仕事のお悩み解決所

適応障害かもしれない!仕事を辞めたいと思った時の流れ

2017.8.10

職場に行くのが嫌になったり人前に出て話をすると急に汗をかいてしまうなど、普段の自分とは違う自分に戸惑ってしまうこともあります。

仕事へのやる気はあるのにストレスから仕事を辞めたいと思った時は、適応障害の可能性もあります。

そこで外的ストレスから適応障害になってしまった時、仕事を辞めたいと思った時の流れを紹介します。


適応障害で仕事を辞めたいと思ったらまずは診断してもらう

適応障害だから仕事を辞めたいと思った時には、まずは専門の意識相談をしてみましょう。

適応障害は外的ストレスが要因となることが多いですが、自分でも適応症がやうつかもしれないと思った時は、いろいろと調べることができます。

ネットでは適応障害の症状なども出ているので、自分でもその兆候にあると思えば、自分で適応障害だと思い込んでしまいます。

本当に適応障害でも自分が思い込んでしまうと、すべてが仕事のストレスが悪いと感じてしまいます。

確かに仕事では多くのストレスを感じますが、どんな仕事をしてもストレスはありますし、人間関係もストレスを感じる要因となります。

もしかしたらもっと別な問題がストレスの原因となる可能性もあるので、自己判断で決めつけるのは止めましょう。

自分で適応障害かもしれないと思った時には、診断してもらうことが大切です。

仕事を辞めたい時は適応障害の診断書をもらう

適応障害で仕事を辞めたいと考えた時には、まずは医師に診断してもらうことが必要となります。

会社を本当に辞めたいと思った時に、会社には適応障害の診断書を提出しなければなりません。

診断書を提出しないで辞めることもできますが、適応障害の診断書があれば休職することもできるので、治療してから戻ることもできます。

今は仕事を辞めたいと思っているかもしれませんが、結局は何かの仕事をしなければなりません。

今の職場でのストレスを解消することができれば、また働けるチャンスを残しておいた方が、自分のためにもなります。

イチから他の仕事を探すのも大変なので、適応障害で辞めたいと思っている時には、まずは診断書をもらいましょう。

辞める時は通常1ヶ月以上前に退職願を提出しますが、診断書があればすぐに辞めることもできます。

もしもストレスの原因が職場や仕事にあれば、辞めるまでも症状が悪化するので、早く辞める時も有利になります。

適応障害で仕事を辞めたい時はストレスの原因を考える

適応障害は外的要因がストレスとなることで発症する病気ですが、辞める前にできるだけストレスの原因を考えることは大切です。

もしも今の仕事を辞めたいと思っていても、人間関係がストレスの原因だとすれば、新たな職場でも同じことを繰り返してしまいます。

適応障害だと診断された時には、ストレスの原因を追究することで改善策を考えることができます。

ストレスの原因さえ取り除けば適応障害は改善されるので、同じ職場で働き続けることもできるでしょう。

もしもストレスの原因が仕事内容や上司からのプレッシャーであれば、自分では解決するのが難しいので、他の仕事をすることで改善できます。

適応障害の外的なストレスの要因を知ることができれば、今の会社を辞めることだけでなく、今後の生活にも役立つことができます。

同じ症状を繰り返さないためにも、辞める前にできるだけ原因を考えておくことは大切です。

仕事を辞めるか休職するかを判断することが大事

自分が仕事を好きだとしても、職場環境に慣れなかったり人間関係に悩んでいれば働くことは難しいでしょう。

適応障害では外的なストレス要因が原因となることが多いので、仕事内容だけでなく人間関係が原因で辞めたいと思うことも多いです。

今の職場を辞めることで適応障害が改善するのであれば、すぐにでも辞めた方がいいですが、原因が分からなければ会社を休職する方法もあります。

適応障害になった時には今の環境から抜け出したい事だけを考えますが、他の職場に行けば治るものでもありません。

しっかりと原因追及をしていなければ同じことを繰り返すので、病院の先生に相談しながら様子を見ることも必要です。

完全に職場での環境がストレスとなるなら辞めた方がいいですが、ある特定の人物との人間関係や仕事内容にストレスを感じるのであれば、休職して様子を見た方がいいでしょう。

結局は仕事をしなければいけないので、辞めるか休職するかは大きな問題となります。

適応障害は外的なストレスを取り除くことが大切

適応障害になった時には外的ストレスを取り除くことが大切なので、自分一人で悩み続けないことが大切です。

自分で適応障害だと勝手に判断して悩み続けるよりも、しっかりと医師に診断してもらった方が解決策を提案してくれます。

やる気が起きずに仕事を辞めたいと漠然と思いますが、辞めても何も解決することはできません。

しっかりとストレスの原因を見つけて、対処することができるのかを考えましょう。

今の現状から抜け出すことは簡単ですが、同じことの繰り返しになってしまえば抜け出すことは難しくなります。

そのためには自分一人で悩まずに、しっかりと医師に相談をして対処することが大切です。

適応障害は周りにいる人には苦しみや辛さは理解してもらえないので孤独感を感じますが、決して一人では悩まないようにしましょう。

ストレスの原因さえ無くなれば改善できる可能性もあるので、適切に対処することを心掛けることが大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み