仕事のお悩み解決所

二日酔いで仕事を早退したり、休んだりする人はこんな人!

2017.7.24

前の日に、ついつい飲みすぎてしまって、次の日に二日酔いになった人、めちゃくちゃいますよね。

そんな日は会社を休みたい、けど行かなきゃならない時は辛いですね。

ではなぜ二日酔いになるのかご存知ですか?

二日酔いの原因とは何でしょうか。

二日酔いのメカニズムや予防法、ズル休みや早退をした口実などを調べてみました。

次の、飲み会にぜひ、役立ててみて下さい。

二日酔いで仕事を早退?辛い二日酔いのメカニズムはこれ!

飲みすぎて頭が痛い、吐き気がする二日酔いって辛いから、仕事を早退したいくらいって思いますよね。

飲みすぎてどうして二日酔いになるのでしょう。

二日酔いのメカニズムを調べてみました。

二日酔いといえば、頭痛、吐き気、自立神経症状などがあります。

実は、二日酔いの定義が定められてはいません。

二日酔いを引き起こす要因としては、お酒の離脱症状、ホルモンの異常や脱水、酒に含まれる不純物など、他にもあります。

酔いは、アルコールが脳を麻痺させてしまうことで、二日酔いの酔いとはまた、違うことは分かっています。

ある説に、アセトアルデヒドが二日酔いの原因とされている説です。

アセトアルデヒドは、有害物質で、血液中に増えると頭痛や、吐き気をしたり、二日酔いのような症状が出ることがあります。

本来、アセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、分解し切れなかったものは、血液中に流れてしまって、体に症状として現れるようです。

二日酔いで仕事を早退する?休む?迷ったときの対処法!

二日酔いで、仕事を休んだり早退したりしたことがある人は、約22%もいるデータがあります。

二日酔いで気分が悪くて早退したいと会社に言えない方が結構いますね。

二日酔いは自己管理がなってないということになり、早退したいなんて言えば、周りの社員の人の仕事がふえますし、白い目で見られる覚悟が必要です。

もう、二日酔いのときは、大事な日ではない限り休んだほうがいいと思います。

仕事に行っても頭痛するし、気持ち悪いし、トイレに行きっぱなしになると、仕事どころではありませんよね。

家で寝ていても、家の人に言われてしまうかもしれませんが、自業自得と思い静かに横になりましょう。

二日酔いで仕事を休むとなると、理由が必要ですが、二日酔いと会社に言えますか?

正直に言えない方が、二日酔いで休むとき、会社にどんな口実で休むのか調べてみました。

二日酔いで仕事を早退するのはいや!会社を休む口実を紹介!

二日酔いなら、仕事を早退よりも休みたいものです。

ですが、あなたは二日酔いと正直に言えますか?

二日酔いなんて言えないっていう方は、どんな口実を使い休んでいるのか調べてみました。

5人に1人が、ズル休みを経験したことかあるようですね。

二日酔いとは、言わずに、気分が悪くてと伝えるというのがあります。

親族の不幸と伝えるときは、遠い親戚など、近親者は避けるといいようです。

子供がいたら、発表会などと言って、写真みせてと言われたら、バレてしまうので、二日酔いのときはやめましょう。

熱があるので休ませてというのも、良くありますね。

ちょっと、とつけると怪しまれるので、ちょっとは言わないようにしましょう。

熱がでていたら、うつされると困るので会社側としても、家にいて!と思われるかもしれませんね。

ズル休みは、いけないことですが、二日酔いで会社行っても、周りに迷惑がかかるなら、その日はゆっくりしたほいがいいと思います。

二日酔いにはもうならない!自己管理をし、二日酔いを防ぐ方法!

二日酔いは、自己管理で防ぐことができたら良くないですか?

二日酔いの予防法をお教えします。

水分を多く飲んで、たくさんの尿でアルコールの排出を促します。

肝臓の働きを良くするために、ビタミンC、クエン酸を多く摂りましょう。

レモンにはクエン酸がたくさん含まれていますから、ミネラルウォーターに、レモンを少し入れた、レモン水を飲むと、疲労回復の成分が働きかけますからおすすめします。

ウコン茶を飲むのもいいです。

ウコン茶に含まれるクルクミンという、ポリフェノールが、二日酔いの原因の、アセトアルデヒドの分解を促してくれます。

沖縄の方は泡盛をよく飲みますが、ウコン茶もよくのまれますよね。

しじみには、オルニチンというアミノ酸成分があり、肝機能の保護効果があります。

二日酔いは、予防法をうまく活用することで防ぐことできますが、一番は、飲みすぎないことが大事ですね。

二日酔いの症状によく似た病は、アルコール依存症を紹介

飲みすぎを通り越すと、アルコール依存症になりうることがあります。

自分でお酒をコントロール出来ないことです。

飲酒を続けると、耐性ができて、酔いにくくなり、酒を飲む量が増えてしまいます。

酒の飲みすぎを自分では自覚がないために、更に飲む量が増えてしまいますとアルコール依存症になります。

二日酔いによく似た症状が、アルコール依存症の離脱症状がでてきますが、頭痛、吐き気、幻覚、イライラ、血圧の上昇などで、これらの離脱症状から逃れたいために、また、酒を飲み始めてしまいます。

本人が、病気のことに気付かなくても、まず自覚することが大事ですね。

症状が悪化してしまうと、回復までに時間がかかってしまいます。

アルコール依存症は、男性より2倍、女性に多く、夜遅くまで空いてる店が増えたことも原因と思います。

ちょっと1杯が、1杯でなくなるのが、アルコール依存症の初期症状ですから、節度ある飲み方をして頂きたいものです。

 - 業務に関するお悩み