仕事のお悩み解決所

バイトを辞めたいのに店長が怖いのでやめられない時の対処法

2017.11.13

バイトを辞めたいと思っているのに店長が怖いので、なかなか辞めると言い出せない経験をした人もいるかもしれません。

お店によっては人材をギリギリまで減らして働いているので、バイトが一人辞めるだけでも大変になってしまいます。

そこでバイトを辞めたいのに店長が怖くて言い出せない時の対処法について紹介したいと思います。


バイトを辞めたいのに店長が怖い時は他の上司に相談する

バイトを辞めたいと思っていても、店長が怖いので言い出せないこともあるかもしれません。

店長になれば利益を上げなければお店を営業してくことはできないので、仕事中はシビアになっていることも多いでしょう。

そのためマイナス要因に関しては不快感をあらわにしてしまうことも多く、バイトとは接点が少ないほど怖い存在だと思われてしまいます。

実際はとても優しく穏やかな店長であっても、売り上げや利益が悪ければ機嫌も悪くなりますし、死活問題なので深刻に受け止めています。

そんな状態の時に直接辞めることを伝えても、不機嫌になるのは当然なので、上手く社員や他の上司を使って伝えるのもいいでしょう。

辞めることは本来であれば直属の上司に伝えるものですが、店長が忙しいと判断すれば、次の立場の上司に報告しても問題はありません。

上手く他の上司に相談をしてスムーズに辞める手はずを整えましょう。

店長が怖いのでバイトを辞めたいのに言えない時は時期を見て話す

今すぐバイトを辞めたいのではなく、いずれ辞めたいと思っている程度であれば、時期を見て辞めることを伝えるようにしましょう。

店長が怖いので言い出せないとしても、機嫌がいい時であれば辞めると言ってもすんなり受け入れてくれるでしょう。

逆に忙しい繁忙期などに辞めると言えば、当然不機嫌になったり嫌味を言われてしまう可能性も高いです。

お店にとって繁忙期は特別な時期なので、その時期を狙って辞めるのは裏切り行為だと思われてしまいます。

店長だけでなく社員全員から恨まれる可能性もあるので、辞める時期はとても重要です。

店長が怖くて言い出せいない時は当然繁忙期を避けて、暇な時期や機嫌が良い時を狙って伝えるといいでしょう。

人材が減るのは大変なことですが、いずれは何人か入れ替えをするものなので、時期をしっかりと見極めれば辞めると言ってもすんなり受け入れてくれるはずです。

バイトを辞めたいのに怖いので言えない時は体調不良を理由にする

どうしてもバイトを辞めたいと思っているのに、店長が怖くて言い出せない時は、体調不良を理由にして辞めるのもひとつの方法です。

店長が怖い存在なのはどのお店も同じですが、時期を見極めて繁忙期を避ければ特に普通に辞めることはできるでしょう。

しかし稀にブラックバイトのように辞めさせてくれなかったり、怖くて辞めると言い出せない雰囲気を作るお店もあります。

そこで体調不良を理由にして辞めることによって、仕方なく辞めざるを得ない状況を作りましょう。

体調不良としてよく使われるのは腰を痛めてしまったため、動くのも辛いといった状況になれば、無理に働かせるわけにはいきません。

とにかく出ろと言われた時は、腰が痛くて動けないフリをすることで、使えない人材だと思わせれば、辞めるのも了承してくれるはずです。

体調不良であれば仕方なく辞めることができるので、店長が怖くても問題ありません。

悩むほど言いにくくなるので1ヶ月前にサラッと伝える

お店によって働く規定は違いますが、一般的にバイトを辞める時は1ヶ月前に伝えれば辞めることができます。

実際は2週間前でもいいかもしれませんが、お店によっては人材を確保できないため、1ヶ月前に辞めることを伝えて欲しいと言われることもあります。

人材を募集する期間と採用してから使えるようにするまでの期間があるので、1ヶ月前に伝えればスムーズに辞めることができるはずです。

バイトを辞めたいのに店長が怖いと思って言い出せないと、どんどん言いにくくなってしまいます。

また急に辞めたいと言えば当然怒られてしまいますが、1ヶ月前であれば案外あっさりと受け入れてくれるはずです。

次の人材を確保する時間を作ることができれば、辞めると言われても問題ないからです。

急に辞めると困りますが、しっかりと正規の手順に従えば店長が怖くても問題なく辞められるでしょう。

正規の手順に従えばきっちり対応してもらえる

バイトを辞める時には正規の手順に従って辞めることで、どんなお店でもすんなり辞められるはずです。

店長が怖いのは多くのお店で同じですし、怖いからと言って辞めると言えないのは、自分が勝手にビビっているだけです。

バイトを辞めたい時ははっきりと伝えることが大切ですし、早めに店長に言うことですんなり辞められる可能性も高くなります。

やってはいけないことはギリギリになって辞めると伝えることですし、バックレることも許されません。

怖いと思うのは自分の客観的な店長への偏見なので、しっかりと雇われている側とすれば、筋を通して正規の手順に従うだけです。

怖い店長だっから辞めると言えないのは、子供ではないので通用しませんし、社会人として責任をしっかり持って対応する必要があります。

きっちりと正規の手順に従えば辞めらえるはずなので、あまり深く悩まずに気軽に伝えるようにしましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み