仕事のお悩み解決所

バイトをクビになった!自分で理由を考えることの重要性とは

2017.7.31

バイトをしている時になぜか自分がクビになってしまってしまい、理由も納得できずに辞めさせられてしまうこともありかもしれません。

もしかしたら自分では普通に仕事をしているだけなのに、知らぬ間にバイトのルールやモラルに反していることをしてしまったのかもしれません。

そこでバイトをクビになった時に自分でしっかりと理由を考えることの重要性について紹介します。


バイトをクビになった理由を自分で理解することができるか

バイトで働いている時に普通にルールを守っていれば、突然クビになることはありません。

雇う側にはルールを決める権限や退職させる権利はありますが、働く方もしっかりと契約をして働いているので、守られる権利があります。

そのためお店のルールやモラルを逸しない限りは、クビになるケースはありません。

しかしルールやモラルに関しては自分の判断と一般的な考えとでは、隔たりがあることもあります。

自分では大丈夫だと思っていることでも、一般的にはダメだとされることもあるでしょう。

もしも自分がバイトをクビになった時には、しっかりと理由を考えて納得することが大切です。

納得できない理由でクビになることはおかしいですし、これから先自分が働く時に、世間との常識のズレを知ることができるからです。

自分では大丈夫だと思っていても世間とのズレをかんじたら、自分が直すことが大切です。

今後のためにもバイトをクビになった時の理由はしっかりと考えておく必要があります。

自分でバイトをクビになった理由に納得できるかを考える

バイトをクビになることは相当な理由があるはずですが、自分がクビになったことに対して納得できるかを考えましょう。

バイトは立場的には弱いですが、理由もなくクビにすることは法律でできないことになっています。

クビにするに値する相当な理由がなければクビにできないので、自分がそのクビに相当することをやってしまったのかを考えましょう。

自分では良かれと思ってやったことでも、お店のルールに反していたり非常識な行動となれば、クビになっても文句を言うことはできません。

特に常識やモラルに関しては、年代によって大きく差があるので、一般常識がない若者ほどクビの理由に納得できないことも多いでしょう。

お店のルールや常識はずれなことをしたという自覚があれば、クビになっても納得できるので、次のバイト先では気をつけることができるはずです。

しかしバイト理由がどうしても納得できない時は、次の職場で働いても同じことを繰り返してしまうので、何が悪かったのかを理解する努力が必要です。

バイトをクビになった理由の重要性を理解できるか

バイトをクビになってしまった時に、自分が仕事をクビになることの重要性をどれだけ理解するかは大切なことです。

バイトだから別にクビになっても良いと思っているかもしれませんが、仕事をクビになるということは相当な常識外れのことをしたということです。

クビになった理由を自分がどう理解するかはひとそれぞれですが、クビになっても仕方がないと納得するのであれば、反省することはできます。

常識外れなことをしたりお店のルールを破ることによってクビになることがありますが、どちらも普通に働いていればクビになることはありません。

自分の甘い考え方や大丈夫だろうという思い上りから、バイトをクビになるようなことをしてしまうのです。

正社員ではなくバイトだからクビになってもいいという考え方では、正社員として今後働いた時も同じことを繰り返す恐れがあります。

自分がルールを破ってクビになったという事実をどれだけ重く受け取れるかは、これからの仕事にも大きく影響してくるのでしっかりと考えましょう。

自分の常識と社会の常識の違いを理解することが大切

一般的に普通にバイトをしていればクビになることはないと思うので、クビになったということは相当な理由があるはずです。

毎回遅刻ばかりしたり急に休んむことが多いなど、他の人に迷惑を掛けることが多いとクビになる可能性もあります。

またお店のルールをバレなければいいと思って破れば、後からバレた時にはクビの対象となります。

世間でも一般常識や社会的なルールはたくさんありますが、必ずしも全員がしっかり守っているとは言い切れません。

しかしルールを破ればペナルティがあることは分かっているので、ルールを守ることの大切さを知っているはずです。

ここで大切なことは自分の常識を世間一般の常識に当てはめないことです。

自分の中の常識が世間の常識とズレていた時には、クビになってしまうケースも多々あるので注意しましょう。

社会人経験が少ない人ほど自分を中心として考えてしまうことも多いですが、自分と社会との上司の違いを理解することも大切なことのひとつです。

バイトでも社会に出て働くことの大変さを知ることが大事

社会人として働いているのでれば、お客さんにとって正社員もバイトも関係ありません。

自分を担当してくれた人がどうかによって判断するので、正社員だから良かったという人はいなでしょう。

お客さんからすれば肩書は関係ないので、バイトだからという気持ちで仕事をしているとどうしても悪い印象を与えてしまうことになります。

スタッフの態度によってお店を変えたりすることもあるので、バイトだからといってお客さんの前で手を抜くことはできません。

社会人として働ければバイトも関係なく大変な仕事をするからこそ稼ぐことができるので、自分の中でしっかりと意識することが大切です。

甘い考えて働いているとバイトをクビになってしまい、結局理由も分からずに辞めさせられることにもなりかねないので、仕事では高いモチベーションを維持して働くことが大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み