仕事のお悩み解決所

希望のバイトシフトを提出する時におすすめな書き方

2017.7.31

バイトのシフトを出す時の書き方としては、できるだけシンプルな書き方をする方が希望が通りやすいことが多いです。

毎週同じ曜日に休んだり毎月同じ日にちに休みをもらうなど、シフトを組む人の見になって希望のシフトを出せば、比較的にシフトの希望が通りやすくなることもあります。

そこでバイトシフトを提出する時の書き方について紹介します。


バイトシフトの書き方としてはいつ出られるかが重要

希望するバイトのシフトを提出する時には、できるだけシンプルな書き方をするように心掛けましょう。

自分の予定を優先させたい気持ちは分かりますが、あまりにも毎回希望のシフトにバラツキがあると、シフトを作る人も苦労します。

基本的にはシフトの提出はいつ出られるかが重要なので、休みたい日を明確に伝えても出て欲しいと言われることもあります。

毎月全員が同じようなシフトを提出すれば問題ないのですが、一人だけバラツキのあるシフトを希望すれば他の人にも影響してしまいます。

バイトだから自分優先にしたいと思う気持ちも分かりますが、シフトはバイト全員の予定が合わなければ作ることはできません。

ある程度シンプルなシフトを提出しなければ、希望通りに休みをもらうことは難しいでしょう。

重要なのはバイトにいつ出られるかなので、働ける日をはっきりと伝えましょう。

希望のバイトシフトの書き方としては出られない日を伝えておく

バイトのシフトを提出する時の書き方としては、出ら得る日を伝えるのが基本です。

しかし自分がどうしても休みたい日があるのであれば、はっきりと休みたいと伝えることが大切です。

いつも通りのシフトから急に休みを欲しいと思った時は、できるだけ前もってお願いしておいた方がいいでしょう。

いつものタイミングで休みが欲しいと言っても、急に自分の代わりの人材を探すのは大変なことです。

前もって休みの希望を出していれば、代わりの人材を探す時間もあるので、希望が通る可能性も高くなります。

シフトの書き方としては出られる日とともに、絶対に休みたい日を明確にしてシフトを提出しましょう。

シフトが組めなければ休みの人に出て欲しいと頼まなければならないのですが、どうしても出られない日を前もってお願いしておけば、考慮してくれるはずです。

バイトシフトの書き方として出られない日は理由も添えておくこと

もしもバイトのシフトを提出する時に休みの希望を出すのであれば、休みの理由を明記しておくことも有効な手段のひとつです。

バイトのシフトがどうしても組めない時には休みの人に出てもらわなければなりませんが、休みの理由を書いておけば考慮してくれる可能性が高いです。

例えば「試験に日なので休みが欲しい」「大事な試合があるので休ませて欲しい」などの理由があれば、優先して休ませてくれるはずです。

バイトで人数が足りないとしても、大事な試験や試合を放棄してまでバイトをしろと言う人はいませんし、もしも言われるようならば辞めた方が無難と言えます。

希望シフトの書き方として休みの理由を明確にしておくことで、誰もが納得して休んでも仕方ないと思ってくれるはずです。

普段から真面目に働いている人がたまに休みを取っても、明確な理由があれば誰もが納得してくれるので、気兼ねなく休みをもらうことができます。

できるだけシンプルに予定を決めておくことが大切

バイトのシフトの書き方としておすすめなのは、やはりシンプルな予定表を提出することです。

希望のシフトの提出は月に1回か2回行うことが多いですが、半月から1ヶ月分のシフトの予定を決めることになります。

この時にできるだけ自分の予定をシンプルに決めておくことで、毎回希望通りのシフトを組むことができます。

週に二日の休みを取りたいと思っている時に、毎週月曜日に休みを欲しいという希望を出しておけば、優先的に月曜日に休みを取ることができるでしょう。

そしてもう一つの休みはいつでもいいと希望を出しておけば、確実に月曜日は優先して休みを取らせて食えるはずです。

自分がどうしても休みたい日があるのであれば、曜日で固定をしておくなど、できるだけシンプルに予定を組んでおくと希望が通りやすいです。

複雑に予定を組むのは自分でも大変なので、できるだけシンプルな希望シフトを出すことを意識しましょう。

自分の予定に合わせるよりもバイトシフトに予定を合わせる

バイトシフトの書き方として毎月希望を出しますが、自分の予定に合わせてシフトを決めるよりも、バイトの予定に合わせて自分の予定を決めるようにしましょう。

毎週月曜日の休みの希望を出しておけば、自分の予定を月曜日に決めておくことができます。

バイトだからといって自由気ままにシフトを決めることはできないので、他のバイトの人たちとの兼ね合いもあります。

自分の予定を優先したいと考える人ほどシフトが複雑になりがちですが、自分の予定を毎週同じ曜日に集約しておくことで、シンプルに考えることができます。

自分の予定に合わせてバイトシフトを考えるよりも、バイトシフトに合わせて自分の予定を決める方がはるかに楽ですし、予定も組みやすいです。

これからどんなバイトや仕事をしても仕事に合わせて自分の予定を決めることが多くなるので、自分の予定をバイトに合わせる意識を持ちましょう。

そうすればお店も自分も意思疎通がしやすいので働きやすくなります。

 - 会社に対するお悩み