仕事のお悩み解決所

社会人になるのが怖い!自信ない心理と自分を変える方法

2017.8.10

誰もが自分に自信を持って社会人になる訳ではありませんし、社会人になってからも自分に自信が持てずに流行んでいる人はたくさんいます。

人と接する時に自信がないから怖いと思うこともありますし、自信がなければ社会人としていろいろな場面で大変な思いをすることになります。

そこで自分に自信ないと思ってしまう心理と自分を変える方法を紹介します。


社会人になって他人が怖いと思うなら自信ない自分を見つめ直す

年齢を重ねて社会人になったからといって、自動的に自信が持てるようになることはありません。

むしろ社会人になる前は自分に自信があったのに、社会人になってから自信を無くしてしまった人も多いはずです。

自信がないので怖いと思ってしまう心理としては、自分自身のことをまだ自分でもよく把握していないからです。

社会人になれば周りはすべて大人の人ばかりですし、できる人に囲まれながら仕事をすることになります。

社会人になったばかりでは自分の無能さに気づくことが多く、周りの人がすべて優秀に見えてしまうことも多いでしょう。

しかし自分にも良い部分はたくさんありますが、自信ない自分のこともよく理解することができずにいます。

自分の良さを知ることができなければ自信を持つことはできないので、まずは自分に自信持つために自分自身を見つめ直してみましょう。

社会人になるのが怖いのは自信ない自分が無力だと思うから

社会人になってから自信がないので怖いと感じてしまう心理としては、自分が何もできない無力な存在だと感じるからです。

会社で働いても周りは自分よりも仕事ができる人ばかりですし、1年先輩の社員でもテキパキと仕事をこなしている姿を見ることができるはずです。

自分ではある程度何でもできるという自信があったとしても、仕事を始めた途端に現実の厳しさを実感することになります。

特に一般常識やモラルなど、誰にも教わったことがないことが知っていて当たり前の社会なので、自分の勉強不足を実感することになります。

仕事をするほど自分の無力さを実感することになるので、だんだんと自信ない自分が不安になっていきます。

少しでも追いつこうと日々頑張ることによって、少しずつ自分に実力がついて自信を持てるようになります。

無力だと思った自分から抜け出すには、とにかく頑張り続けることで自分に実力をつけるしかないので、少しずつ自信を取り戻しましょう。

自信ないので社会人になるのが怖い時は人前に出て度胸をつける

自分に自信を持つことは度胸をつけることも大切なので、あえて厳しい道を進むことも必要なことです。

社会人として人と接するのが怖いと感じるのは、しっかりと受け答えができるか不安になるからです。

つい友達感覚のように話をしてしまう人は、上司や先輩に対して失礼な口の利き方をしてしまうでしょう。

そのため自信が持てずにいれば余計に話をする機会も少なくなっていくので、あえて人前に出て話をするなどの度胸をつけることが大切です。

自信の無さは態度や言葉遣いに出てしまうので、何度も人前で話をすることによって徐々に度胸がついてきます。

もちろん初めは上手く話ができなかったり、嫌だと思うこともたくさんあるでしょう。

人と話をするのが苦手な人にとって、自分から話しかけることすらストレスを感じます。

しかし自分を変えるにはいつもの方法では変わることができないので、あえて反対の行動をとることで度胸と自信をつけることができます。

自信がない自分を変えるには人とのコミュニケーション力を磨く

人とのコミュニケーション力が上がると自分に自信が持てるようになるので、積極的に話をすることは大切です。

社会人になると相手の立場を考えたり、自分がどう思われるかを考えながら話をすることが多いです。

相手に失礼がないように言葉を選んだりするのも、社会人になると当たり前のようにやってしまいます。

多くの人は仕事関係の人が多いので、相手との関係を悪くしたくないという思いから、言葉を選んで話すようになります。

そのため話をすることが苦手な人にとっては、人と話をするだけでも怖いと感じたり、どんな風に自分が思われているかを気にしながら話をしてしまいます。

もし自分に自信ないと思ったら、ポジティブに考えてどんどん人に話しかけるようにしましょう。

相手にどう思われてもいいと開き直れば、積極的に話をすることもできるようになります。

自信がない自分変えるには、自分から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

いずれ自信が持てるようになるために誰もが必死で努力している

社会人になってから自信が持てない人ほど、自信が持てるようになるために日々努力をし続けているものです。

仕事やプライベートでも多くの人と接する機会が多いですが、自信がある人と自信ない人はすぐに判断することができるでしょう。

自信がない人は話をすることも少ないですし、話すことを楽しむこともできない人が多いです。

自信を持ちたいと思うだけではなく、自ら必死で自分に自信が持てるように努力し続けましょう。

誰もが自信を持って生活している訳ではなく、自信がなくて怖いと思いながらも頑張っているのです。

自信を持つには自分が努力しなければなりませんし、努力することで結果として自信が持てるようになります。

自分に自信が持てるように必死で頑張っているので、自分だけが自信を持ちたいという願望だけではなく、自信が持てるように必死で努力しましょう。

 - 会社に対するお悩み