仕事のお悩み解決所

バイトのシフトの希望が通らない時に考えておきたい事とは

2017.8.2

自分が働いているバイトのシフト希望が通らないと予定が組めないですし、わざわざ就職しないでバイトをしている意味がありません。

自分の予定を優先したいと思ってバイトで働いているのに、シフトの希望が通らないとなれば、このバイトにこだわることはないと思ってしまいます。

そこでバイトのシフト希望が通らない時に考えておくべき事について紹介します。


シフトの希望が通らない時はバイト全員が平等かチェックしておく

バイトで働いている事情は人それぞれ違いますが、自分の予定を優先したいと思って就職せずにバイトをしている人もいます。

お店の状況によってはシフトの希望が通らないことがあるのは仕方ないですが、毎回シフトの希望が通らないことが多くなると、なぜ自分だけシフトが通らないのかと思ってしまいます。

バイトによっては忙しい時期があるので、誰もが希望通りにいかないこともありますが、あまりにも希望が通らなければ自分の中で納得するために、他の人のシフトもチェックしましょう。

自分だけがシフトの希望が通らないのか、全員が希望通りにいっていないのかを納得するために確認します。

もしも自分だけがシフトの希望が通らないのであれば、このバイトを続ける必要はないですし、上司からのいじめと捉えてもいいでしょう。

しかしほとんどの人のシフトが通らない状況ならば、もう少し様子を見ようと思えるようになるので、ねばり強くシフトの希望をお願いしましょう。

希望が通らない時はバイトを辞める覚悟でお願いしてみる

バイトのシフトが通らない時でも、どうしても自分には外せない用事もあります。

希望が通らないとなれば諦めることになりますが、この日だけは譲れないという日があるのであれば、本気になってお願いしましょう。

もちろん前もってお願いしておく方がシフトの希望も通りやすいので、シフトの希望を出す前から前もってお願いしましょう。

この日だけはどうしても休みが欲しいとお願いすれば、例えお店が忙しくても何とかしてくれるはずです。

上司にとって人数を確保することが仕事なのは分かりますが、バイトが一人いなくなったからとって、お店が成り立たないということはありません。

苦労は掛けますが何とかなるはずなので、バイトを辞める覚悟で必死になってお願いしてみましょう。

シフトの希望がどうしても通らない時はバイトを続けることはありませんし、今後も同じようなことが続くはずです。

自分にとって何が大事なのかを考えれば自ずと答えは出るはずなので、辞める覚悟でお願いをして、相手の態度によって臨機応変に対応しましょう。

シフトの希望が通らないことを見越してバイトをしてみる

わざわざ自分が就職しないでバイトをする理由は、自分の予定を優先したいと思っているからという人も多いでしょう。

しかしバイトだからと言ってすべてが希望通りにシフトが組めるとは限らないですし、バイトばかりの職場ならばなおさら希望は通らないことが多いです。

社会人として働くことになればバイトでも責任を持って働かなけれなならないので、シフトで我慢することも多々あります。

これは自分に限ったことではないので、ほとんどの人はシフト通りにいかないことが多いでしょう。

これが社会に出て働くということでもあるので、厳しさを知ることも必要なことです。

例えばバイトだからといってサービス業なのに、土日祝日や連休中に休もうとすれば、シフトの希望は通らないのは当然のことです。

これは自分が一般常識がないと捉えられても仕方のないことなので、甘い考えを変えなければなりません。

始めからシフトの希望は通らないと思っていれば、希望が通らなくても仕方がないと思えますし、希望が通れば嬉しく思えるはずです。

バイトをやっている意味を考えてシフトについて考えてみる

自分がなぜバイトで働いているのか、時には意味を考えることは必要なことです。

シフトの希望が通らないのにバイトで働く意味は無いと感じることもあるはずです。

希望が通らなければ就職して正社員として働いても同じことですし、バイトだから多少は融通が利くと思って働いているはずです。

自分が何を大事にしているのか、じっくり考えれば自ずと答えは出てくるはずです。

自分の夢を叶えるために働いているのに、夢を叶えるための時間を取ることができずにバイトをしなければいけないのであれば、シフト自体を考え直さなければなりません。

シフトの希望を出しても希望が通らなかったり、自分が本当にやりたいことのために時間が取れないのであれば、バイトを必死で頑張る意味はありません。

シフトの希望が通らないことが多いと思うようになった時は、シフトについてじっくりと考えてみて、希望が通らなければバイトを辞める覚悟も必要です。

シフトの希望が通らないのにバイトを続ける意味はない

自分がバイトをしている意味をはっきりと認識していれば、自分のシフトの希望が通らないことが多くなれば働いている意味がないと感じるはずです。

なぜバイトをしてまで自分の時間を確保したいと思っているのかは、自分がやりたいことを優先するためにバイトをしているはずです。

正社員よりもバイトの方が融通が利きますし、休みも多く確保しやすいといメリットがあります。

自分にとって働くよりも夢を叶えるために自分の時間を確保する方が大事なので、やりたいことを一番優先したいと思っているはずです。

バイト先の仕事が忙しいからシフトの希望が通らない事情も分かりますが、自分の気持ちを考えることも大事なことです。

そのバイトにこだわることなく他のバイトをする選択肢もあるので、自分にとって何を一番優先したいのか、常にブレずに考えておきましょう。

 - 会社に対するお悩み