仕事のお悩み解決所

バイトを辞める時に制服は返却するの?迷った時の対応策!

2017.11.13

バイトを辞める時には制服の対処について悩んでしまうこともありますが、制服に関しては何も言われないこともあるので後回しにしてしまうことも多いです。

貸出の制服であれば返却しなければいけませんが、返却について悩んだ時はどうすればいいのでしょう。

そこでバイトを辞める時の制服の対処について紹介したいと思います。


バイトを辞める時は制服の返却について確認しておく

バイトを辞める時に聞いておくことは、辞める時にどのような流れで辞めればいいか確認することです。

制服の対処についても聞いておくことのひとつなので、お店から言われなくても自分から聞いた方が無難でしょう。

バイト経験がある人は何度か辞める経験をしたことで、スムーズに退職することができるはずです。

辞める前に制服をどのようにすればいいかも分かっているので、自分から聞いておくようにしましょう。

大抵はクリーニングに出すので、専用の場所に返却するか、もしくは直接退職日に上司に返却するようになります。

制服は自分が辞めても次に入社する人が使用するので、きっちりと返却するのが一般的です。

もし制服の返却方法に悩んだら、気軽に上司に確認をしましょう。

制服だけでなくロッカーや支給品に関しても、最期は綺麗に返却することがモラルなので、きっちりと返却してから辞めましょう。

制服はバイトを辞める時に返却するのが一般的

制服に関してはバイトを辞める時に返却するのが一般的ですが、バイト経験がない人にとってはどうすればいいか悩むでしょう。

バイトを辞める時は退職日に自分のロッカーをすべて空っぽにし、私物を全部持ち帰ります。

その時にお店から支給された制服があれば、きっちりと支給分を返却しなければなりません。

お店によって直接上司に渡すか、クリーニングに出すか、ロッカーに入れておくか決まっているので、結局は上司に確認することなるでしょう。

制服に関しては自分で買った物であれば返却する必要はないので、自分で買った物はしっかりと覚えておきましょう。

自分で購入するのは靴やズボンが多いので、上だけ制服を借りていることも多いです。

いらなければ全部お店に渡すのもいいかもしれませんが、私物は基本的にはすべて整理しなければならないので、支給品だけを返却しましょう。

バイトを辞める時に制服の処分に困ったら募集要項を確認する

初めてバイトをしてから辞める時は、バイトの辞め方も分からず不安なことも多いでしょう。

制服に関して返却場所や要領に困った時は、募集要項を確認しておくのもいいかもしれません。

募集する時にほぼ必ず制服のことについて書かれているので、チェックしてみると良いでしょう。

制服貸しと書かれていれば返却しなければいけないので、きっちりと返却してから辞めましょう。

もしも退職した後に自宅に制服があることが分かったら、お菓子のひとつでも買って挨拶のついでに制服を返却するのもいいでしょう。

制服は支給品とは言え安いもんではないですし、今後入店する人に使ってもらわなければなりません。

もしも給料が後日支払われることになっていれば、制服を返却しないと代金を引かれてしまう可能性もあるので、無駄な出費を抑えるためにもきっちり返却しておきましょう。

制服を返却しないままだと給料から差し引かれることもある

制服に関しては自分が辞めても次の人が着用するので、制服がなければ困ってしまいます。

新たに制服を買うといってもお店などの制服に関しては、思っているよりも高くつくので、無駄な出費となってしまいます。

すると辞める人が制服を返却していない場合、制服代について給料から差し引かれる可能性もあるので注意しましょう。

違法行為だと言われるかもしれませんが、制服代に関しては入社時に確認したりして、返却しなければ買い取りになると言われることもあります。

制服がなければ次の人が困ってしまうので、新たに買わなければなりませんが、無責任なバイトのせいで無駄な出費が増えるのは納得できないでしょう。

バイトを辞める時は円満にスムーズに辞めたいので、制服代金に関して請求されたり、後からいろいろトラブルにならないようにきっちりと返却することを忘れないようにしましょう。

制服をもらっても使い道はないので返却した方が無難

バイトの制服に関しては、辞めることになったら普通はいらなくなって返却するものです。

自分が持ち続けていても使うことはないですし、着る機会もないので持っていても無駄になるだけです。

お店から貸し出された制服を返却しなければ、窃盗罪になるので返却することは義務です。

実際に自分が洗濯するために家に持ち帰ったままでも、使い道はないので邪魔になるはずです。

制服に関しては自分以外にも必要としている人がいるので、次の人のためにも返却しましょう。

面倒だからといって制服を持ち続けて返却しないと、後日払われる給料分から制服代金を引かれることもあるかもしれません。

持っていても無駄な制服なので、請求される前にきっちりと返しておきましょう。

制服に関しては自分から返却方法を聞いておいた方が無難なので、後から返却に困らないように退社当日にしっかりと聞いておきましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み