仕事のお悩み解決所

部下の女性を食事に誘う時に気をつけておくべき事とは

2017.6.27

上司として部下の女性を食事に誘うこともありますが、男性部下と違っていろいろと気を遣わなければいけないことがあります。

特に食事に誘ってお酒を飲むのであれば、トラブルになることもあるので注意が必要です。

会社では部下でも会社の外では女性なので、扱いを間違てしまうと大変なトラブルに陥ってしまうこともあります。

そこで部下の女性を食事に誘う時に気をつけておくべきことについて紹介します。


部下と言えども女性なので食事に誘う時はスマートに誘う

男性が女性を食事に誘う時にはしつこく誘うと嫌がられるので、スマートに誘うことが大切です。

会社の部下と言えども相手は女性なので、上司の命令として食事に誘ってしまうと相手の女性は困ってしまいます。

上司の命令には逆らえないですが、上司の事が信頼できない人だと思えば、プライベートで一緒の時間を過ごしたくないと思っているでしょう。

男性同士ならば男の付き合いもありますが、男女で無理に付き合う必要はありません。

そのため上司が部下の女性を誘う時にはスマートな誘い方をするように、意識して誘うことが大切です。

部下の女性に行くか行かないかの選択肢を与えることは必要ですし、さらに時間や行くお店も女性の好みの店を選ぶと良いでしょう。

誘われた時に雰囲気のあるようなお店ならば気まずいですし、高いお店に連れていかれても悪い気がして恐縮してしまいます。

スマートな誘い方をして女性がどちらの返事もしやすいように、軽い感じで誘うようにしましょう。

部下の女性を食事に誘う時には目的を伝えてから誘う

会社の上司と言えども男性なので、部下の女性としては男性から誘われると少なくとも警戒をしてしまいます。

なぜいきなり食事に誘われたのかと勘ぐってしまうので、不安が大きくなるでしょう。

そこで上司が部下の女性を誘う時は、食事にいく目的を伝えてから誘うと不安を払拭させることができます。

最近女性部下が元気が無いので元気を出させるために、食事をおごって元気になってもらたいという意味で誘えば、女性もありがたくがっつり飲むことができるでしょう。

部下の女性が悩んでいる素振りが気になっていれば、悩みを聞くために食事に行かないかと誘ってくれることで、女性も上司に相談をしやすくなります。

食事に誘う目的を始めに伝えておくことによって、女性も安心して食事に行くことができるので、警戒心を解くためにも初めに理由を伝えておきましょう。

上司を信頼して食事に行くので部下の女性を失望させないこと

部下の女性は職場ではなかなか悩みを打ち明けられなければ、上司に相談をしたいと思うこともあります。

上司が食事に誘ってくれた時に、悩みを相談したいと思っている女性もいるかもしれません。

あくまでも女性部下は上司のことを信頼しているからこそ食事の誘いを受けるので、それ以上の関係を求められても無理です。

また会社では仕事ができて信頼できる上司だと思っていたのに、プライベートではだらしない性格だと女性部下も失望してしまいます。

会社以外のプライベートな時間で食事を共にするのは、相手を信頼しているからこそ一緒に食事に行くことができるのです。

その信頼を食事に行った時に裏切ったり失望させるような行動は、とらないように注意しましょう。

特にお酒が入るとプライベートなことを注意したり、誘ったりして信頼を失ってしまうこともあるので、食事に誘った後の行動に責任を持ちましょう。

女性を食事に誘う時は安心できる環境づくりを心掛ける

上司が部下の女性を食事に誘う時は、行くお店から帰りの心配まで細かいことに注意を払っておくことが大切です。

相手は部下と言えども女性なので、プライベートな時間では会社のようにはいきません。

部下だから適当に扱うのではなく、1人の女性として気を遣わなければ次に食事を共にすることはないでしょう。

女性部下が安心して食事ができる環境を作ってあげることで、リラックスしながら話をすることができます。

上司が部下を誘う時は仕事の悩みや会社の話しなので、女性部下が安心して話ができる環境を作ることは大切なことです

行くお店が高級店だとデートのように感じるので、気軽に行けるお店を選ぶのが無難です。

また駅から近いお店や女性部下が行きたがっていたお店など、帰りの心配もしないで安心できる地域や場所で食事をするのも大切です。

部下の女性を誘う時は上司が安心できる環境づくりをしてあげることが大切なので、細かい配慮を欠かさないようにしましょう。

仕事とプライベートを混同しないようにすることは大切

男女で食事をしているとついプライベートな話をしてしまいそうですが、上司が部下を誘うのであれば目的意識を持って話しをすることが大切です。

相手は部下と言えども女性なので、食事をしている時にプライベートなことまで聞くのは失礼に当たります。

部下の女性を誘う時は男性の部下と違って、目的意識を強く持つことが大切です。

ここまで書いてきましたが、女性部下を誘う時はいろいろなことに気を配ってから食事に誘うことが大切です。

会社の外にでれば職場の上司と部下との関係は薄れてしまいますが、上司として信頼される行動をとることが求められます。

最後まで読んでくれた方も女性の部下を誘う時には、目的意識を持って相手が女性だと強く意識しておくようにしましょう。

女性部下が信頼できる上司だと思ってくれれば、その後の関係性もさらに良くなるので、良い関係性になれることを願っています。

 - 部下に対するお悩み