仕事のお悩み解決所

職場で泣くおばさんはどうすればいいの?心理状態と接し方

2017.8.10

職場によって年齢は様々ですし、働く形態も違う人たちが集まって働いています。

若い世代に交じって働くおばさんにとって、なかなか職場の雰囲気に馴染めなかったり、仲間意識を持つことができないこともあるでしょう。

そんな中でストレスによって急に泣くおばさんに対して、どのように対応すればよいのでしょうか。

心理状態や接し方について紹介します。


職場で泣くことが多いおばさんは人に構って欲しいと思っている

突然泣くおばさん社員は職場で孤立していることが多いので、誰かに構って欲しいと思っているのかもしれません。

若い世代ほどコミュニケーションが取りやすく、特に同世代の社員が多い職場ならば楽しく仕事をすることもできるでしょう。

一方おばさん社員となっても働き続けている人にとっては、生活のために仕事をしていることが多いです。

年齢的にも仕事にやりがいを持って働くというよりは、生活のために働いているという人が多いでしょう。

しかも同年代の人は出世をして立場が上になっているか、退社して他の仕事をしていることが多いです。

そのため職場で孤立することが多くなるので、誰かに構って欲しいと思っています。

若い世代と打ち解けることができないと、なかなか職場では人と接する機会が少なくなるので、仕事をしていてもつまらないと感じます。

孤立している自分が急に寂しく思えてしまい、涙を流してしまうのです。

職場で泣くおばさんは自分で孤立していると感じている

職場で孤立すると誰にも相手にされていないという寂しさから、陰で泣くこともあるでしょう。

特におばさんになると若い世代とはなかなか打ち解けることができないですし、気軽に飲みに誘うこともできません。

ある程度の立場や年齢になると仕事には楽しさよりも、責任感だけで仕事をしている人も多いです。

生活のためや責任感だけで生活することによって、やりがいや楽しさを求めている人とは考え方も違ってきます。

そのため若い世代とは打ち解けられないので、孤立感を味わうことになります。

職場で孤立をしたからといっても、年齢的に考えて転職するにも難しいので、とのかく耐えて仕事を続けるしかありません。

一人で黙々と作業をする仕事ならばいいのですが、職場ではチームワークを必要とする仕事もたくさんあります。

その時に自分が孤立していることを感じると、急に孤独感を感じて涙してしまうこともあります。

精神的に辛くて職場で泣くおばさんは話を聞いてあげることが大事

職場で孤立をすることによって、精神的に悩んでしまうと泣くこともあります。

若い世代からするとおばさん世代は扱いにくく、職場では気軽に話しをすることもできないことも多いです。

おばさん社員からコミュニケーションをとって接してくれれば、若い世代とも上手くやっていくことはできますが、話すのが苦手な人も多いでしょう。

おばさんになると社会人経験が多いので、職場で遊ぶことや仕事で手を抜くことはできないと思ってしまいます。

仕事は常に全力でやるのが当たり前ですが、時には息抜きも必要となります。

しかし孤立しているので息抜きをすることもできずに、ただひたすら仕事を続けるしかできません。

周りに人がいるのに孤独を感じると、泣くほど精神的にも追いつめられることがあります。

一度孤立している感情が沸いてくると、誰とも仲良くなろうとできずに、余計孤立してしまいます。

対処法としては気を遣って話しかけたり、話を聞くことが大切で、仲間として向かい入れてあげることが大切です。

泣くほど辛いおばさんの気持ちになってみることも必要

職場で孤立したことがない人にとって、おばさんが泣くほど精神的に辛いことを理解するのは難しいでしょう。

若い時には気軽に話しかけたりできますし、同世代も多いので孤立感を味わうことは少ないです。

中にはコミュニケーションを取るのが苦手な人もいますが、職場以外の場所で発散することもできるでしょう。

しかしおばさんともなると職場で孤立してしまうと、どうやっても打ち解けることが難しくなってしまいます。

また職場以外の場所でも人と接する機会や場所が少ないので、常に一人でいることが多くなるかもしれません。

自分が孤立して一人だと思ってしまうと、急に寂しくなって泣きたくなりますが、孤独感を感じたことがない人には理解することができません。

だからこそ職場でおばさん社員が孤立していると感じた時には、挨拶だけでもいいので声をかけることが大切になります。

おばさん社員の気持ちを考えることは大切ですし、いつか自分も同じような状況になるかもしれないので、気遣う気持ちを持ちましょう。

誰もが気持ち良く働ける職場を作るには話をすることが大切

職場では誰もが楽しく仕事ができて、仲間意識を持って仕事に取り組める環境があるのが理想です。

陰で孤独を感じて泣くおばさん社員がいるような職場は、決して仲の良い職場環境とは言えないでしょう。

一部の社員だけが仲良く仕事ができるのではなく、職場の全員が仲間として意識することが大切です。

そのためにはそれぞれの社員が気を遣ったり、率先して声をかけることが大切です。

人とのコミュニケーションの基本は挨拶なので、職場の全員と挨拶をすることを目標にしましょう。

職場はあくまでも仕事をする仲間が集まる場所ですが、挨拶の一言だけでも話をすることによって、仲間意識を持つことができます。

同年代の仲の良い人たちだけでなく、職場の社員は仲間という意識を持って接することが大切です。

おばさん社員も決して孤立させずに、全員で仲良く仕事ができる環境になれることを願っています。

 - 職場の人間関係に関するお悩み