿を割ることはよくあること

飲食店でバイトをした時に、お皿を割ったり料理をこぼしてしまうミスはよくあることです。

大きなお店では1日1回はあってもおかしくないほど、誰かがミスをしてしまう頻度も多いでしょう。

お皿を割ってしまった時は大きな音が出てお客さんもびっくりするので、「失礼しました」と他のスタッフも声を掛けましょう。

素早く掃除をすれば問題ないので、焦らずゆっくりと対応すればお皿を割ることもなくなります。

料理をこぼしてしまうミスは、複数の料理を運んでいる時に置きやすいミスです。

また店内に子供がいて気がついたら目の前にいた時に、よけようとしてこぼしてしまうこともあります。

もしもお客に掛かってしまえば、すぐに店長に報告して一緒に謝罪をしましょう。

お店によって対応は変わりますが、バイトであればすぐにおしぼりを用意して拭き取ることを優先すれば、後は店長が対応してくれるはずです。

よくあるミスだからこそバイトでも意識してミスをしないようにしなければなりません。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み