仕事のお悩み解決所

バイトの面接を2つ掛け持ちして受ける時のポイント

2017.11.13

バイトを探す時は求人誌を見て複数のお店をピックアップして面接を受けると思いますが、バイトの面接を2つ以上受ける場合は気をつけないとトラブルになることもあります。

面接が被ってしまったり思っているよりも長引いて時間に遅れてしまうなど、いろいろなケースも想定できます。

そこでバイトの面接を複数受ける時のポイントを紹介します。


バイトの面接を2つ以上掛け持ちすることで採用確率を上げられる

バイトの面接を同じ日に2つ以上受けることによるメリットは、単純に採用確率を上げることができます。

バイトの面接は後日連絡がくることが多いですが、ある程度手ごたえを感じることもできるでしょう。

しかし採用の連絡があるまでは何もできないですし、もしかしたら不採用になっていれば、そこからさらに探さなければいけません。

すぐにでもバイトをしたいのに採用の連絡を待ってから行動しては、どうしてもバイトをするまでに時間が掛かってしまいます。

そこでバイトを面接する時に複数を同時に面接していれば、たとえ不採用になっていても1つ受かっていればすぐに働くことができます。

バイトは働いてみないと自分に合っているか分からないので、とりあえず採用してくれなければどうすることもできません。

すぐにでもバイトをしたいという人には、同時に複数のお店で面接を受けることをおすすめします。

2つのバイトの面接を掛け持ちしている時ははっきりと伝える

バイトの面接を受ける時に気をつけるポイントとしては、面接の時に2つ以上のお店で面接を受けていることを伝えることが大切です。

採用担当者とすればメリットとデメリットがありますが、伝えることのメリットは良い人材であれば、すぐにでも採用してくれる可能性が高くなります。

他の所でバイトをしてもらうよりも、自分のお店で働いて欲しいと思った時に、取られないように即決して決めてくれることもあるからです。

面接はその後の面接者の兼ね合いもあるので、即決することはなかなかありません。

しかしある程度合格だと思うレベルの人材であれば、後から採用して断れれるよりも、すぐに採用した方がいいと考えるからです。

複数の面接を受けていることを伝えるデメリットとすれば、他が採用しない人材を自分のお店でも採用したくないと思ってしまうことです。

しっかりと面接すれば自分の良さも分かってくれるので、メリットの方を期待してはっきり伝えた方がいいでしょう。

バイトの面接を2つ並行している時は時間に余裕を持って受ける

同じ日にバイトの面接を2つ以上受けている場合は、時間に余裕を持たせて受けるようにしましょう。

お店や面接官によって面接の内容や時間も違うので、自分が思っているよりも時間が掛かってしまい、次の面接に遅れてしまうことも考えられます。

面接は自分一人ではなく他にもたくさん面接を受けている可能性があるので、時間通りに面接が始まるとは限りません。

面接自体は15分から30分程度を予定していれば大丈夫ですが、面接開始が遅れればそれだけ予定もズレてしまいます。

そのため同じ日に面接を複数受けるのであれば、面接時間に余裕を持っておかないと、面接の時点で遅れてしまっては心象も良くありません。

せっかく面接を受けることになっても、面接を受ける前から心象が悪いまま面接を受ければ、採用確率も低くなってしまうので、時間には余裕を持たせておきましょう。

両方採用された時にはきっちり断りの連絡を入れる

2つ以上のバイトの面接を受けた時には、同時に複数のお店で採用してくれることもあるでしょう。

自分が選べる立場となりますが、採用された時に他にも面接を受けていることを伝えていないと、せっかくの採用も取り消しになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

お店側もせっかく採用したのに働くのを待って欲しいと言われれば、他にやる気のある人材を採用したいと思うのは当然です。

そのため複数のお店で面接を受けた時には、早く対応してくれたお店に決めるなど、自分でルールを決めておくと良いでしょう。

どのお店で働きたいか選ぶのもいいですが、実際に働いてみないと分からないことが多いので、結局は自分に合うお店かは運の要素も強いです。

そのため初めに採用してくれたお店に決めて、他のお店には断りの連絡を入れるようにした方がいいかもしれません。

面接を複数受けている時は、採用を決めた時点で断りの連絡を入れるのがマナーなので、無視をせずしっかりと最後まで対応しましょう。

他にも面接を受けていることを伝えて誠実に対応する

バイトの面接を受けた時に2つ以上のお店から採用された時は、誠意を持って対応することが求められます。

自分の勝手で複数のお店で面接を受けていたので、採用を決めた時点で他のお店には断りの電話を入れるのが常識です。

お店側はどの人材を選ぶか悩んでいますし、自分を選んだことで他の人が落とされてしまうことになります。

早く採用されたことを連絡することで、会社側に取っ手も手間が省けるので助かります。

せっかく採用を決めた人材から断られてしまうと、また人材を決め直さなければなりません。

バイトの面接であっても社会人として誠実に対応しないと、自分が社会人としての人格やモラルが疑われてしまいます。

どこでどんな繋がりがあるか分かりませんし、自分が社会人としての自覚を持つには、常識を兼ね備えてスキルアップすることが大切なので、最期まで誠実に対応しましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み