仕事のお悩み解決所

コンビニオーナーの給料事情は?意外と儲かる給料の仕組み

2017.8.1

コンビニオーナーになるのは大変で、フランチャイズに加盟して働くとなれば、何度も面接をしたり資金繰りに動き回ることもあります。

しかし大変な仕事だからこそ一度波に乗ってしまえば、安定した収入を得られるからこそ、コンビニオーナーになりたい人はたくさんいます。

そんなコンビニオーナーの給料事情について紹介したいと思います。


コンビニオーナーの給料はお店の規模によって変わる

コンビニオーナーの給料は自分のお店の規模によって変わってくることが多いです。

そのため、どのお店のオーナーさんも大差はない給料をもらうことができるので、安定した収入を得られやすいと言えるかもしれません。

理由としてはコンビニオーナーは大手のコンビニのフランチャイズとなっているので、大手のブランド名を借りながら営業することができます。

個人でコンビニをするよりも大手の名前を借りた方が、誰もが利用しやすいので集客が望めます。

またコンビニ経営のノウハウをイチから学ぶこともできるので、安定した売り上げや利益を上げられる知識を得ることもできるメリットがあります。

そのため同じフランチャイズのコンビニならば品ぞろえも同じなので、売り上げには大差はないと言えます。

後は立地条件や周りの競合店の状況によって変わってきますが、ほとんど同じくらいだと言えるでしょう。

お店の規模も大体どのコンビニも同じくらいなので、規模が大きくなれば収入も増えるので規模によって変わってくるのです。

給料を増やしたければコンビニオーナーとして複数店舗を経営

コンビニオーナーの給料はどのコンビニ店でも同じくらいなので、大きく売り上げを出さない限りはほとんど変わりません。

そのためある程度一店舗での実績を積み合えることによって安定した売り上げが見込めるようになれば、二店舗目のフランチャイズ化をすることもできます。

一店舗目で経営を学ぶことができるので、二店舗目でもほぼ変わりなく経営することができるはずです。

店舗数が多くなればオーナーなので当然収入も倍になるので、給料を増やしたければ複数店舗を経営することによって、収入を上げることができます。

しかしコンビニ経営は一店舗でも経営が難しいので、相当な信頼関係とやる気がなければできません。

店舗近くの状況にもよりますが、競合店が少なければ店舗を増やすことは有効な手段となるので、安定した売り上げを期待することできます。

複数店舗の経営は給料を上げる手段のひとつですが、相当な覚悟がなければできないと言ってもいいでしょう。

コンビニオーナーの給料は年収600万円以上が目指せる

コンビニのオーナーとして店舗を経営することができれば、給料としては600万円前後が見込めるようです。

あくまでもオーナーという立場なので売り上げが悪くなれば当然給料も真っ先に下がるので、ある程度安定した経営が必須となっています。

しかし一度お客さんがついてしまうと、同じコンビニを利用するお客さんが多いので、競合店ができない限りは安定した収入を得られるはずです。

600万円前後の給料は一店舗の営業によるものなので、二店舗以上のオーナーとなれば倍々方式で給料が上がっていきます。

もちろんその分の責任とリスクが増していきますが、コンビニ営業が安定すればそれだけの利益を見込めるので、挑戦しがいのある仕事と言えるでしょう。

フランチャイズの店舗として営業できれば一定のお客さんが見込めるので、後は営業努力次第で安定した収入を得ることができます。

お店の立地条件によっても売り上げが大きく左右される

コンビニ店の売り上げに関しては、立地条件によって売り上げが大きく変わってきます。

駅周辺にあるコンビニ店では、駅の利用客が多くなるほど見込み客も多くなるので、自ずと売り上げや利益も多くなっていきます。

繁華街から少し離れた場所では地域の住民を対象に営業するので、固定客は見込めますが大きな売り上げを見込むことはできません。

同じコンビニでも売り上げを左右するには立地条件が大きく関わってくるので、営業努力だけではどうすることもできません。

コンビニオーナーの給料も利益が多ければ給料は当然多くなるので、立地条件によって左右されると言ってもいいでしょう。

しかし立地が良い場所は競合店も多く出店するので、一概に利益が多くなるとは限りません。

本部からの支持もありますがやはりオーナーの営業努力によって売り上げを上げることもできるので、オーナーのセンス次第ということもあります。

コンビニオーナーは苦労が絶えないので厳しい仕事だと理解する

コンビニオーナーの仕事は苦労が絶えないので、一見給料が多くて魅力的ですが、簡単にできる仕事ではありません。

店舗を増やせば収入も期待できますが、その分の責任とリスクは相当なものです。

コンビニオーナーとしての給料を増やすには、まずは安定した店舗運営が必須となります。

コンビニは競合店の多い業界でもあるので、ちょっとでも気を抜くとすぐにお客さんを失ってしまい、廃業となる可能性もあります。

給料だけを見てやりたいと思う人もいるかもしれませんが、フランチャイズの店舗になるだけでも大変なことですし、さらに規模を大きくするのは相当な努力が必要です。

どんな仕事も簡単にできるものはありませんが、コンビニはオーナーという立場なので、かなりの責任とリスクを承知で営業しなければなりません。

苦労を乗り越えるからこそ仕事も楽しくなるので、安定した経営を続けられることを願っています。

 - 職種に関するお悩み